四駆マニュアルのイタリアンなのに超お手頃!限定車「フィアット パンダ ストリート4×4」登場


 6速マニュアルと4WD機構を備えるイタリア車という、クルマ好きを刺激する要素を備えながらも、手頃な値段を実現しているのが、コンパクトカー「フィアット パンダ 4×4」だ。

 エンジンこそ通常のパンダと同じだが、拡大された最低地上高と4WDによるクロスオーバーとしての走破性やクロスされた6速MTが生む元気な走りが特徴のモデルだ。その最新仕様となる限定車「フィアット パンダ ストリート4×4」が登場。驚くべきことに、価格はベース車よりも安いのだ。そんな魅力満載の新しいイタリアンコンパクトの詳細をお届けしよう。

文/大音 安弘、写真/FCAジャパン

【画像ギャラリー】お買い得な四駆マニュアルのイタリアン「フィアット パンダ 4×4」の限定車たち


■ファン待望の四駆パンダが再上陸

 FCAジャパンは2022年1月6日、FIATのコンパクトハッチバック「パンダ」の限定車「パンダ ストリート4×4」を同年1月15日より発売することを発表した。

フィアットのエントリーであるパンダに、6速MTと4WDを組み合わせた通好みな限定車が「パンダ ストリート4×4」だ

 パンダ4×4とは、前輪駆動車であるパンダに油圧多板クラッチ式4WDを備えたもの。コーナリングや悪路でのタイヤの空転を抑制するELD(電子式ディファレンシャルロック)を備えているのもポイントだ。

 トランスミッションも、AMTの5速デュアロジックではなく、クロスされた6速MTを搭載し、0.9L2気筒ターボエンジンである「ツインエア」の性能を自在に引き出せるようになっている。

 デュアロジックもMTライクな操作が可能だが、最高出力85ps/5500rpm、最大トルク145Nm/2000rpmと控えめなエンジンスペックを考慮すれば、クロスした6速MTの重要さも理解できるはずだ。

 さらに標準車よりも最低地上高を65mm高め、アンダーガード付きの前後バンパーを備えるなど、クロスオーバーモデルとしての要素もしっかりと加えられている。アウトドアシーンで求められるちょっとした冒険にも応えてくれる身近な相棒が、パンダ4×4なのだ。

 現行型パンダでは、この「4×4」を2014年より日本に導入。いずれも限定車となるが、内外装などの仕様に変化を与えることで新たな魅力を加えつつ、フィアットのエントリー4WDの役目も担っている。その最新仕様が、今回の限定車となる。

4WDの搭載と最低地上高の拡大で、走破性を高めているパンダ4×4

■限定車「ストリート4×4」の専用アイテムは?

 限定車「ストリート4×4」の街と自然を遊びつくすモデルとして、カジュアルかつスポーティなイメージを備えつつ、日常でも派手過ぎない「ダークグレーセラミック」を専用色として採用している。

 標準車と異なる外観上の特徴としては、ホイールキャップ付き15インチスチールホイール、専用の前後バンパー、ルーフレールを追加。インテリアでは、シート表皮も専用デザインとなる。この内外装の色味の違いが、主な4×4限定車の特徴にもなっている。

専用デザインとなるファブリックシートもクールなカラーをチョイス

 快適装備ではヒーテッドフロントガラス、リアプライバシーガラス、前席用シートヒーター、オートエアコン、センターコンソール収納、リアパーキングセンサーを追加し、機能性を高めている。

 これだけの装備のアップデートを図りながら、価格は標準車となる「パンダ イージ」(FF・5AMT)よりも1万円安い242万円としているのも嬉しいところ。限定数は160台のみだ。

今や貴重な欧州コンパクトMTであることも嬉しいところ。クロスした6速MTは、操る楽しさ満点だ

次ページは : ■パンダクロス4×4との違いは?

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ