実は普段の運転に一番効果あり!! 最新施設オープンでプロドライバーも勧めるシミュレータの上手な活かし方

実は普段の運転に一番効果あり!! 最新施設オープンでプロドライバーも勧めるシミュレータの上手な活かし方

「クルマ趣味を新しいカタチの文化に」をテーマに事業を行なうHC GALLERYが、2022年7月10日に東京都心でシミュレータを使用したトレーニングができる新サービス「HC GALLERY ―Simulator Room―」を開始した。

 今回は、新たにオープンした「HC GALLERY ―Simulator Room―」の紹介をしつつ、この施設でドライビングレッスンの講師を担当するプロドライバー澤圭太氏が語るリアルとバーチャルとの上手な付き合い方についてお届けしたい。

文/ベストカーWeb編集部
写真/ベストカーWeb編集部、HC GALLERY

【画像ギャラリー】運転が上手くなるために秘訣を伝授! 最新施設「HC GALLERY」をチェック!!(11枚)画像ギャラリー

■習い事感覚で気軽に始められるモータスポーツ

 サーキット走行と言えば、自分のクルマを使って参加するので、ガソリン代、メンテナンス代などが高額でなかなか一歩を踏み出せない……という人も多いのではないだろうか?

 とはいえ、公道で練習するのはただの暴走行為だし、何かあれば自分だけの問題ではなくなる大事故にもつながる危険をはらんでいる。

 今回オープンした「HC GALLERY ―Simulator Room―」は、そんな走り好きのために、あえてゲーム性の強いe-Sportsではなく、実際のドライビングに役立つ、リアルとシミュレータを上手くマッチングさせることを目的とした施設となる。

都営大江戸線 牛込柳町駅直結の立地にオープンした「HC GALLERY ―Simulator Room―」。カフェ風に仕上げたオシャレな店内に、最新シミュレータ2台を設置している
都営大江戸線 牛込柳町駅直結の立地にオープンした「HC GALLERY ―Simulator Room―」。カフェ風に仕上げたオシャレな店内に、最新シミュレータ2台を設置している

 代表取締役を務める佐野順平氏によれば、HC GALLERYは、サーキット専用にチューニングされたトヨタ GR86や86をシェアリングして気軽にサーキット走行ができるサービス「HC Sharing」(月々3300円と諸費用)など、さまざまなサービスを展開しているという。

 今回オープンした「HC GALLERY ―Simulator Room―」は、そんなHC Sharingの前のステップ、自ら参加するモータースポーツに興味を持ってもらうための施設なのだ。

 シミュレータは、2022年5月に発売された最新鋭の『DRiVe-X』が2台導入されており、どちらも『iRacing』と『Assetto Corsa(アセット・コルサ)』がインストールされている。ドライバーのレベルや、トレーニングしたい車種によって使い分けるとのことだ。

 常駐アドバイザーによるワンポイントアドバイス付きの1時間のプログラムから、ル・マン24時間出場経験もある澤圭太氏らをコーチ陣に迎えた本格レッスンを習い事形式で受けられるプラン(月額1万4000円、月1回2時間の講義あり)などが用意されている。

 入会金7000円&月額2000円の『シムSharing会員』になると、月1回使える1時間走行券が12回分支給される(毎年)。ワンポイントアドバイス付きの1時間走行(実走45分)は会員価格3000円ということを考えると、かなりお得にシミュレータを利用することができる。

 さらに学生(会員)であれば、3000円の走行が1000円に割引されるので、実車はまだ乗れないけど……という若年層でもしっかりとしたトレーニングを受けることができる。

取材に訪れた媒体関係者も体験。シミュレータと侮るなかれ、ハンドルのフォースフィードバックも強く、ブレーキも力いっぱい踏む必要があるので、想像以上に疲れる……。澤圭太氏からも体験程度だったが、熱の入った指導をいただいた
取材に訪れた媒体関係者も体験。シミュレータと侮るなかれ、ハンドルのフォースフィードバックも強く、ブレーキも力いっぱい踏む必要があるので、想像以上に疲れる……。澤圭太氏からも体験程度だったが、熱の入った指導をいただいた

次ページは : ■澤圭太氏が語る シミュレータとの上手な付き合い方

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ