ガソリン、ディーゼル、HV、百花繚乱!! 一番いいエンジンはどれだ??


■日産ノートは5種類のパワートレインを用意!

ノートは79ps/10.5kgmの1.2L、直3NAとスーパーチャージャー付きのDIG-Sの98ps/14.5kgmの1.2L、直3、そして1.2L、直3とモーターを組み合わせたe−POWERと、これに加えてリアをアシストする4WDのe-POWER X-FOUR、そして1.2L、直3エンジンにリアモーターがアシストする4WDの5種類

●エンジンの種類とグレード
■1.2L、直3NA:79ps/10.5kgm。JC08モード燃費:23.4km/L(S)
■搭載グレード:S/142万1280円、X/152万3880円

■1.2L、直3スーパーチャージャー:98ps/14.5kgm。JC08モード燃費:26.2km/L(X DIG-S)
■搭載グレード:X DIG-S/176万6880円、メダリスト/209万1960円

■1.2L、直3+e-POWER:エンジン79ps/10.5kgm+フロントモーター109ps/25.9kgm。JC08モード燃費:37.2km/L(e-POWER S)
■搭載グレード:e-POWER S/190万1880円、e-POWER  X/202万1760円、e-POWERメダリスト/235万3320円

■1.2L、直3+e-POWER+リアモーターアシスト(4WD):エンジン79ps/10.5kgm+フロントモーター109ps/25.9kgm+リアモーター4.8ps/1.5kgm。JC08モード燃費:28.8km/L(e-POWER X-FOUR)
■搭載グレード:e-POWER X-FOUR/223万7760円、e-POWERメダリストFOUR/256万9320円

■1.2L、直3+リアモーターアシスト(4WD):79ps/10.8kgm。JC08モード燃費:18.2km/L(X-FOUR)
■搭載グレード:X-FOUR/173万9880円、メダリストX-FOUR/195万480円
※価格はX-FOURグレード以外はFF

日産ノートは1.2Lの直列3気筒エンジンを搭載する。ノーマルタイプ、スーパーチャージャー、ハイブリッドのe-POWER、これにリアモーターでアシストする4WDのe-POWER X-FOUR、1.2L、直3NAエンジンにリアモーターアシストを加えた4WDのX-FOURの5種類と豊富。

このうち、スーパーチャージャーは魅力が乏しい。動力性能と燃費がいまひとつ不満で、ノイズも耳障りだ。従ってノーマルエンジンとe-POWERの選択になる。

X同士で価格を比べると、e-POWERはノーマルエンジンに比べて49万7880円高いが、エアコンのオート機能などが備わる。この違いにより、実質差額は45万円少々に縮まる。さらにエコカー減税でも約5万円の差が付くから、最終的な負担額の差は約40万円だ。

そこでデミオと同様に損得勘定を計算すると、1km当たりの燃料代はe-POWERが5.2円、ノーマルエンジンは7.5円になる。e-POWERでは1km当たり2.3円を節約できるが、40万円の価格差を取り戻すには、約17万kmの走行を要する。

それでも推奨グレードは、e-POWER Xになる。理由は運転感覚だ。エンジンは発電機の作動に使われ、駆動はモーターが行うから、ノーマルエンジンに比べると加速が滑らかに感じる。動力性能も上まわる。

e-POWERはアクセル操作に対する反応も機敏だ。エコ/Sモードを選ぶと、アクセルペダルを戻すと同時に駆動用モーターが回生充電を開始するから、効率の良い運転が行える。アクセル操作だけで速度を自由に調節できるため、運転の楽しさも味わえる。低燃費だけでなく、さまざまな付加価値が得られることもe-POWERの魅力だ。

■ベストグレード:ノートe-POWER X、202万1760円(FF、CVT)

■ホンダフィットは1.3L、1.5Lと1.5LHVの3種類

フィットは1.3Lと1.5Lのガソリンエンジンと1.5LHVの3種類をラインアップ

●エンジンの種類とグレード
■1.3L、直4NA:100ps/12.1kgm。JC08モード燃費:24.6km/L(CVT)、21.8km/L(5MT)
■搭載グレード:13G/142万8840円、13G・Lホンダセンシング/165万3480円、13G・Sホンダセンシング/179万640円

■1.5L、直4NA:132ps/15.8kgm。JC08モード燃費:21.0km/L(RS、CVT)、19.2km/L(RS、6MT)
■搭載グレード:15XLホンダセンシング/185万3280円、RSホンダセンシング/205万920円

■1.5L、直4+モーター:エンジン110ps/13.7kgm+モーター29.5kgm/16.3kgm。JC08モード燃費:37.2km/L(ハイブリッド)
■搭載グレード:ハイブリッド/169万9920円、ハイブリッドF/181万5480円、ハイブリッドLホンダセンシング/207万9000円、ハイブリッドSホンダセンシング/220万5360円
※価格はFF

ホンダフィットは、直列4気筒1.3Lと1.5Lのノーマルエンジン、1.5Lのハイブリッドを用意する。これらのなかで、最も買い得なのが1.3Lのノーマルエンジンを搭載する13G・Lホンダセンシングだ。

一番の理由は価格にある。13G・Lホンダセンシングは、緊急自動ブレーキを作動させる高機能なホンダセンシング、サイド&カーテンエアバッグ、LEDヘッドライトなどの実用装備を充実させて、価格を165万3480円に抑えた。

コンパクトカーで160万円を超えると割高に思えるが、今は安全装備が充実するから、フィット13G・Lホンダセンシングでも買い得な部類に入る。1.5Lエンジン搭載車になると、快適装備も充実する代わりに、価格が180万円を超えてしまう。1.5Lはコンパクトカーとしては選びにくい。

またハイブリッドLホンダセンシングの価格は207万9000円だ。13G・Lホンダセンシングとの価格差を燃料代の節約で取り戻すには、10万km以上の走行を要する。

これらの機能を考えると、フィットに最も相応しいエンジンは1.3Lだ。割安な価格に加えて、車両重量が約1トンと軽いために、運転感覚も適度に軽快でバランスが良い。JC08モード燃費は24.6km/Lだから、ハイブリッドでなくても燃費性能が優れている。

■ベストグレード:フィット13G・Lホンダセンシング、165万3480円(FF、CVT)

次ページは : ■1Lと1.3L、1.5LHVを3種類用意するヴィッツ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ