【速報】最大約200kmの航続距離を実現!  三菱ふそうが電気小型トラックeキャンター次世代モデルを発表!!

【速報】最大約200kmの航続距離を実現! 三菱ふそうが電気小型トラックeキャンター次世代モデルを発表!

 2017年の登場から5年。常に日本のトラックの電動化をリードしてきた三菱ふそう「eキャンター」の次世代モデルが遂に発表! 9月7日、「パシフィコ横浜」にてワールドプレミアが開催された。

 eキャンター次世代モデルは、モーターをリアアクスルに統合した「eアクスル」を採用し、航続距離の向上、先進安全装備の拡充、GVW5t〜8tクラスまで補完する豊富なラインナップ展開など、大幅な進化を果たしている。

 同車は、ダイムラートラックグループの量産小型BEVとして「世界戦略車」に位置づけられており、三菱ふそうは、これまで以上に世界展開にも力を入れていく構えだ。

 その車両概要を速報でお伝えしよう。

文/フルロード編集部 写真/三菱ふそうトラック・バス 

【画像ギャラリー】ついにベールを脱いだ! eキャンター次世代モデルをギャラリーでチェック(23枚)画像ギャラリー

28タイプの豊富なラインナップ展開

 eキャンター次世代モデルは、国内モデルと海外市場向けモデルで合計100種類以上のシャシーラインナップを展開。そのうち国内モデルは現行の1タイプ(ワイド/ロングシャシー)から28タイプとラインナップを大幅に拡大している。

 国内モデルではGVW5t~8tクラス、広幅キャブに加えて標準幅と拡幅キャブを新たに追加した。ホイールベースも現行の3400mmに加えて2500mmのショートサイズから超ロングサイズの4750mmまでラインナップする予定だ。

左がGVW8tクラスのワイドキャブ/超ロングボディ車、左は標準キャブ/ショートボディ車

 モーターなどの電動駆動ユニットをリアアクスルに統合した電動アクスル=eアクスルを採用することで、新型ではプロペラシャフトが不要になったのも大きな進化だ。

 eアクスルはプロペラシャフトがなくなるため伝達ロスが低減でき、バッテリーなどの搭載スペースも大きく取れる。今回の豊富なラインナップ展開は、eアクスルを採用したからできるといっても過言ではないだろう。

 また、電動パワーテイクオフ=ePTOの採用により、ダンプ、キャリアカー、タンクローリ、ゴミ収集車など、さまざまな特装車仕様にも既存のディーゼル車の装置をそのまま使用して対応できる。

選べる3つのバッテリーサイズ

 シャシーフレーム下に配置されるバッテリーは、ホイールベースに応じてS、M、Lの3種類のバッテリーサイズを設定。41kWhのバッテリーパックをSサイズは1つ、Mサイズは2つ、Lサイズは3つ搭載する。

 現行モデルと同等の83kWhのMサイズの場合は、1回のフル充電で約140kmの航続距離(現行型の航続距離は約100km)を確保。Sサイズの場合は約80km、Lサイズは約200kmの航続距離を実現する。

eアクスルを採用し、バッテリーをフレーム下に配置する次世代モデル
国内モデルは28タイプを設定する。最大航続距離200kmを実現するLサイズバッテリー搭載車は8tクラスとなり中型免許が必要になるのが悩ましい

 また、バッテリープリコンディショニングを標準装備。冬期や寒冷地でも走行開始時のエネルギー消費を節約できるよう、 出発時刻に合わせてタイマーをあらかじめセットし、AC 充電時にバッテリーを予熱しておくことが可能になった。
 
 さらに車載バッテリーからパワーステーションを介して外部に給電できる外部給電機能も標準装備。災害時や緊急時などにも役立つ機能である。

新世代BEVに相応しいエクステリアとインテリア

 エクステリアは、三菱ふそうが代々受け継いできた伝統的なデザインモチーフと、「ブラックベルト」をフロントマスクに配した力強く精悍な表情に。

 ブララックベルトの下部はEVのキーカラーであるオレンジ・ブルーのラインが入り、新世代の EVトラックにふさわしい先進感のある印象的な外観になっている。
 
 ヘッドライトは、長寿命化に加え、白く明るい光で夜間の視界を向上させるLED ヘッドライトを標準装備。さらに、デイタイムランニングライト (DRL)も標準装備し、昼間の運転でも常時点灯。安全走行をサポートする。
 
 LED化されたテールランプは、ストップランプ、テールランプ、ターン(方向指示)ランプ、バックランプなど多機能をひとつにまとめた一体感ある洗練されたデザインのランプを標準装備。後続車の目を引くゆとりある光量で、高い視認性を実現している。

 インテリアもアップグレード。随所にキーカラーのオレンジを配し、機敏性やアクティブなイメージを表現。

 さらにステアリングスイッチと連動した10 インチディスプレイのフル液晶メーター、タッチスクリーンに対応したセンターディスプレイのナビゲーション、Bluetooth 対応の通話・音楽システムなど、洗練されたカラーリングとともに、快適なドライビングのための先進機能を装備した。

ブラックを基調にオレンジが配される次世代モデルの室内。小型車にもステアリングスイッチが備わるのが嬉しい

次ページは : 大型フラックシップ並みの安全装備を搭載

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ