インサイトは2度目の“復活” なぜ同じ車名使う? 車名復活の理由と背景


違うジャンルで車名復活を果たした例は?

2017年に発売された三菱のSUV、エクリプスクロス。三菱はかつて北米向けのクーペを「エクリプス」の車名で販売していた

 一方で、以前と異なるジャンル・コンセプトのクルマに、かつて存在した車名を活用して復活させているパターンもある。

■三菱 エクリプス→エクリプスクロス

 初代エクリプスは、今でも米国では一定の需要がある比較的手軽な2ドアクーペとして、日本では1990年に登場した。

 1995年登場の2代目モデル、日本にはオープンモデルが2004年に導入された3代目モデルともに米国製で、2005年登場の4代目モデルを最後に2012年に一度絶版となった。

 2018年に復活したエクリプスクロスはコンパクトSUVではあるが、クーペルックを持つ点で4代目までのエクリプスと共通することもあり、エクリプスの名を引き継いだ。エクリプスクロスは三菱らしい堅実なクルマで、今後はPHEVの追加なども期待される。

■三菱 ミラージュ

 ミラージュは1978年の初代モデル登場以来、当時のゴルフやカローラのライバルとして本来の実用車からモータースポーツのベース車両まで、幅広い層に愛されたモデルだったが、1995年登場の5代目モデルを最後に2000年で一度絶版となった。

 その後、2012年に三菱が現在のマーチクラスの小型車セグメントへモデルを投入する際に、「ミラージュ」の名が復活した。

なかには違う乗り物で車名復活を果たした例も!

“ハスラー”の愛称で親しまれたスズキの二輪、TSシリーズ(左)。その車名を活用する形となったのが軽自動車のハスラーだ

 また、なかには違う乗りもので車名が復活するパターンもある。これは二輪と四輪をともに作っているホンダとスズキに多い。

■ホンダ ジェイド

 ジェイドはもともと250ccエンジン搭載のネイキッドに分類されるバイクで1991年に登場し、1996年にホーネットを後継車にする形で姿を消した。

 ジェイドが四輪車の車名として復活したのは2013年のことで、まず中国向けが登場。日本でも2015年に登場したが、価格の高さや3列目の狭さなどを理由に販売は低迷。

 2018年のマイナーチェンジで価格を下げた5人乗りの2列シート車を追加するなどのテコ入れを行い、販売も回復しつつある。

■スズキ ハスラー

 ハスラーは、1969年から2000年頃までスズキでオフロードバイクに使われた車名だった。四輪では2013年に登場した軽クロスオーバーに「ハスラーの名前が似合う」ということもあり、命名され復活。

 “クルマのハスラー”はスタイルの良さや多用途に使える便利さを理由に、特に発売当初は長い納車待ちになるほどの人気車となり、現在も根強い人気を保っている。

◆  ◆  ◆

 車名の復活は、「名前や伝統を大切にしない」とか「継続性がない」という捉え方ができる反面、「あの名前がまた!」という好意的な捉え方もできる。

 それが本当にいいことなのか、悪いことなのか。ユーザーからの反響や人気が、その答えとなるだろう。

【主な車名の復活例】

・トヨタ:スープラ、RAV4
・日産:シーマ、クリッパー
・ホンダ:インサイト、ジェイド(四輪として)、NSX、インテグラ(二輪として)、CR-V、バモス、ライフ、Z、クロスロード
・三菱:エクリプス(クロス)、RVR、コルト、ギャラン、トッポ、プラウディア、ディグニティ
・スズキ:ハスラー(四輪として)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ