まるで電動タルガトップ!? フェラーリ296GTSが日本上陸


 フェラーリの最新モデル「296GTS」が、フェラーリ公式イベント「フェラーリ レーシング デイズ2022」の会場で日本初公開された。

 同車はフェラーリの次世代を担うプラグインハイブリッドシリーズの初のV6モデル「296GTB」のオープン仕様である。基本となるスペックから特徴的なリトラクタブルハードトップ機能まで、最新フェラーリについて紹介する。

文/大音安弘、写真/フェラーリジャパン

【画像ギャラリー】最新のオープンモデル「フェラーリ296GTS」のすべてを写真でCHECK!(10枚)画像ギャラリー

■タルガトップの伝統名GTSを受け継ぐフェラーリ

 フェラーリジャパンは2022年6月24日、最新モデルとなるオープンカー「フェラーリ296GTS」の日本導入を発表した。日本初公開の舞台に選ばれたのは、4年振りの開催となった公式イベント「フェラーリ レーシングデイズ」だ。

 鈴鹿サーキットにて、6月25~26日の二日間で行われた同イベントでは展示会が行われ、フェラーリファンの視線を釘付けにした。

鈴鹿サーキットで行われたフェラーリ296GTBの発表会に登壇したフェデリコ・パストレッリフェラーリジャパン代表取締役社長

 フェラーリ296GTSはフェラーリのプラグインハイブリッドモデルとして初のV6エンジンを搭載するハードトップクーペ「296GTB」と基本を共有するオープンモデル。かつてGTSは、着脱式ルーフを備えるタルガトップが名乗っていたが、最新世代のフェラーリは、すべてが電動格納式リトラクタブルハードトップを備えているため、キャラクターによりスパイダーなどのオープンモデルの名称を使い分けているようだ。

■コンパクトなボディとV6PHEVシステムが特徴

 296GTSは全長4565×全幅1958×全高1191㎜のボディサイズと2600mmのホイールベースを持つ。これは同じミドシップモデルであるF8トリブートよりもやや小ぶりとなる。

 パワートレーンは、フェラーリ初のプラグインハイブリッドである「SF90ストラダーレ」の電動化システムと新開発のV6ターボエンジンを組み合わせているのが大きな特徴だ。

 電動パワートレーンは、モーター単体でも最高出力167CV、最大トルク315Nmを発揮し、EV走行可能な「eDrive」モードでは、25kmの航続距離を確保している。EV走行時の最高速度は、135km/hを確保しているので、日常的なドライブを電気で賄うことも可能だ。

 さらに3LのV6ターボエンジンと組み合わせたシステム最高出力は、830CV/8000rpm、システム最大トルク740Nm/6250rpmを発揮する。電動車であることには違いないが、そこはフェラーリ。V6エンジンに「ピッコロV12」という愛称を付けるほど、強烈なパワーを放つとともに、自然吸気V12エンジンのような高周波サウンドを奏でる魅力的なエンジンに仕上げているという。

 そのパフォーマンスは、0-100km/h加速2.9秒、最高速度330km/hと超一級となっている。ちなみに、F8トリブートと比較してみると、0-100km/h加速は同等最高速も-10km/hに迫る性能だ。

ミドシップレイアウトされる3LV6ターボエンジンは、プラグインハイブリッドシステムを組み合わせる

■タルガトップの再来! 俊敏な電動トップ

 フェラーリ296GTSの電動トップは、SF90スパイダーや812GTSなどに採用されるタルガトップスタイルのコンパクトなリトラクタブルハードトップであることが大きな特徴だ。このため、キャビン後方のエンジンフードが開閉し、そのなかにルーフ部が180度回転し、吸い込まれるように収納される機構を持つ。

 その開閉時間は、わずか14秒。最高45km/hまでは走行中も作動可能なので、信号待ちや低速走行時ならば、いつでもオープンエアが楽しめるというわけだ。

シルエットは、クーペに近いものを実現。ルーフの開閉時間は、わずか14秒と俊敏だ

 オープン化のために、ベースとなった296GTBのシャシーは、再設計が施され、最適化。ねじれ剛性と曲げ剛性を従来のオープンモデルよりも、大幅に引き上げられており、具体的な数値ではねじれ剛性が50%、曲げ剛性が8%それぞれ高められているという。まさにオープンの心地よさとハードトップの296GTBに迫る存在となるべく、開発されたオープンモデルなのだ。

次ページは : ■サーキット指向のパッケージも用意

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ