これはガチで市販前提!! フォレスターSTIがオートサロンに登場!!

■新型フォレスターにSTI仕様が用意!!

 スバルは2019年12月25日、東京オートサロン2019(1月11日開幕/幕張メッセ)の出品車を公開した。

FORESTER(STIコンセプトモデル)(参考出品車)

こちらはリアスタイル。まだ実車は完成していないのか、CG2点の公表となった

 メインの出品車は、STIとコラボレーションした「FORESTER(STIコンセプトモデル)」、「IMPREZA (STIコンセプトモデル)」、STIのパフォーマンスパーツを装着した「LEVORG (カスタムパーツ装着モデル)」、WRX STIをベースに専用装備を施した「WRX STI(カスタムパーツ装着モデル)」。

IMPREZA(STIコンセプトモデル)(参考出品車)。こちらはどちらかというと高級志向か。かつてレガシィにあった「ブリッツェン」を思い起こさせる雰囲気で、こちらも市販前提車といっていい完成度に違いない

 また、レース車両としては、2018年にクラス優勝を果たしたニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦車「WRX STI NBR CHALLENGE 2018」や、SUPER GT参戦車の「SUBARU BRZ GT300 2018」の展示を行う。

 スバルといえば、近年多くのモーターショーでSTIと共同でブースを展開し、多くのコンセプトカーをほぼそのまま市販してきた前例がある。さらに近年は「STI Sport」という名前でレヴォーグやBRZにスポーツグレードを設定してきている。

 となると、今回出品される(2018年7月に発売された)新型フォレスターのこの「STIコンセプトモデル」は、確実に(2019年中にも)市販される…と考えていいだろう。

 参考出品車に関して、スバル側の商品解説は以下のとおり。

====公式リリースからの引用ここから====

 FORESTER(STIコンセプトモデル)は、「Advance」をベースに、e-BOXERの先進的な走りにSTIが更に磨きをかけたモデルです。外装は、専用色「ファイターグレー」を採用しアルミホイールを19インチ化。さらにbrembo製フロントモノブロック対向6ポットキャリパーを装着することで、運動性能の高さを予感させる仕様としています。
 IMPREZA(STIコンセプトモデル)は、「2.0i-S EyeSight」をベースに、専用の内外装パーツを装着。内装は、質感の高いボルドー内装を採用しました。

====公式リリースからの引用ここまで====

 ぜひとも東京オートサロン会場で、その完成度を確かめてきたい。

スバルとSTIの合同ブース。物販や開発者のトークショー、クルマが当たるアンケートなどが実施される

最新号

ベストカー最新号

新型ヤリス GRは250馬力|ベストカー 3月10日号

 いつもより1日早い2月9日発売の自動車情報誌「ベストカー」最新号は、注目の話題が目白押し。新車スクープ情報では、トヨタを代表する世界戦略コンパクトカー「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)に関する新情報を入手。  その頂点に位置する4WDターボモ…

カタログ