アルファードに激似!?? クルマ界でも通用するのか!? 親の七光りグルマ


■パジェロ→パジェロイオ/パジェロジュニア/パジェロミニのパジェロ4兄弟が揃い踏み!

親/パジェロ、子/パジェロイオ、パジェロジュニア、パジェロミニ

左上/RVブームを牽引した初代に続いてデビューした2代目パジェロは1991年1月〜1999年8月まで生産。右上/専用ボディを持つパジェロジュニアは1998年6月にデビュー。2002年のマイナーチェンジで3ドアが廃止され、5ドアのみとなる。欧州での生産はピニンファリーナが担当。惜しまれつつ2007年12月に販売終了。左下/シリーズ第3弾として1995年11月に登場したパジェロジュニア。パジェロミニがベースで1.1L直4エンジンを搭載、2000年に生産終了。右下/初代パジェロミニ(写真)は1994年12月に登場し、1998年9月まで販売。軽規格の変更に伴い1998年10月に2代目へフルモデルチェンジし2012年6月まで生産された

RV(レクリエーショナル・ヴィークル)ブーム華やかなりし1980年代、パジェロはその頂点付近に君臨する超人気モデルで、見事三層ピラミッド構造の形成に成功したのであります!

まず1994年12月に軽自動車のパジェロミニが発表され、続いて1995年11月、小型車のパジェロジュニアが登場。

これはパジェロミニのオーバーフェンダーボディ版に1100ccエンジンを搭載したモデルで、ジムニーに対するジムニーシエラみたいな感じでしたが、1998年6月、パジェロジュニアの後を継いだのは、専用設計のパジェロイオだった! スバラシイ。つわものどもが夢のあと。

■ローレル→ローレルスピリット:豪華なローレル風サニー

子/初代ローレルスピリット

サニーのエクステリア変更程度だったローレルスピリットだったが、ローレルに見える豪華さでスマッシュヒット。1982年1月〜1986年7月まで販売

親/4代目ローレル

4代目ローレルは1980年年11月〜1984年9月まで販売。開発主幹は櫻井氏眞一郎氏。CMキャッチコピーは「アウトバーンの旋風(かぜ)」だった

サニーの姉妹車の顔を、ちょびっとローレルっぽくしてみました! という、お手軽な親の七光りカーでした。ローレルを販売していた日産モーター系のために作ったクルマですが、実は初代ローレルスピリットのローレルっぽいグリルは、海外向けサニーのグリルを流用しただけ! 粗製乱造ですな。

このローレルスピリット、デキの悪いドラ息子っぽいダメ感を漂わせながら、初代が1982年1月〜1986年7月、2代目が1986年8月〜1990年6月と、2代にわたって存続したのがスゴイ。2代目ローレルスピリットは、Cピラーに化粧パネルを、ボンネット上にはフードマスコットも装備。さらにどうでもいい七光りを振りかざしていた。涙が出る。

なんと、2代目のCA16DE型1.6L直4を積んだ最上級グレードの1600グランデリミテッドは、ワインカラーの内装などで高級感を打ち出して、本家ローレルの最廉価版より高くなるという、逆転現象が起きた。

子/2代目ローレルスピリット

サニーベースは変わらないが2代目となったローレルスピリットはさらにローレルに近づけ豪華になった。フロントおよびリアフェンダーは専用デザインデCピラーの化粧パネルやボンネット上のフードマスコットが取り付けられた。1986年8月〜1990年6月まで販売

親/5代目ローレル

5代目ローレルは1984年10月〜1988年12月まで販売。豪華路線でアメリカ車的な雰囲気を持つ。開発主幹は伊藤修令氏。CMキャッチコピーは「ビバリーヒルズの共感ローレル」

次ページは : ■スカイライン→ラングレー:パルサーベースのスカイラインズ・ミニ!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ