日本車なのに外国生まれ!? 急増した“逆輸入車”の思惑と利点


 1988年に登場したアコードクーペが先駆車となった「海外生産の日本車」が、ここ2、3年増えている。直近では2017年に発売されたシビックハッチバックも英国生産だ。

 ただ、同じシビックでもセダンの日本仕様は埼玉・寄居工場製。さらに、ホンダでいえばアコード、トヨタならカムリなど「海外市場メインの車種」でも、日本仕様は国内の工場で生産されるケースがほとんどだ。

 では、なぜわざわざ日本で売るモデルを、海外で生産しているのか? 

 現在、日本で販売されている「海外生産の日本車」を紹介するとともに、海外生産車を日本で販売する狙いについて考察したい。

文:永田恵一
写真:編集部


トヨタはハイラックス&意外な車も海外生産

■ハイラックス/タイ生産

ハイラックス(Z)/価格:374万2200円、2018年8月販売台数:570台

 2011年に孤軍奮闘していた三菱のトライトン(こちらもタイ生産)が絶版になって以来空白となっていた日本のピックアップトラック市場に、「楽しい自動車会社」に変わりつつあるトヨタを象徴する1台として2017年9月に登場。

 日本仕様はピックアップトラックとしては標準的なドアがある5人乗りのダブルキャブで、エンジンは6速ATと組み合わされる2.4Lディーゼルターボを搭載。

 乗った印象は細かく跳ねるような乗り心地が大きな欠点ながら、それ以外は全体に乗用車的で「小山のような大きなクルマを動かしている」という感覚も楽しい。

 ハイラックスは当初年間2000台という試験的な販売目標台数で導入されが、2018年1月から9月までに4400台を販売し、現在も納期が3カ月以上という静かな人気車となっている。このことは「普遍性はなくても個性的、魅力的な車なら日本でも一定数売れる」という裏付けにもなった。

■タウンエース&ライトエース/インドネシア生産

タウンエース バン(GL)/価格:181万9800円

 日本車では軽商用車とマツダ ボンゴの中間のサイズとなる、登録車では最少の1ボックスバン&トラックで、インドネシアにあるダイハツの工場で生産されている。

 エンジンは4速AT、5速MTと組み合わされるダイハツ製の1.5L・NAを搭載し、最近ではバンが小型キャンピングカーのベースとして使われることも増えている。

日産はスペイン生産の日本仕様車も!

■マーチ/タイ生産

マーチ(X Vセレクション)/137万5920円、2018年8月販売台数:694台

 2010年7月に登場した4代目の現行マーチは、新興国を中心に販売されるコンパクトカーに移行。三菱のミラージュと同じく日本仕様はタイ生産となる。

 標準仕様は1.2L・3気筒エンジンを搭載し、燃費は良好ながら全体的に特にいい印象もなく、積極的に買う理由に欠ける。

 ただ、5速MTと組み合わされる1.5リッター4気筒エンジンを搭載し、オーテックがチューニングを担当したNISMO Sが楽しい車なのは救いだ。

■e-NV200/スペイン生産

e-NV200(ワゴン、5人乗り)/価格帯:460万800円、2018年8月販売台数:132台(バネット含む)

 e-NV200は、簡単に言うと先代リーフのモーターや現行リーフのバッテリーといったユニットを使ったNV200バネットの電気自動車版。

 1ナンバーとなる商用バンと3ナンバーとなる5人乗りと7人乗りのワゴンが設定される。

 公表される航続距離は300kmで、30万円の補助金も適応となる。ガソリンスタンドが少ない地域で使う商用バン、ミニバンとして使うと特に利便性が高いだろう。

次ページは : ホンダは話題のシビックとスーパースポーツが海外生産

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ