アルファード/ヴェルファイア新型へ、ジムニーの最新受注状況ほか マル秘情報大公開!

毎月約200店舗のディーラーを回り、足で稼いだ情報をみなさまにお届けする当企画。「販売の鬼」といわれる遠藤徹氏がお届けします。

今回は11月2日に一部改良を受けるアルファード/ヴェルファイアをはじめ、ジムニー/ジムニーシエラやカローラスポーツの納期はいつになるのか?

さらにステップワゴンの販売苦戦、軽販売でスズキがダイハツを追い上げている状況など、新車の売れ行き&スクープ情報をてんこ盛りで大公開!

※2018年9月中旬時点での情報です
文/遠藤徹
写真/ベストカー編集部
初出/ベストカー2018年10月26日号


■アル/ヴェルが11月2日に一部改良、事前受注開始!

トヨタはこのほど11月2日に一部改良するアルファード/ヴェルファイアの事前受注を開始しました。

今回は従来メーカーオプション設定だったインテリジェントクリアランスソナーを全車標準装備とするほか、カーナビとのセットだったメーカーオプションのブラインドスポットモニターを、バックミラーモニターとのセットにすることで、実質的な価格引き下げを行います。

標準化されるインテリジェントクリアランスソナーぶんは3万円値上げとなります。従来モデルはすでにオーダーストップしており、在庫はほとんど売り切れの状況にあります。うまくキャッチできれば35万円以上の大幅値引きがゲットできる見込みです。

昨年12月にビッグマイナーチェンジしたばかりのアルファード/ヴェルファイアだが、11月に一部改良を実施。事前の受注が始まっている。写真は現行型

■カローラスポーツの納期がさらに先送り傾向に

カローラスポーツのパワートレインは1.8Lハイブリッドと1.2Lターボの2種類。1.2Lターボには6速iMTもラインアップ

トヨタが2018年6月26日に発表、発売したカローラスポーツの売れゆきがさらに加速傾向にあり、納期が先送り気味となっています。

発売当初は約2カ月待ちだったものが、9月中旬現在では上級モデルのGZとハイブリッドGXが3カ月待ち、中間モデルのGが2カ月待ちとなっています。6MTモデルも1〜2カ月程度となっています。

売れ筋グレードはGないしはGZで、ハイブリッドはシリーズ全体の約半分を占めています。このためカローラシリーズトータルではトヨタ全系列店扱いのプリウスを上回る販売推移となっています。

■ステップワゴンの販売が苦戦中。打開策はあるのか?

ステップワゴンは昨年9月に待望のハイブリッドモデルを追加したが、売れゆきは思ったほど上向いていない。その要因は独特なバックドアなのか?

ホンダが2015年4月にフルモデルチェンジした現行ステップワゴンが販売で苦戦を強いられています。2017年9月には待望の2Lハイブリッド車を設定しましたが、販売は充分に回復できていないのです。

同クラスのライバル車には日産セレナ、トヨタヴォクシー/ノア/エスクァイアがありますが、エスクァイアを除いたほかの3車種には大きく水をあけられています。

首都圏のホンダカーズ各社では、キャンペーン期のサービスとして15万円分のクーポンプレゼントという最も買い得度の高いサービスを実施しているのですが、その効果は上がっていない状況にあります。

クルマの出来そのものは悪くありませんが、ウリのひとつとなっている横にも開閉できるバックドアのデザインが不評との指摘もあります。

現行モデルは2019年4月には4年が経過してマイナーチェンジの時期を迎えますが、どんな改良が実施されるのか注目したいです。

■軽自動車販売でスズキがダイハツを急速に追い上げ!

2018年の軽自動車販売で異変が起きようとしています。軽販売で2位のスズキがトップのダイハツを急速に追い上げているのです。

1~8月の販売累計では、ダイハツが41万1417台、前年同期比0.2%増なのに対して、スズキは39万6224台、3.9%増でその差は1万5193台に迫っています。

スズキは2017年、2月のワゴンRに次いで12月にはスペーシアと相次いで主軸車種をフルモデルチェンジし、そして今年7月にはジムニーを20年ぶりに一新してヒットさせています。

これに対してダイハツは2017年5月にミライースを世代交代し、今年6月に新規モデルのミラトコットを投入しましたが、スズキに比べると戦略度は低いので明暗を分けているといえます。

この結果、5、6、8月の3カ月にスズキが首位を奪還しました。今後、ヒットモデルのジムニーの増産で供給が間に合えば、スズキの追い上げはさらに激しさを増す可能性があります。

■増産でジムニーの納期が半年に短縮。シエラは1年以上

発売当初に比べると納期が短くなっているジムニー

首都圏のスズキ販売店筋によると7月5日にフルモデルチェンジしたジムニー/ジムニーシエラは当初、納期が1年以上待ちといわれていましたが、9月中旬現在では軽自動車のジムニーが半年待ちと半分に短縮しているといいます。しかし、ジムニーシエラは引き続き1年以上待たされる状況で変わりません。

メーカーのスズキは当初、年間販売計画をジムニー1万5000台(月平均1250台)、ジムニーシエラを1200台(同100台)と設定し、生産計画を組んでいました。

ところが1カ月後の受注台数はジムニー1万5000台、ジムニーシエラ5000台、合わせて2万台となり、納期が読めないほど長期化したため、残業や休日出勤によって月産ジムニー2500台、ジムニーシエラを500台、合わせて3000台の増産体制としました。

これによって多少納期が早まりましたが、シエラだけは依然長期化が継続しています。なお、こうした状況はもうしばらく続きそうな情勢となっています。

■先代型リーフの中古車の売れゆきが好調?

2010年12月に発売され、2017年10月に現行リーフが出るまで販売されていた先代リーフ

日産販売店筋によると、ここにきて先代型リーフの中古車の売れゆきが好調だといいます。

2017年10月にフルモデルチェンジし現行モデルが登場しましたが、その代替えによって先代モデルの中古車が大量に発生し、中古車価格が大幅に下がったことで売れゆきがアップしたようです。

中古車価格は4~5年落ちだと50万~60万円と、新車時の280万~400万円に比べて6分の1以下に下がっていることで買い得感があり、ニーズが高まっている模様です。

中古車はバッテリーの劣化で充電後の走行距離が100㎞以下と下がっているのですが、近所へ買い物などに出かけるには充分というユーザーが購入するということです。

また、バッテリーを交換すると80万円かかりますが、それでも新車の3分の1程度の価格のため、その格安さと利便性を理由に購入するユーザーも多くいるようです。

日産販売店筋によると、ここにきて先代型リーフの中古車の売れゆきが好調だといいます。2017年9月にフルモデルチェンジし、現行モデルが登場しましたが、その代替えによって先代モデルの中古車が大量に発生し、中古車価格が大幅に下がったことで売れゆきがアップしたようです。

中古車価格は4~5年落ちだと50万~60万円と、新車時の280万~400万円に比べて6分の1以下に下がっていることで買い得感があり、ニーズが高まっている模様です。

中古車はバッテリーの劣化で充電後の走行距離が100㎞以下と下がっているのですが、近所へ買い物などに出かけるには充分というユーザーが購入するということです。

また、バッテリーを交換すると80万円かかりますが、それでも新車の3分の1程度の価格のため、その格安さと利便性を理由に購入するユーザーも多くいるようです。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ