リアウィンドウのない特別なフェラーリ爆誕! SP48 Unicaとは?


 世界に1台の自分だけのクルマを手に入れることは、究極のクルマ趣味といえるだろう。それがフェラーリとなれば、なおさらのこと。そんな夢のひとつをフェラーリが実現させたことが明らかとなった。

 そのモデルの名は、「フェラーリSP48Unica(ウニカ)」。リアウィンドウレスという特徴的なスタイリングを持つ謎めいた同車についてお伝えしよう。

文/大音安弘、写真/フェラーリジャパン

【画像ギャラリー】世界にたった1台の幻の特別なフェラーリ! SP48 Unica(9枚)画像ギャラリー

■究極の贅沢! 自分専用開発のフェラーリ

 その美しさから、クルマ好きだけでなく、多くの人々から熱い視線を受けてきた究極のスポーツカー、フェラーリ。多くのクルマ好きが、一度は所有してみたいと夢見る存在だ。

 その希少性は、カタログモデルでも高いが、限定車となればなおさらのこと。その憧れの存在が、自分だけのために開発されるとなれば、オーナーにとっては、世界中のどんな希少車よりも、特別な存在になるに違いない。そんな夢を実現させたフェラーリオーナーが、また新たに誕生したことが明らかとなった。

たったひとりの顧客のために生みだされたワンオフモデル「フェラーリSP48 Unica」

 それが2022年5月5日に発表された「フェラーリSP48 Unica」だ。ほかの超高級車と同様に、フェラーリにも細やかなオーダーが可能な「パーソナライゼーションプログラム」が用意されているが、この車両は、さらに上を行く「スペシャルプロジェクトプログラム」によって生み出されたもの。

 スペシャルプロジェクトは、ずばりワンオフのフェラーリを製作するプログラム。顧客の要望に沿って、唯一無二のデザインが作り出される。もちろん、デザインから製作までフェラーリが手がけ、全プロセスには平均1年以上の時間を要し、顧客もデザインの評価や検証にも関われるため、自分だけのフェラーリの誕生の過程も楽しむことができる。

■ベースはV8ミドのフェラーリ

 ワンオフモデルとはいえ、「SP48 Unica」にもベースとなったモデルはある。それがV8ミドシップモデルの最新型「F8トリブート」だ。2019年3月に発表されたモデルで、3.9LのV8ターボエンジンを搭載し、最高出力720hp/8000rpm、最大トルク770Nm/3250rpmを発揮する。

 0-100km/h加速は、2.9秒。最高速度は、340km/hを誇る。そのシャシーとメカニズムを受け継ぐため、パフォーマンスも超一流だ。モデル自体の詳細なスペックは明かされていないが、同等の仕様と予測される。

ベース車に選ばれたF8トリブートは、最新フェラーリの主力モデルのひとつだ

■美しさと性能を両立させるデザイン

 そのデザインは、フェラーリデザインのトップ、フラビオ・マンツォーニの指揮の下、フェラーリスタイリングセンターが手がけたもの。フロントマスクは、ノーズとフロントバンパーの一体感が増し、よりグラマラスなデザインに仕上げられている。

 特にユニークなのが、フロントバンパーに設けられたエアインテークで、六角形のパンチングが施されたグリルが美しいサーフェスを構築するなど手の込んだものだ。さらにヘッドライトデザインも専用化され、ボンネットフードのインテークも左右それぞれに配置される。フロントノーズ先端に、立体デザインの羽馬が飾られるのも独自の仕様だ。

リアウィンドウとガラス製エンジンフードを排除して生まれた特徴的なルーフラインに注目

 最大の魅力は、リアウィンドウを排除したことから生まれた流麗なルーフラインだ。キャビンからカーボンファイバー製のエンジンフードにかけて一体に見せるデザインとすることで、より塊感が増すだけでなく、極限まで空気抵抗を減らしたレーシングマシンのような緊張感も感じさせる。

 ルーフパネルが異形デザインとなり、真ん中に六角形柄を取り入れたブラックのラインが加えられる点も、レーシーな雰囲気を引き立ているポイントだ。

 もちろん、それらの形状は、視覚的な効果だけでなく、性能面にも忠実に活かされており、すべての冷却性能を満たすだけでなく、空力バランスの変更も実現。リアオーバーハングが延長されたことで、ルーフエリアによるリフトが低減されたため、リアのダウンフォースも増加。そこでリアスポイラーの形状も、よりボディラインと一体感あるデザインのものに仕上げられている。

 このようにデザインの細部までチェックしていくと、フロントマスクこそ、F8トリブートとの類似点を見出すことができるが、F8トリブートの特徴的な丸目リヤテールを廃止し、スリットデザインのテールランプに置き換えるなど、ボディデザインのほぼすべてが専用化されており、特別中の特別なモデルとして仕上げられていることがわかる。

 インテリアについては、レイアウトや機能などをF8トリブートのデザインを踏襲するため、特に写真としては公開はされていないが、素材やカラーコーデに特徴があるとされる。

 その象徴が特別に開発されたレーザー・パンチング加工を施した黒いアルカンターラ素材で、これを全体的に使用されていることが明かされている。このほかにも、ボディに使われた六角形のモチーフをインテリアデザインに取り入れるなど、エクステリア同様に、細部までこだわった作り込みがされている。

次ページは : ■特別中の特別なモデルのオーナーは!?

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ