クルマ好きはカレー好き?! 思わず食べたくなるクルマ界のカレー

 ようやく猛暑が終わり、食欲の秋がやってまいりました。こんな時にはモリモリ食べたい! ということで、カレーが食べたくなりませんか?

 この一見クルマ業界には縁のなさそうな食べ物が、実はレース界をはじめ、販促ツールとしても大人気だということが判明しちゃったものだから、探さないわけにはいかなくなった。今回は、そんなクルマ界のカレーを一挙ご紹介したい。

文/ベストカー編集部 
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2018年9月26日号


■TOM’S サーキット限定の味

トムスカレー、価格 1000円(1食)。富士スピードウェイのレストラン「ORIZURU」の売店でも購入できる

 スーパーGTなどのレースに参戦するチームトムスが、各サーキットに来場したVIP向けに、ホスピタリティブースで提供していたカレーが、「おいしい!」という声が多く、家でも食べられるようにと製品化された。

 富士スピードウェイのレストラン「ORIZURU」の売店や、トムスのオンラインショップで購入できるが、現在あまりの人気に入荷待ちとなっている状況だ。これを食べればVIP気分を味わえること間違いなし(たぶん)。

伊藤大輔監督も太鼓判の味だ

■トヨタ博物館 トヨタ博物館カレー(6食セット)

ビーフカレー(辛口)、ビーフカレー(甘口)、チキンカレー、ポークカレー、野菜カレー、豆カレー の合計6個セットで2592円

 博物館内にあるミュージアムレストランAVIEWで、「コクがありおいしい」との評判の一流シェフ味つけのビーフカレーを一般販売用に商品化したのがこのレトルトカレーだ。年間販売数が70万食を超える大ヒット商品で、6種類の味を楽しむことができる。

 6種類のうち、人気は1位ビーフ(辛口)、2位ビーフ(甘口)、3位チキンとなっているそうだ。6個セットのほかに、3個セットもあるが、そちらは1296円で販売されている。

トヨタ博物館/愛知県長久手市横道41-100 代表TEL:0561ー63ー5151

トヨタ博物館内にあるミュージアムレストランAVIEWにて一番人気のビーフカレー(1080円)

■ホンダ ホンダ社食のカレーうどんの素

ホンダの社員食堂にて金曜日に出されるカレーうどん

右がカレーうどんの素。非売品(社員のみ への販売)。左はコクがあってとてもおいしそうなかつカレーうどん(ホンダ社員食堂)

 ホンダ工場の作業着は真っ白で有名だが、汚れが目立つため、食堂でカレーを食べると白い作業着にカレーがはねてしまうと目立ってしまう。そのため、毎週金曜日だけ、カレーうどんが出るそうだ。もしカレーが作業着についても、翌日から休みのため、作業着を洗えるからだ。ちなみにホンダは全国に製作所と研究所が19拠点あり、社食は30カ所あるという。

 ということで「ホンダの社食の毎週金曜日の名物はカレーうどん」になったのだが、こちらがそのカレーうどんの素だ。

 ホンダのカレーうどんの元祖、埼玉製作所のカレーうどんを再現したもので、入荷するとすぐに完売するほどの人気商品(1食290円)。一般の方は購入できないのが残念でならない。

■ダイハツ チュウカラシカジカ(1食)

左は2017年3月で販売終了になったムーヴコンテ。右はコンテのデビュー時から登場した黒縁眼鏡をかけた鹿のマスコットキャラクター、カクシカ君。2018年現在でも、ダイハツ公式LINEアカウントでのアイコンとなっている

 ダイハツは、今は亡きムーヴ コンテのイメージキャラクター、カクシカ君をパッケージに採用した販促アイテムの中辛カレーを用意。ディーラーのフェア時に手に入るという。

 ダイハツ広報部いわく、「カレー自体は正直何かこだわりがあるわけではない」そうだ。正直すぎる(笑)。

■関東三菱自動車販売 北海道カレーセット

関東三菱自動車販売では毎年8月後半の展示会で配布しているそうだ

 関東三菱自動車販売では、北海道で収穫されたじゃがいも、たまねぎ、カレーのルーをセットにし、毎年8月後半の展示会で配布。関東三菱として合併した2007年の夏からの恒例行事(?)となっているそうだ。

 オリジナルのパッケージを採用したいがコストがかかるため、それならよりおいしいものを食べてもらえるように材料費に充てようと、顧客満足度重視で作られているこだわりのカレーセットなのだとか。なんとも硬派です。

■実はスバルはカレーがお好き?

 台数限定の特別限定車と同じく、スバルはコラボカレーがお好き。大阪で有名なカレー屋さん自由軒とコラボしたり(写真右)、アニメ『放課後のプレアデス』とコラボしたり(写真左)と過去にいろいろやっていた。残念ながらこの2商品の販売は終了している。

■STI NBRチャレンジチームのまかない飯を再現!

チャレンジカレー (5食セット、数量限定品)。価格 3240円

 STIはニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦しているが、そのNBRチャレンジチームの胃袋を支えた「まかない飯」がこれだ。STIチームが夜のレース時間に提供する夜食として、2012年から作りはじめたチャレンジカレーだが、それと同じ味つけ、同じ仕様のレトルトカレーを製作、スバルオンラインショップで販売している。

火力の弱いピットで作るために、野菜はすべてみじん切りにし、ひき肉を使うことで火のとおりを早くしているそうだ。 井口卓人選手も食べた味をお試しあれ

■正統派だけがカレーじゃない! 個性全開なユニークカレー

 ここからはクルマ界にいっさい関係ないけれど、担当が厳選した珍しいレトルトカレーを紹介。どうしてこうなった!? というインパクトのあるものばかりだが、実は美味しいと噂の商品ばかりだ。ぜひ一度ご賞味あれ……。

■関東・栃木レモン牛乳カレー

栃木県民のソウルドリンク「レモン牛乳」がカレーに! 甘酸っぱくてクリーミーらしい。価格583円(1食)

■伊藤久右衛門 宇治抹茶カレー

お茶屋さんが徹底的にこだわって作った、とにかく「緑色」が目立つ中辛カレー。価格583円(1食)

■中野の都こんぶカレー

カレー1食ぶんに、なんと都こんぶ約2/3箱ぶんが入った、酸味と旨味の効いた中辛カレー。価格441円(1食)

■華貴婦人のピンク華麗(カレー)

このピンク色は着色料ではなく、鳥取県の名産品、赤ビートでピンク色に染められた本格派カレー。赤ビートは栄養価も高く、高血圧や便秘などにも効果があるらしい。価格1080円(1食)

■国立ひたち海浜公園ネモフィラカレー

エキセントリックな色とは裏腹に、しっかりコクのあるカレー。ただ原材料にネモフィラは含まれていない……。価格480円(1食)

■ドイツの自動車メーカー、VW純正カレーソーセージ

VWグループジャパン豊橋本社の社員食堂でふるまわれているカリーヴルスト。スパイシーなカレー味のケチャップにカレーパウダーをかけて食べる。辛さは少し辛いかな程度

 最後は、ドイツの自動車メーカー、VW自身が製造・販売するカレーソーセージCURRYWURST(カリーヴルスト)を忘れちゃいけない。

 ソーセージは豚肉をコショウ、ショウガ、コリアンダー、ターメリック、唐辛子などと混ぜ、ブナ材でスモーク! 油で4〜5分揚げ、カレー粉、ケチャップ(これにもカレー粉が入っている)をかけている。

 もともとはVWのヴォルフスブルク工場の敷地内で飼育していた豚を使って1973年からカリーヴルストを生産。そう、クルマを生産する工場の敷地内に、VW肉製品工場加工工場があるのだ。

 当初、従業員やVWのミュージアムである「アウトシュタット」を訪れた人向けに販売されていた。細々と始まったであろうVW社によるカリーヴルスト生産だが、現在の生産本数はなんと年間約720万本! 

 ヨーロッパ11ヵ国、ヴォルフスブルクのサッカースタジアムなどで販売され、ではドイツの一部のVWディーラーでは納車時のプレゼントにもカリーヴルストを贈っているそうだ。ちなみにソーセージのパッケージには「VW純正部品」と印字されている。 

 日本でもVWグループジャパン豊橋本社にある社員食堂でふるまわれており、数量限定のためすぐに売り切れてしまうとか。残念ながら一般の方は食べられないが、VWグループジャパンが主催するイベント「フォルクスワーゲンディ」などで販売されているそうだ。

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ