ぜひ日本にも導入を! ワイルドで超絶カッコいい海外専売モデル3選!!


 日本では空前のSUVブームとも呼べるほどSUVの売り上げが好調だが、昔のゴツゴツとしたイメージではなく、都会的な雰囲気を持ったモデルが増えている。

 そんななか、アメリカを中心とした海外で続々と発売されているのが「SUVのオフロード仕様車」。車高を上げ、オーバーフェンダーを装着したワイルドな外装に、砂漠を難なく走破できる特別装備など、魅力満載なモデルが揃っている。

 そこで今回は、日本メーカーが海外で展開しているワイルドなSUVを3台ピックアップ。 思わず「日本で乗りたい!」と言いたくなってしまうかも!?

文/永田恵一、写真/ホンダ、トヨタ、日産、スバル、マツダ

【画像ギャラリー】どんな悪路でもへっちゃら! ワイルドな海外専売モデルを画像でチェック!(18枚)画像ギャラリー

■北米のホンダパスポートに設定された「トレイルスポーツ」とは!?

 ホンダの北米向けラージSUVとなるパスポートには、2022年モデルからトレイルスポーツというオフロード仕様が設定された。

 パスポートのトレイルスポーツは専用グリル、前後バンパーに付くシルバーのスキッドガーニッシュ、オレンジとしたエンブレムをはじめとした内外装のアクセントを持ち、オフロード走行を意識し、20インチから18インチにサイズダウンしたホイールなどが装備される。

日本未導入のSUV、ホンダパスポートに新たに設定されたトレイルスポーツ

 日本で販売される日本車のSUVにもトヨタRAV4の2Lガソリンに設定されるアドベンチャーオフロードパッケージ、マツダCX-5のフィールドジャーニーといったオフロード仕様があるが、海外専売の日本車はそういった仕様が豊富なこともあり、ここでは海外専売となるオフロード仕様をピックアップしてみた。

■北米:トヨタ4ランナーTRDプロ

 かつての日産テラノなどと同様のピックアップモデルをベースとしたSUVとなるハイラックスサーフは、日本では4代目モデルを最後に2009年に絶版となっているが、北米では4ランナーの車名で5代目モデルにフルモデルチェンジされて継続されている。

トヨタ 4ランナーTRDプロ(北米)。ド派手なライムグリーンのカラーリングがカッコいいぞ!

 4LのV6エンジンを搭載する現行4ランナーは、トレイルスペシャルエディション、TRDオフロードといったオフロード仕様を設定するが、その頂点となるのがTRDプロである。

 TRDプロはオフロード走行向けに17インチにサイズダウンされたマッドブラック塗装のアルミホイール+オールテレーンタイヤ、リアは別タンク付きとなるFOXのショックアブソーバーを使ったTRDのサスペンション、金属製のフロントアンダーガードを装備。

 エクステリアでは大きなTOYOTAのロゴ入りとなるフロントのガーニッシュなどを装備し、インテリアも各部に入る赤いステッチでドレスアップされる。

 ハイラックサーフは歴代明るい雰囲気を持つカッコいいモデルだったが、オフロード仕様になるとカッコよさがより際立っている。

■北米:日産フロンティアPRO-X

 フロンティアは日本車ではハイラックス級となるミドルピックアップトラックで、3.8LのV6エンジンを搭載するモデルだ。

日産 フロンティアPRO-X。標準モデルはシルバーのホイールを履くが、PRO-Xではオレンジの差し色が入ったブラックのホイールとなる

 フロンティアに設定されるオフロード仕様のPRO-Xは、機能面ではオフロードタイヤを履き、オフロードにも対応するようセッティングされたビルシュタインショックアブソーバー、電気式のリアデフロック、金属製のフロントアンダーガードなどを装着。

 エクステリアにはオーバーフェンダーが加わり、インテリアもメーター内にクルマの横方向の傾斜角などを表示する機能を装備し、シートをはじめとした各部にオレンジのアクセントがあしらわれ、気分が高揚する雰囲気を持つ。

次ページは : ■北米:スバルアウトバック&フォレスターウィルダネス

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ