両端の鉄道駅を結ぶ超重要路線“京成バス「新小71」系統”に乗りバス!!


 今回の乗りバスレポートは京成バスの「新小71」系統。JR新小岩駅と都営新宿線の瑞江駅を結ぶ路線だ。新小岩駅から乗車の場合は降車地によっては申告が必要であり、常に混雑している感のある路線だ。これを新小岩駅から乗車し、レポートする。

文/写真:古川智規(バスマガジン編集部)

【画像ギャラリー】京成バス「新小71」系統は常に混雑も納得!(9枚)画像ギャラリー

均一運賃なのに申告制?

 本路線は全線が特別区内なので運賃は均一制で京成バスは220円だ。ただしJR新小岩駅から乗車する場合は降車地により申告制で運賃が210円になる。

新小岩駅バス停

 これは、新小岩駅から途中の松本弁天までは都営バスとの重複区間なので運賃の安い都営バスに合わせるための措置だ。よって松本弁天以遠まで乗車する場合は申告は不要で220円を支払えばよい。

新小71系統の路線図と時刻表

日中でも15分毎の高頻度運転

 新小岩駅は総武快速線も停車する付近では比較的大きな駅で、江戸川区役所には最寄り駅だ。しかし駅の所在地は葛飾区なので新小岩駅を出発してしばらくは葛飾区内を走り、以降はすべて江戸川区だ。

新小岩駅周辺以外は江戸川区内を走る

 この路線は新小岩駅からは概ね15分ごとに出発する。そして1本おきに瑞江駅行きと、江戸川スポーツランド行きが交互に出発する。江戸川スポーツランドは京成バス江戸川営業所がある場所なので、瑞江駅まで行く便は30分に1本ということになる。

 もっともどちらの行き先でも都営新宿線の篠崎駅は通るのでさほどの不便はないし、通して乗車する需要も多くはない。

江戸川スポーツランドには京成バス江戸川営業所がある

 曜日や時間帯にもよるが、両端が鉄道駅とはいえ鉄道空白地帯を走るので新小岩から乗車しても立席が出る便が多い。全線乗車で概ね45分程度だが、それだけ沿線住民の重要な足になっているということだろう。

 しばらくは道幅の狭い駅前商店街を走り、鹿骨街道に出ると江戸川区に入る。都営バスとの重複区間である松本弁天を出ると中川を渡り、篠崎駅を目指す。完全に鉄道空白地帯なのでバスだけが頼りの地域である。

次ページは : 平日の23時台には双方向に深夜バスも走る

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ