【惜別】スカイラインハイブリッドがしれっと販売終了! 次はクロスオーバー!? ボクらのスカイラインの行く末が心配だ!


 2022年5月16日、日産自動車はホームページでスカイラインのハイブリッドモデルのオーダー受付を終了したと発表した。

 あれから4ヵ月後となる、9月22日、スカイラインの一部改良モデルが発表された。プレスリリースの最後、価格表を見ると、なんとハイブリッドモデルがラインアップに載っていない! ついにハイブリッドモデルが、正式に販売終了となったのだ。

 そこでスカイラインの一部改良の内容と、今後のスカイラインの行く末について解説していきたい。

文/ベストカーweb編集部
写真/ベストカーweb編集部、日産自動車

【画像ギャラリー】現行V37スカイラインが一部改良! スカイラインはどこに行くのか? 写真をチェック!(6枚)画像ギャラリー

■ハイブリッドがついに販売終了!

この先、名車スカイラインはどこへ行ってしまうのか、非常に心配だ

 2022年5月16日にハイブリッドモデルのオーダー受付けがアナウンスされていたものの、実際にこうして正式に発表されると実に寂しいものだ。

 しかも今回のプレスリリースには、ハイブリッドモデルの販売終了の一文もなく、価格表にハイブリッドモデルが掲載されていなかったのだ。

 気づいて日産広報部に聞いてみたところ、「プレスリリースの本文には掲載していませんがハイブリッドモデルは販売終了となります」とのことだった。

 思えば2021年6月、日経新聞が「スカイラインの開発中止」という報道があり、それに対して、ノートオーラの発表会で星野朝子執行役副社長が「日産自動車は決してスカイラインを諦めません」とコメントし、安堵したことを覚えているだろうか?

 それは言うにおよばず、今回販売終了したのはハイブリッドモデルのみで、引き続きガソリンモデルについては生産・販売を続けていく方針だ。

■一部仕様変更と価格を改定し、10月末に発売

今回の一部改良で400Rに新たにミッドナイトパープルを追加

 さて、存続するスカイラインの一部仕様変更と価格改定の中身はどうだったのか? 

 以下、プレスリリースの一文を読んでいただきたい。

 「今回の一部仕様変更では、往年の「スカイライン」より受け継がれるDNAであるパワフルさやスポーティさを求めるお客さまからご好評をいただいている400Rのエクステリアカラーには新たにミッドナイトパープル(スレートグレーは廃止)を追加します。

 またインテリアには、シックな装いとプレミアム感を演出する「ブラウンインテリアパッケージ」を新たなオプションとして設定いたします。なお今回の仕様変更に伴い、グレード体系の見直しと価格を改定します」。

 重ね重ね言うが、「ハイブリッドモデルの廃止」という言葉は一切ない。実に寂しいではないか。

 価格はGT=456万9600~400R=589万9300円。一部改良とともに、原材料費高騰や各種法規制に適合させたため、エントリーモデルのGTで21万5600円、最上級グレードの400Rで27万3900円値上げされた。

インテリアには、シックな装いとプレミアム感を演出する「ブラウンインテリアパッケージ」をオプション設定
スカイラインのラインナップと価格

■ハイブリッドが廃止され、ガソリンエンジンが生き残る不思議

3L、V6ターボ・VR30DDTT(405ps/48.4kgm)を搭載する400Rは高く評価されている

 日産はe-POWERやBEVを中心とした電動化戦略を進めているのはみなさんもご存じのとおり。そうした時代にあって、なぜガソリン車を廃止せず、ハイブリッド車を見切ったのか。

 スカイラインハイブリッドは306psを発生する3.5L、V6と68psの電動モーターに2つのクラッチと7速ATを組み合わせるが、このシステムはモーター駆動、エンジン駆動、モーター+エンジン駆動と切り替えることができる、実にコストがかかったシステム。

 つまり、コスト高でVQ35HRエンジン自体も古く、排ガス規制の法規対応ができていないため、今回の生産終了につながったというわけだ。ちなみに同じシステムと搭載するフーガやシーマも2022年8月末で生産が終了している。

 現行V37型スカイラインは、2014年2月に登場してから紆余曲折があったモデルだった。登場当初はインフィニティエンブレムを付けたものの、2019年7月のビッグマイナーチェンジで日産エンブレムに戻したり、ダイムラー製の2L、V6ターボ(200GT-t)が登場したりと物議を呼んだ。

 そのいっぽうで、往年のスカイラインファンが歓喜したであろう、405psの3L、V6ターボを搭載した400Rの発売、さらに日産の最新運転支援機能のプロパイロット2.0を初搭載するなど、”いちおう”は、頑張っていたのだが……。

次ページは : ■次期スカイラインはクロスオーバーになる説が有力……

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ