ガソリン、ディーゼル、HV、百花繚乱!! 一番いいエンジンはどれだ??


同じクルマに違うエンジンが2種類以上あると、購入する時迷いますよね。試乗しにディーラーに行ってもすべてのエンジンが用意されているわけではないので、なおさらです。

ガソリンエンジンとディーゼルエンジン、または排気量が違うガソリンエンジンとハイブリッドなど2種類以上エンジンを積んでいるクルマがあります。なかには同じ車種なのに5種類のパワートレイン(駆動方式含む)が選べるクルマもあるんです。

そこで、今回はパワートレインが2種類以上あるコンパクトカーをピックアップして、どれがベストエンジンなのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が指南します!

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部


本題に入る前に、エンジンを選ぶ条件は3つあることを説明しておきたい。最も大切なのは、動力性能と燃費のバランスだ。車両重量に対して過不足のない性能を備え、なおかつ燃費効率の優れたエンジンを選びたい。

2つ目の条件は価格だ。動力性能や燃費に対して、割安なエンジンが好ましい。仮にエンジンの価格が高くても、エコカー減税額が大きければ、価格の負担を実質的に抑えられる。

3つ目は車両とエンジンの相性だ。例えばスポーツカーに搭載する場合、動力性能と燃費のバランスが優れ、価格が割安でも、運転感覚が退屈では物足りない。

スポーツカーには、少々燃費が悪かったり価格が割高でも、文字通りスポーティなエンジンが要求される。以上のような観点から、車種ごとにベストなエンジンを探したい。

■マツダデミオは1.3Lガソリンと、1.5Lディーゼル

ベストグレードに選んだデミオXDツーリング。価格は201万4200円(6MT/6AT)

●エンジンの種類とグレード
■1.5L、直4ガソリン:110ps/14.4kgm。JC08モード燃費:19.0km/L(6AT)、19.8km/L(6MT)
■搭載グレード:15C/139万3200円、15S/149万4000円、15Sツーリング/173万3400円、15SツーリングLパッケージ/181万4400円

■1.5L、直4ディーゼル:105ps/25.5kgm(6AT)、22.4kgm(6MT)。JC08モード燃費:26.4km/L(6AT)、30.0km/L(6MT)
■搭載グレード:XD/181万4400円、XDツーリング/201万4200円、XDツーリングLパッケージ/207万3600円
※6MT、6ATと価格は同じ。FFの価格を掲載

マツダデミオは直列4気筒1.5Lのガソリンとクリーンディーゼルターボを用意する。ディーゼルはガソリンエンジンに当てはめると2.5L並みのトルク(駆動力)を発揮して、燃料代は軽油価格も考えるとハイブリッド並みに安い。

そしてディーゼルのXDツーリング(201万4200円)の価格は、ガソリンの15Sツーリング(173万3400円)に比べて28万800円高いが、エコカー減税ではディーゼルが免税になる。税額の違いを差し引くと、実質価格差は約20万円だ。

そこでレギュラーガソリンの価格を1L当たり150円、軽油を130円、実用燃費がJC08モードの85%(ガソリンのWLTCモード燃費は補正なし)で計算すると、1km当たりの燃料代はガソリンが7.9円、ディーゼルは5.8円だ。ディーゼルは1km当たり2.1円安く、20万円の実質差額を9〜10万km走れば取り戻せる。

この距離は少し長く思えるが、前述のようにディーゼルは動力性能も優れているから、割安感だけでは判断できない。

またデミオはスポーティな性格のコンパクトカーだから、動力性能の高いディーゼルとは相性が良い。従って最も推奨度の高いグレードは、ディーゼルのXDツーリングになる。

■ベストグレード/1.5L、直4ディーゼルのXDツーリング、201万4200円(6MT、6AT共通)

■スイフトは1Lターボ、1.2LNA、1.2LマイルドHV、1.2LフルHVの4種類!

1L、直3ターボ、1.2L、直4NA、1.2L直4マイルドハイブリッド、1.2L直4フルハイブリッドの4種類のパワーユニットを用意するスイフト

●エンジンの種類とグレード
■1.2L、直4NA:91ps/12.0kgm、JC08モード燃費:CVT=24.0km/L、5MT=23.4km/L(XG)
■搭載グレード:RS/169万2000円(FF、CVT)、XL/155万9520円(FF、CVT)、XG/134万3520円(CVT)

■1L、直3ターボ:102ps/15.3kgm、JC08モード燃費:6AT=20.0km/L
■グレード:RSt/168万5880円(FF、5MT)、169万200円(FF、CVT)

■1.2L、直4+マイルドハイブリッド:91ps/12.0kgm+モーター3.1ps/5.1kgm、JC08モード燃費:27.4km/L(FF、ハイブリッドRS)
■グレード:ハイブリッドRS/169万1280円(FF、CVT)、ハイブリッドML/162万5400円(FF、CVT)

■1.2L、直4+ハイブリッド:91ps/12.0kgm+モーター13.6ps/3.1kgm、JC08モード燃費:32.0km/L(ハイブリッドSG)
■搭載グレード:ハイブリッドSL/194万9400円(FF、5AGS)、ハイブリッドSG/166万8600円(FF、5AGS)
※価格はFF

スズキスイフトは、エンジンの種類が豊富だ。直列4気筒の1.2Lには、ノーマルタイプ、マイルドハイブリッド、フルハイブリッドがあり、直列3気筒1Lのターボも選べる。これにスイフトスポーツの1.4Lターボが加わる。

これらのエンジン性能を比べると、1.2Lはすべて共通化され、最高出力は91ps、最大トルクは12.0kgmだ。1Lターボは102ps/15.3kgmに高まるが、アイドリングストップも装着されず、JC08モード燃費は20.0km/Lにとどまる。スイフトスポーツを別の車種として考えると、1.2Lエンジンから選ぶことになる。

まずエアロパーツなどを割安に装着したRS同士で、ノーマルエンジンとマイルドハイブリッドを比べると、後者は前者に比べて約10万円高い。この金額であれば、マイルドハイブリッドの燃費節約により、約10万円の価格差を9万kmで取り戻すことができる。従ってマイルドハイブリッドが買い得だ。

いっぽう、フルハイブリッドは割高になる。装備の違いを補正すると、価格はエコカー減税を考慮しても、マイルドハイブリッドに比べて20万円以上高い。この金額を燃料代の節約で取り戻すには、20万km以上の走行を要する。

ATの違いにも注意したい。フルハイブリッドのATは、1組のクラッチを使う5速AGSで、シングルクラッチ方式としては制御を綿密に行う。それでもマイルドハイブリッドのCVT(無段変速AT)に比べると、滑らかさに欠けてしまう。

そうなると最も買い得なエンジンはマイルドハイブリッドで、グレードは前述のスポーティなRSがベストだ。

■ベストグレード/1.2LマイルドハイブリッドのRS、169万1280円(FF、CVT)

次ページは : ■日産ノートは5種類のパワートレインを用意!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ