新型レクサスは超激戦区に波乱を起こせるか!? 今が旬の高級コンパクトSUV選手権

 今、高級コンパクトSUVの勢いが凄い。日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したボルボXC40をはじめとして、BMW X2、ジャガーEペースなどのニューモデルラッシュが続き、超激戦区となっている。そんなところへ、レクサスの最小SUV、レクサスUXが2018年11月27日に発売となった。

 発売からおよそ1カ月にあたる2018年12月25日時点でのレクサスUXの受注台数は月販目標台数900台の約9.8倍の約8800台に達し、絶好調のスタートを切っている。

 はたして、こうした超激戦区の高級コンパクトSUVのなかにあって、レクサスUXは何位に入るのか? ボルボXC40がまたトップを獲るのか? 輸入車、国産車の高級コンパクトSUVを、モータージャーナリストの石川真禧照氏がランキング!

文/石川真禧照 
写真/ベストカー編集部


■活況の高級コンパクトSUV

日本カー・オブ・ザ・イヤーの大賞を受賞したボルボXC40

 2018〜2019の日本カー・オブ・ザ・イヤーの大賞はボルボXC40に決定した。さらにエモーショナル賞はBMW X2が獲得した。この2車はともにコンパクトクラスのSUVなのだ。いかにコンパクトクラスのSUVが人気なのかわかる。

 コンパクトSUVを調べてみると、全長4.5m以下、価格も300万円台半ばから400万円台が中心で、各国の輸入車SUVがズラッと揃っているのだ。その車種の数は完全に国産コンパクトSUVを上回っている。

 “高級”というとドイツ御三家のSUVが真っ先に浮かぶが、メルセデスはGLA、BMWはX1、X2、アウディはQ2、Q3をラインアップ。大衆車の多いVWもこのところ上級車志向を強めており、ティグアンのディーゼル車も2018年8月29日から販売を開始している。

 ユニークなのはフランス車。最新のDS7クロスバックは全長4590×全幅1895×全高1635mmと大柄だが、DSはCセグメントでは最大のサイズと位置付け、ボルボXC40、BMW X2などをライバルとして挙げている。

 ボディサイズでいうと、欧州CセグメントとBセグメントのSUVは境目があやふやで、はっきりとこれがCセグメントに属します、と言いづらい状況になってきているので、今回はCセグメントとBセグメントの両方をノミネートしてみた。

 国産車ではこのカテゴリーにエントリーできるのはレクサスUX(390万~535万円)。マツダCX-3、スバルXVは価格帯が違い過ぎることもあり、エントリーを見送った。

■国産&輸入車コンパクトSUVベスト10!

 ということで、国産、輸入車の高級コンパクトSUVは14車種のなかから、ベスト10をランキングしてみた。選考基準は、日本の道路状況や生活環境での使いやすさと、クルマが持つSUVとしての魅力度だ。あとはそのクルマの新鮮度も、ユーザーとしては関心が高いと思い、ランキング選考に加味した。

 ルノーカジャー(14位)やルノーキャプチャー(13位)、プジョー3008(9位)、DS7クロスバック(10位)というフランス製が下位なのは、駆動方式がFFということもあるが、上級感がイマイチだから。

 12位のアメリカンのジープコンパスも運転性能は評価できるが室内の素材感がイマイチ。11位のVWティグアンは全高が高く、今回の最新SUVという縛りのなかでは、旧SUV的なので順位を下げた。

 DS7クロスバックはそのなかでもフランスの高級ブランドを用品として使用するなど頑張っている。プジョー3008はFF車ではあるが、トランクションコントロールをベースにプログラミングされたメカを採用し、雪、砂、泥などの走行対応、下り坂のヒルディセントコントロールも備えているのでベスト10入りさせた。

■10位/DS7クロスバック

プジョーシトロエングループが2014年に立ち上げた高級ブランドがDS。その最上級モデルで、2018年7月に日本にデビュー。1.6Lディーゼルと2Lガソリンに8速ATを装備。シトロエン譲りのロールを伴うしなやかな足回りは健在。インテリアのクオリティとデザインはフランスの高級車の雰囲気。駆動はFFのみ

○ドイツ車やイタリア車にはないおしゃれな内装
×峠道には不向きな足回り

■価格:469万〜562万円
■ボディサイズ:全長4590×全幅1895×全高1635mm
■エンジン:2L、直4ディーゼルターボ(177ps/40.8kgm)。1.6L、直4ターボ(225ps/30.6kgm)

■9位/プジョー3008

プジョーの新しいベンチマーク。ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2017を受賞している。スタイリング、インテリアデザインも個性的。装備も先進安全性能は充実している。駆動方式はFFだが、アドバンスドグリップコントロールが駆動輪へのトルクとブレーキングを微妙にコントロールし、4輪駆動に負けない走破性を体感させてくれる

○使い勝手と乗り心地のソフトさ
×先進すぎる斬新なデザインのiコクピットと小径ステアリング

■価格:357万〜405万円
■ボディサイズ:全長4450×全幅1840×全高1630mm
■エンジン:1.6L、直4ターボ(165ps/24.5kgm)。2L、直4ディーゼルターボ(177ps/40.8kgm)

 8位のアウディQ3はすでに新型が本国で2018年7月にデビューしており、同年11月からデリバリーが始まっている。日本導入は早ければ2018年春になるだろう。今回は、購入してもすぐに旧モデルになってしまうので順位を下げた。

■8位/アウディQ3

日本での現行モデルは2012年デビューのモデルで、アウディブランドのなかでも販売面で成功した。欧州では2018年11月から新型Q3がデビューしているが、それでも日本でまだ販売している現行モデルを10位以内に入れた

○余裕のある室内高。クリーンなエクステリア、インテリアデザイン
×先進安全運転に対する装備が遅れ気味

■価格:369万〜469万円
■ボディサイズ:全長4400×全幅1830×全高1595mm
■エンジン:1.4L、直4ターボ(150ps/25.5kgm)。2L、直4ターボ(180ps/32.6kgm)

 BMW  X1は7位だが、新しく登場したX2が魅力的なのと、デビュー4年目ということでこのポジション。2017年に登場したベンツGLAに後塵を浴びることになった。

■7位/BMW X1

2010年に初代X1がプレミアムコンパクトセグメントで初めてのSUV(BMWはSAV=スポーツアクティビティビークル)として発売。現行モデルは2015年10月に発売。パワートレインは、1.5L、直3ターボや2L、直4ディーゼルターボなど多彩なバリエーションがある

○ディーゼルターボ+8速AT+4輪駆動xDriveシステムを搭載するなど走りの楽しさと安定感。使えるサブトランク。4/2/4分割の後席背もたれ
×振動の多さが気になる

■価格:420万〜628万円
■ボディサイズ:全長4455×全幅1820×全高1610mm
■エンジン:1.5L、直3ターボ(140ps/22.4kgm)。2L、直4ディーゼルターボ(150ps/33.7kgm)。2L、直4ターボ(192ps/28.6kgm)。2L、直4ターボ(231ps/35.7kgm)

■6位/メルセデスベンツGLA

メルセデスベンツのSUVのなかで、エントリーモデルとして2017年春に加わった。1.6Lのガソリンターボのほかに2Lターボをメインエンジンにしている。最強はメルセデスAMGのGLA45

○日本市場を意識し、全高を1550mmに抑えたこと。1.6L、直4ターボはスポーツモードを選択すれば速い
×ドライビングポジションを高めにすると、乗車時にドア上縁に頭をぶつけることがある。

■価格:406万〜523万円、GLA45AMGは808万円
■ボディサイズ:全長4430×全幅1805×全高1505mm
■エンジン:1.6L、直4ターボ(122ps/20.4kgm)。2L、直4ターボ(184ps/30.6kgm)。2L、直4ターボ(211ps/35.7kgm)。2L、直4ターボ(381ps/48.4kgm、GLA45AMG)

■いよいよ上位5車の発表!

5位/ジャガーEペース

ジャガーの100年の歴史のなかで初のSUV、Fペースに次ぐSUV。車体はやや幅広ではあるが、足回り、居住空間は広く、ゆったりしている。パワーユニットは2L、直4ディーゼルターボとガソリンはスペックの違う2Lターボが2種類用意。スタイリングはFタイプクーペからヒントを得ている。とくにディーゼル車の実力は一級品

○4WD+ディーゼルは経費の面からも人気モデル
×インテリアの質感をもう少し上げてほしい

■価格:461万〜764万円
■ボディサイズ:全長4410×全幅1900×全高1650mm
■エンジン:2L、直4ディーゼルターボ(180ps/43.9kgm)。2L、直4ターボ(249ps/37.2kgm)。2L、直4ターボ(300ps/40.8kgm)

 上位5車はどれもスタイリングは個性的だし、ブランドバリューもある。そのなかでジャガーEペースは、全幅が1.9mというのが扱いやすさの点でマイナスポイント。

 ほかの上位4車に差をつけられた。その点で、ジャガーEペースを抑えたアウディQ2は、ボディサイズのコンパクトさと、他のQシリーズとは異なるボディデザインの新しさが印象的。FF車というのが引っかかるが、都会のユーザーは十分だろう。所有しての楽しさ、新しさと満足度でこのポジションにした。

■4位/アウディQ2

2017年4月に発表されたアウディでもっともコンパクトなSUV。全長は4.2mしかない。後席のヘッドスペースは170cmクラスでもOKだが、レッグスペースはミニマム。エンジンは1L、直3ガソリンターボと1.4L、直4ガソリンターボ。いずれもFF車のみの設定

○他のQシリーズとは異なるCピラーのデザイン
×どのモードでも硬めの乗り心地

■価格:299万〜411万円
■ボディサイズ:全長4200×全幅1795×全高1500mm
■エンジン:1L、直3ターボ(116ps/20.4kgm)。1.4L、直4ターボ(150ps/25.5kgm)

■注目のベスト3!

3位/BMW X2

SUVの世界に新しいデザインコンセプトを導入したモデル。車名はx1の次ということでX2だが、ボディ全長はこちらのほうが短く、クーペ的な要素が強い。ドライビングアシストやコネクテッドドライブに関しては進んでいる。20インチタイヤを装着し、走りのよさをアピール

○スタイリッシュなデザイン。実用性の高い室内
×特になし

■価格:436万〜515万円
■ボディサイズ:全長4375×全幅1825×全高1535mm
■エンジン:1.5L、直3ターボ(140ps/22.4kgm)。2L、直4ターボ(192ps/28.6kgm)

■2位/ボルボXC40

新開発の小型車向けプラットフォームを採用したボルボ初のコンパクトSUV、XC40は2018年3月にデビュー。18種類以上の先進安全・運転支援技術を標準装備している。パワーユニットは2種類の2LガソリンターボでFFと4WDが組み合わされている

○安全装備の充実とおしゃれな内外装。210mmの最低地上高
×意外と大きなボディサイズ。燃費があまりよくない(JC08燃費12.4〜13.6km/L)

■価格:389万〜549万円
■ボディサイズ:全長4425×全幅1875×全高1660mm
■エンジン:2L、直4ターボ(T4、192ps/30.6kgm)。2L、直4ターボ(T5、252ps/35.7kgm)

 2位のXC40は、全幅が1875mmとワイドで、全高も1660mmと、3車のなかでは機械式駐車場に入らず、取り回しがよくないことが日本でのマイナスポイントか。

 BMW X2とレクサスUXは、X2がデビュー直後ということもあり、モデルバリエーションが少なく、ユーザーを限ってしまうのがマイナスポイント。

■1位/レクサスUX

レクサスシリーズに2018年11月27日に加わった都会派コンパクトSUV。新開発の2L、直4ガソリンターボエンジンやハイブリッドを用意。ヘッドライトにはじまり、インテリアも高級感に溢れている。さらに走行性能も安定感があり、新しいレクサス像を実車化している。カラーセンスも群を抜いている

○久々にレクサスブランドにふさわしい上級感のあるクルマ作り
×グレード、仕様による差が大

■価格:390万〜535万円
■ボディサイズ:全長4495×全幅1840×全高1540mm
■エンジン:2L、直4ターボ(174ps/21.3kgm)。ハイブリッドは2L、直4(146ps/19.2kgm)+フロントモーター(109ps/20.6kg)+リアモーター(7ps/5.6kgm)

 その点、レクサスUXはバリエーションも豊富だし、ハンドリングのレベルも、これまでのレクサス車にはなかったしっかり感、しなやかさがあり、レクサスのベストSUVと呼んでもよいクルマに仕上がっている。

 特にデザインはレクサス車のなかでもキレがあり、若々しく、斬新である。アウディQ2やBMW X2を見ればわかる通り、SUVのエントリーモデルは、購入ターゲットの年齢層が若いので、ほかのモデルとは違う型破りというか、デザインの斬新さが必要なのだが、レクサスUXそれを見事に突破していると思う。

 久々に、人に薦められるレクサス車という印象ということで1位にした。

レクサスのエントリーモデルだけに若々しいデザイン

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ