【カローラ フィット ヴィッツ…】平成30年間で最も売れた車 ベスト10 

【6位~4位】ナンバー1候補の大ヒット車が早くも登場!?

■6位:日産 マーチ(1982年10月~)/211万8450台

現行型は2010年に発売されたマーチ。タイ生産となり、日本での販売は落ちたが、それでも6位にランクインする日産きっての人気コンパクトカーだ

マーチはリッターカーとして1982年に登場し、初代モデルは平成3年(1991年)まで販売。初代は登場から7年以上が経った平成に入っても、ターボ+スーパーチャージャーというエンジンで、パワステもない「スーパーターボ」と、お買い得な「iZ」という両極端なグレードがあり、堅調に売れていた。

マーチが大躍進するのは、1992年登場の2代目モデルから。2代目は「とにかく真面目で堅実なリッターカー」というキャラクターを持つ全体的使いやすい車であった。

それだけにバブルが崩壊し、贅沢をし過ぎた反省や慎ましやかな流れとなった日本において、2代目マーチはちょうどいい存在となり、登場から時間が経つに連れて販売台数が伸びた珍しい車だった。

2002年に登場した3代目モデルも好調な販売をキープ。しかし、2010年登場の4代目となる現行モデルはタイで生産され、特に安いわけでもない魅力に欠けるコンパクトカーとなってしまった。

もうすぐ登場から9年が経ちながらフルモデルチェンジの噂も聞こえないなど、残念ながらマーチは現在の日産の国内軽視を象徴する存在となってしまった。

■5位:トヨタ ヴィッツ(1999年1月~)/215万8043台

まさにコンパクトハッチバック人気の火付け役といえるヴィッツは現行型で3代目。2013年デビューと古いが、途中ハイブリッドの追加などもあり、未だに販売台数上位に顔を連ねている

初代ヴィッツは、日本において、スターレットとその上のターセル、コルサ、カローラIIを統合する「世界に通用するコンパクトカー」として登場。

初代モデルだけでもファンカーゴ、プラッツ、bB、イストなどの派生車も多数誕生。初代ヴィッツは、ヨーロピアンなデザインなどを理由に2002年まで年間10万台を超える販売をキープ。2005年登場の2代目モデルを経て、2010年に現行3代目モデルが登場。

現在ヴィッツは「ヤリス」の名でWRC(世界ラリー選手権)に参戦し、スポーツモデルのGR系も設定。アクアの登場で以前ほど売れていないにせよ、存在感を再び高めている。

また、ヴィッツはレース、ラリーなど底辺のモータースポーツを長年支えており、その点でも価値のあるモデルだ。

■4位:トヨタ プリウス(1997年10月~)/254万3670台

平成生まれヒット車の代表格、プリウス。2017年も年間販売台数ナンバー1に輝いたが、そのプリウスをしてもベスト3入りはならず

初代プリウスは、将来的にカローラやコロナのカバーも想定した「世界初のハイブリッドカー」として登場。現在でもトヨタのハイブリッド車の基礎となっている2モーターハイブリッドシステムやボディサイズの割に広いキャビンといったパッケージング、ハイブリッド普及のため215万円という内容を考えれば激安な価格も含め超意欲作であった。

しかし、当時はガソリン価格の安さに加え、ハイブリッド車が未知のものだったこともあり、初代の日本での販売台数は、6年間で約7万台程度と現在の快進撃が想像できないほど低調なものだった。

2003年に劇的な進化を遂げた2代目モデルが登場し、プリウスに知的なイメージが根付いたことやガソリン価格高騰という追い風もあり、プリウスは月5000台程度売れる量販車に成長。

そして、2009年登場の3代目モデルはキープコンセプトながら、リーマンショックによる不景気の始まりに素早く対応。性能や装備の大幅向上にも関わらず、205万円~というパンチのある価格で登場。

さらに、景気刺激策のエコカー減税や新車購入補助金も追い風となり、注文が殺到するプリウスショックを起こした。一時は1年近い納期となり、年間販売台数も20万台越えをキープ。今では日本の国民車的存在の1台に躍進した。

プリウスはハイブリッド車のパイオニアという面で「熟考のうえ、やると決めたことは時間を掛けてでも、必ずモノにする」というトヨタの素晴らしいDNAを象徴するモデルでもある。

次ページは : 【3位~1位】プリウスを抑え平成で最も売れた車は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!