怖すぎ!? 逆にあり!? 新型デリカD:5の顔は現役何位か!? コワモテ顔ミニバン選手権

 2018年11月21日から先行受注が開始され、2019年2月の発売を予定している、新型デリカD:5。このビッグマイナーチェンジで、威風堂々としたコワモテ顔に変身しましたが、みなさん、この新しい顔を見て、どう思いましたか?

 また、アルファードやヴェルファイア、エスクァイアの人気ぶりを見ていると、ミニバンはコワモテ顔じゃないと 売れないのではないかと思ってしまいます。実際のところ、どうなんでしょうか?

 ということで、最新ミニバンのコワモテ顔選手権を開催。モータージャーナリストの清水草一さんがコワモテ顔ミニバンに迫ります。

文/清水草一
写真/ベストカー編集部


■誰もが驚くデリカD:5の顔

新型デリカD:5の顔のインパクトは凄い!

 マイナーチェンジを受けたデリカD:5の顔を見て、一瞬「すげえっ」と思いつつ、3秒後には「これはイイかもしれない……」と思い直した。

 今や、ミニバンといえばコワモテ顔がアタリマエ。いや、コワモテじゃなけりゃ売れない! 軽ハイトワゴンも含め、箱型車はおしなべてコワモテをラインアップすることが、販売面での絶対条件になっている。

 それを嘆く声もあることは事実。周囲を無意味に威圧するデザインはよろしくない」というのが、良識ではあるだろう。

 しかし、ここまでコワモテ顔が氾濫すると、これがフツーになってしまって、周囲への威圧感もあんまりないというのが実情ではないか? 

 もはやミニバンのコワモテ顔は、鬼瓦やシーサーのようなもの! あるいはお寺の門の両脇に立ってる仁王像でしょうか? 確かに仁王様、とってもコワイ顔ですが、慣れれば大丈夫だす。

 ということで今回は、コワモテ顔ミニバン選手権をやってみたいと思います。

■デリカD:5「デス・スター型コワモテ」

ミニバンはもはやコワモテ顔じゃないと売れない時代になってきたのか?

デリカD:5アーバンギアのフロントマスク

 デリカD:5の新しい顔のどこが「これはいいかもしれない……」なのか。

 それは、見たことのない種類のコワモテ顔である、という点だ。ミニバンのコワモテ顔は、ツリ目+メッキギラギラの巨大グリルが基本。

 イメージとしては、コワい顔のオッサンが思い切り口を開いて銀歯を見せつつ噛みつこうとしてるとか、あるいは猛烈に鼻の穴のデカいイノシシが突進してくるとか、ダースベイダーの親玉が私を殺そうとしているわ! とか、そういうコワい生き物を連想させる。

 ところがデリカD:5のコワモテは、それとは明らかに種類が異なる。あまり生き物には見えないのだ。あえて言えば遊星からの物体Xですか? 

 あ、それじゃ生き物ですね。とにかく、生き物っぽくないコワい顔なのです。たぶんキカイの一種だと思います。

 まぁ、よく見りゃ、生き物の顔に見えないことはない。真ん中が口で、それを「ヘ」の字に結びつつ、細い目が吊り上がってるという。しかしそうすると、左右の四角い目はナニ? ということになる。

 人間の脳は、「生き物の目は左右ふたつ」と認識しているので、ボディカラーにもよるけれど、目が4つあるデリカD:5の顔は、生き物には見えずらい。ヘッドライトを点灯させれば、目は下の四角だということがはっきりして、ますます生き物には見えなくなる。

 ジュークも目が4つですけど、あれはフォルムも各部も丸みを帯びているので、目が4つの昆虫に見えませんか? 

 つまり生き物です。でもデリカD:5は、どこもかしこも四角っぽい! ここまでメカメカしいコワモテ顔は初めて! そういうことなのです。

 ということで私はデリカD:5を「デス・スター型コワモテ」と名付けさせていただきました。生き物っぽくない分、威圧感はやや控えめだ。

■コワモテ度/70点

 では、そのほかのコワモテ顔ミニバンの判定に進みましょう。高得点順に並べてみました。

■アルファード「巨大銀歯コワモテ」

ミニバン界の帝王ともいわれているアルファード

 やっぱりコワモテ顔ミニバンのチャンプはオマエだぜ! ただコワモテというだけでなく、いまだに新鮮な驚きを与えてくれるのがステキ。

 コワモテフェイスが全体のフォルムによくマッチしていて、バランスがいいのも特長だ。今後は、この顔のグローバル展開を期待したい。

■コワモテ度/100点

■ヴェルファイア「化け猫型コワモテ」

先代モデルではヴェルファイアのほうがコワモテ顔だったが

 左右にエラのあるタイプと、ぽってりした唇の2タイプあるが、共通するのは上下2段のヘッドライト。デリカD:5の四つ目と違い、明らかに怖い生き物の目で、化け猫を連想させる。

 これに左右のメッキエラが付くと、エラが猫のヒゲに見えて、世の中にかなり深い恨みを持った化け猫フェイスの完成となる。ただ、兄弟車のアルファードの斬新さに比べると、あらゆる点で負けている。

■コワモテ度/90点

■ノア「鉄仮面型コワモテ」

大人しかったはずのノアが精悍な顔つきに

 ツリ目に超幅広のメッキグリルは、車格に対して思いっきり威圧感高し。それにしても顔中口ですなぁ。

■コワモテ度/80点

■ヴォクシー「エラ型コワモテ」

ヴェルファイアにも似たヴォクシーの顔つき

 最大の特徴は、左右のエラのようなビラビラ。口も思いっきりデカくて、ラッセル車を思わせる。クルマを左右にかき分けて進みたい気配がビンビンだ。

■コワモテ度/80点

■エスクァイア「ガイコツ型コワモテ」

ノア&ヴォクシー、エスクァイア三兄弟のなかではもっとも目立つエスクァイア

 巨大な縦桟のメッキグリルは、ガイコツの巨大歯か。あるいはプランクトンをこし取りながら前進するナガスクジラというところでしょうか。ホントに顔中口です。

■コワモテ度/80点

■エルグランド「クラシカルコワモテ」

こうしてよく見ると横線の入ったグリルはかなり大きいことがわかる

 コワモテ顔ミニバンの元祖は初代エルグランド。現行モデルもその流れを汲む。今やクラシカルかつ上品な部類なので、違和感がまったくなく、デカさのわりに、威圧感はやや控え目。

■コワモテ度/75点

■ステップワゴン「三白眼コワモテ」

5ナンバーミニバンのステップワゴンはコワモテ顔は普及してきた?

 ヘッドライト上部にまでメッキグリルを延長したような、N-BOXカスタムと共通するモチーフを持つ。目つきの悪さで周囲に威圧感を与える。

■コワモテ度/70点

■オデッセイ「一応コワモテ」

メッキグリルでコワモテ顔を演出

 ヘッドライトとグリルはごく普通のホンダフェイス。そこに一応メッキグリルを付けました、という、申し訳程度のコワモテ。

■コワモテ度/50点

■セレナ「スポーティコワモテ」

Vグリルとメッキで精悍な顔つきのセレナ

 かつてセレナハイウェイスターは、メッキギラギラで売りまくったが、現行セレナはメッキも控え目で、全体に上品かつスポーティ。オラオラ感よりもスピード感をアピールしている。

■コワモテ度/40点

最新号

ベストカー最新号

ニッポンの新しいクルマ77台総力特集|ベストカー4月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ニッポンの新しいクルマ77台総力特集と題し、ベストカーが把握している日本の新車をすべて紹介する!!  また、ももいろクローバーZの名物マネージャー、川上氏の不定期連載には、なんとももクロメンバー…

カタログ