全面刷新の新型フィアット500に刮目せよ!! 次はフルEVに!


 日本でも絶大な人気を誇るイタリアンコンパクト”FIAT500”の新型モデルが本国で、ワールドプレミアを迎えた。

 一目で見るものを引き付けるキュートなスタイルは、500そのもの。しかし、この新型500は、全面刷新されるだけでなく、FCA初の電気自動車へと生まれ変わるという。

 本国で発表されたばかりの最新情報を基に、新型FIAT500の情報をお届けしよう。

【画像ギャラリー】愛らしさはそのままに!new FIAT 500を確認せよ

文:大音安弘、写真:FCAジャパン


全面刷新の新型チンクエチェントは、なんとEVに

 FCA(フィアット・クライスラー・オートモビルズ)は、2020年3月4日、本国メディアサイトを通じて、フィアットの中核モデルであるコンパクトカー”FIAT500”の新型モデルを世界初披露した。

ワールドプレミアされた新型FIAT500。全面刷新を図るだけでなく、FCA初の電気自動車に生まれ変わる

 1957年に誕生し、長きに渡り、イタリアの国民車として活躍した第一世代のヌオーバ500。その愛らしいスタイルを現代的にアレンジし、2007年に復活を遂げた第2世代となる現行型は、フィアットを代表するヒットモデルへと成長。

 日本でも、2008年の導入以来、幅広い層から支持を受ける人気モデルだ。その3世代目となる新型モデルが今回、アンベールされた。

 全面刷新が図られたという新型の最大の特徴は、BEVとなったこと。FCA初の電気自動車となることもアナウンスされており、現行型では、アイコンのひとつとなっているツインエアなどの特徴的なエンジンとも決別を図るようだ。

シティカーに最適なEVユニット

 EV性能として、最も注目される航続距離は、42kWhのリチウムイオンバッテリーを内蔵し、WLTPサイクルで最大320km(欧州参考値)を実現。

 充電については、 時間を短縮化すべく、85kWの急速充電システムを搭載。急速充電器を利用すれば、日常利用としては十分な50kmの走行に必要な電力を、わずか5分。35分あれば、バッテリー容量の80%まで充電を行うことが出来るという。

 もちろん、普通充電にも対応しており、家庭用の固定ウォールチャージングシステムも用意する。

 モーター最大出力は、87kW(約118ps)。最高速度は150km/h(※電子リミッター作動)と極めて平凡なスペックであるが、0-50km/h加速が3.1秒、0-100km/h加速が9.0秒であることも明かされており、EVらしい俊敏な加速が味わえるようだ。

 ドライバーが望む最適な走りが提供できるように、3つのドライブモードを設定。オールマイティな”Normal”モードは、エンジン車にできるだけ近づけた設定で、EV初心者にも違和感の走りを提供する。

 EVらしい走りを強調する”Range”モードは、EVならではのワンペダルドライブを実現。完全停止には、ブレーキ操作が必要となるが、アクセルオフのみで、エンジンブレーキよりも強い減速が得られるため、多くのシーンで、アクセル操作のみでの加減速を行うことが出来るとする。

 そして、最後のひとつは、お出かけの際に重宝する「Sherpa」モード。これは、複数の車両システムを制御することで、ナビに設定した目的地または最も近い充電ステーションまで、確実に到着できるようにエスコートする。

 電力消費を抑えるために、最高速度が80km/hに制限されるほか、空調やシートヒーターも基本設定ではOFFにある、いわゆる省エネモードとなる。

電気だけで走る500。航続距離は、最大320km。コンパクトカーとしては、実用的なレベルだ

次ページは :  受け継がれる愛らしいスタイル