お値段1700万円の空飛ぶバイクをドバイ警察が初採用!!! 動画

空飛ぶクルマやバイクというと、なんだかSF映画に登場する遠い未来の乗り物といった感じがするのだが、ついに現実となって現われてしまった。

アメリカ・カルフォルニアに拠点を構えるロシアのhoversurf社が開発した一人乗りの空飛ぶバイクが、ドバイ警察に採用されるとのことです。

お値段はなんと約1700万円! 1870万200円のGT-Rニスモよりちょっぴりお安いですが、みなさんはお金があったら、どっちを買いますか?

文/ベストカー編集部
写真、動画/Hoversurf社
初出/ベストカー2018年12月26日号


■これが白バイになったらビビってしまいます!

ホバーバイクS3はマンガンの安全性と低抵抗性、ニッケルの高エネルギー製のいいところ取りを狙ったハイブリッド電池、リチウムマンガンニッケル電池を採用。10分~25分のフライトが可能で、 満充電までの時間は家庭用電源でも2.5時間

この〝空飛ぶバイク〟S3は、ロシアのスタートアップ企業「Hoversurf」社が開発した電動ホバーバイクで、ドバイ警察が2020年を目標に白バイとしての導入を決めているのだという。パッと見た感じではホバーバイクというよりも、ひとり乗りのドローンといった印象を与える。

写真のS3を運転しているのはドバイ警察のパイロットだが、このS3の車体前後には回転翼が前後にふたつずつ、計4つ備えられたクアッドコプタータイプで、ひとり乗りのバイクのシートが装着されている。

そのボディは軽量で頑丈さがウリのカーボン製で、最高速は約96km/hだが、リミッターで速度制限されている。

■Hoversurf社公式サイトの動画はこちら!

操縦については、左右の操縦桿を握って垂直離陸を行うのだが、コンピュータによる専用自動制御プログラムが施されているという。

Hoversurf社によると、飛行時の最大高度は5mで、S3の連続飛行時間は有人の場合は最長でも約25分で、無人での自律飛行の場合は約40分だとか。

機体はこれまでのアルミボディからカーボンファイバー製のモノコックボディに変更され、重量は114kg。プロペラの上下の空気圧の差によって作動するパッシブ冷却システムはボディに組み込まれている。それぞれ33kWまで増加した新エンジンが搭載されている。新しい3枚羽根のカーボンプロペラは二重羽根のプロペラよりも10%静かで直径が5cm小さく、総推力は364kg

■スピード違反取り締まりで活躍?

最大高度は5mで垂直離陸を行う

で、ドバイ警察ではS3をどのように使うのかといえば、クルマでアクセスしにくい場所に到達するためのもので、具体的には事件の容疑者追跡や街中のパトロールなどで活用する予定らしい。

すでにS3専用のパイロットを2名訓練中で、今後はその人数を増やしていく計画なのだという。これでスピード違反取締りが行われたら、さすがにビビりますが、いまのところ、その予定はないようです。

機体重量は114kg。この重量は前モデルと変わらないが、アルミからカーボンファイバー製のモノコックボディにすることにより、重量を1/2に抑えることができたたため、その分をバッテリーに回すことで、よりハイパワー&長時間の飛行が可能になったとのこと。

■価格は意外に安い? 約1700万円!

そして、気になるこのS3のお値段だが、なんと15万ドル(約1700万円)。すでにHoversurf社の公式サイトで販売されているのだ。

ただし、発注時に予約保証金1万5000ドル(約167万円)を支払う必要があり、かつS3に搭載される新技術についてオーナーが秘密にできるかどうかの独自調査を同社が行い、そのオーナーが信頼に足るかどうかという条件をクリアしないといけない。

予約が可能になると、次に半額の7万ドル(約780万円)を支払い、製品を受け取る段階になったら残りの7万ドル(約780万円)を支払うという流れ。

ちなみに納品までは2~6カ月というから、意外に早いなという感じもするのだが……。

S3を購入してもいきなり運転できるわけがないため、ちゃんと3日間のトレーニングプログラムが用意されている。

この講習費用は1万ドル。Hoversurf社ハンガー利用料や空港使用料、3泊の宿泊料、プロトレーナーについてもらっての3日間の講習料&コース使用料、カスタムフライトスーツの料金が含まれている。

hoversurf社のテストパイロット

講習は最短3日間で終えられるが、基準に達していない場合は長期滞在が必要になる可能性もある。その場合はさらに費用がかかることになる。

さて、この空飛ぶバイク、日本で飛べるのだが、国土交通省によれば、航空法上「地面からの反力で浮いている」ものは航空機の定義には当てはまらないとこと。

となると、クルマやバイクと同じ道路を走るという解釈では道路運送車両法が適用されるが、この法律にホバーバイクの規制はない。まだ日本では法的にホバーバイクが飛べる状況ではないようだ。早急な法整備が待たれる。

セレブでお金持ちの国であるドバイ警察といえば、かつてブガッティベイロンにマクラーレンMP4-12C、ランボルギーニアヴェンタドールやフェラーリFFなど名だたるスーパーカーを次々にパトカーにしていたことで有名だが、そのうち今度は〝空飛ぶクルマ〟をパトカーにするかもしれない!?

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ