アルファードに激似!?? クルマ界でも通用するのか!? 親の七光りグルマ


■ヴェルファイア→ノア/ヴォクシー:ロボットアニメ系顔を継承

子/ノア/ヴォクシー

たしかにアルファード顔じゃなく、ヴェルファイア顔、ロボットアニメ系!?

親/ヴェルファイア

先代まではヴェルファイアのほうがアルファードより数段目立っていたが、現行モデルではアルファードのほうが押し出し感がある気がする

大人気を誇る最高級ミニバン、アルファード/ヴェルファイア。先代まではヴェルファイアのほうが人気があったが、現行モデルではアルファードが超絶銀歯顔でリードしている。

そんな現状に、ヴェルファイアファンは歯ぎしりしていることでしょうが、ヴェルファイアのロボットアニメ系フェイスの七光りは、しっかりとノア/ヴォクシー受け継いでいるので心配召されるな。

なかでもノアのメッキギラギラグリルは、まさにヴェルファイアの七光り。加えてタンクとジャスティのカスタム系は、ヴェルファイアの孫にあたる。こちらもしっかり三層のピラミッドでありがたや〜。

■クラウン→プレミオ:クラウンロイヤルの顔にそっくりな小クラウン!

子/プレミオ

2016年6月に行われた2度目のマイナーチェンジで先代クラウンロイヤル風の顔付きになった

親/先代クラウンロイヤルシリーズ

2012年12月〜2018年5月まで販売されていた14代目クラウン・ロイヤルシリーズ

「いつかはクラウン」は、まだ死んではいなかった! その古き良き伝統は、かろうじてプレミオに残されている!

初代プレミオは、2001年、コロナの正当な後継モデルとして、超フツーかつ退屈なカッコをしたニッポンの正統派中型セダンとして誕生しましたが、2007年に登場した2代目プレミオは、あっと驚くゼロクラウンフェイス! ヘッドライト上側のうねったラインが完璧にゼロクラウンやんけ!

グリルもほとんどゼロクラウン! フォルムもほぼゼロクラウン! 親の七光りもここまで来ると、伝統芸能として保存してほしくなる。

プレミオのクラウン七光りぶりは徹底しており、2度のマイナーチェンジにおいても、クラウンLOVEを貫いた。

現在はゼロクラウンから先代クラウンのロイヤル系LOVEを匂わせる顔に変わっておりますが、とにかく頑なにクラウン直系の七光りセダンであることを守っている! 伝統を守るって美しいネ!

ただ、乗っている方を見ると、「いつかはクラウン」ではなく、クラウンからのリタイヤ組が多いのでは……と思うほど高齢化が著しいのですが、とにもかくにも小クラウンであることには違いありません。

現行モデルの親の七光りグルマは以上で終了。すべてトヨタ車なのは、国産で高級車が人気があって、売れてるのはトヨタ車だけだからです。

輸入車はそんなのばっかだろうと思われるかもしれませんが、あれは親の七光りじゃなくブランド統一デザイン。そうことにしといてください。

が、かつてはトヨタ以外にも、親の七光りカーが存在した! 続いて、そちらを振り返ってみましょう。

次ページは : ■パジェロ→パジェロイオ/パジェロジュニア/パジェロミニのパジェロ4兄弟が揃い踏み!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ