【これが世界最高峰のスポーツセダン】新型BMW3シリーズ唯一の対抗馬は?

  2019年1月に日本で発表された新型3シリーズ。世界中のスポーティセダンのお手本ともいえる3シリーズだが、コンパクトな中にも操縦性、そして運転する楽しさも備える1台だ。

 新型もスペックを見るにつけ、これまでの3シリーズ同様の期待感もある。しかし、どうも大きく感じるのは気のせいではなく、実際にホイールベースは40mmも伸びている。

 試乗インプレッションはまた次回として、まずは新型3シリーズの紹介をしよう。

文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部、BMW
ベストカー2019年2月10日号


■7代目3シリーズは452万円から!! ディーゼルは2019年内か

 ついに待望の新型BMW3シリーズ、通称G20型7代目モデルの日本仕様がその姿を現わした。

 Dセグにおけるスポーツセダンの代名詞的存在であり、全世界累計で1500万台以上を販売してきたBMWの屋台骨を支えるモデル。

日本でお披露目された新型3シリーズ。デザインは大きな変化を感じないが、全体的に大きくなっている印象を受ける

 自他ともに認めるベンチマークだけにその進化度が気になっているクルマ好きも多いはず。先代モデルとなった6代目のF30型との違いなどについて詳細をお伝えしよう。

 ちなみに新型3シリーズの発売自体は、3月9日から全国のBMWディーラーで始まるのだが、すでに1月30日からオーダー受付は開始。

リアスタイルはより筋肉質な感じになった。5シリーズと見間違えるかも??

 今回、発表されたのはベーシックグレードとなる320iがSE(452万円)とスタンダード(523万円)、Mスポーツ(583万円)の3つ。

 また、上級グレードの330iはMスポーツ(632万円)のみの設定となった。このうち、最廉価グレードとなる320i SEは2019年中旬頃の発売予定で、遅れてラインナップに加わることになる。

 先代型がガソリン、ディーゼルと各々のパワートレーンごとに「標準」「スポーツ」「ラグジュアリー」「Mスポーツ」という基本的に4グレード設定だったことを思えば新型のグレード構成はかなりシンプルになったといえるだろう。

 大人気のディーゼルモデルについては2019年中にも日本導入になりそう。

■パワートレインは緩やかなブラッシュアップ!! 6気筒はまだか!!

 新型のパワートレーンは両グレードとも直噴ガソリンターボのみで、320i、330iのいずれもチューニング違いの直4、2L DOHCターボを搭載。

 スペックは320iが184ps/30.6kgm、330iが258ps/40.8kgmとなる。先代型の320iが184ps/27.5kgmだったので、パワーこそ同じものの最大トルクは3.1kgmも向上している。

直列4気筒エンジンがメインとなる3シリーズ。今後は日本市場にも6気筒モデルなどのラインアップも導入されるだろう

 また、330iは先代型の252ps/35.7kgmからパワーで6ps、最大トルクで5.1kgmもアップされているのだ。

 BMWジャパンで新型3シリーズの開発に携わった御館康成プロダクトマネージャーは「日本市場はBMWの6大市場(米中日独英伊)に位置づけられており、新型3シリーズ開発初期段階から企画立案に参加しています」と語る。

 その言葉を裏づけるかのように、実は320iの2Lターボは日本専用チューンをわざわざ施しており、欧州などの初期生産には設定のないエンジンだ。

■全幅はついに1800mmを超えてきたが……

 新型のボディサイズは全長4715×全幅1825×全高1440mmで、先代型から全長で70mm、全幅で25mm延長されている。

 実は先代型も欧州仕様では全幅が1845mmあったのだが、日本仕様ではドアハンドルを照明のない独自設計で立体駐車場に駐車可能な1800mmに抑えていたが、新型はついに1800mmの壁を越えてワイドに。

インテリアはよりスポーティな印象。写真は欧州仕様だがもちろん日本仕様は右ハンドルでドライバーオリエンテッドなインパネも健在

 ホイールベースは2850mmで先代から40mm延長され、前後トレッドも各々43mm、21mm拡大されてワイド化。

 シャシーについては10mm先代から低重心化され、ホイールベースとトレッドの比率は1.78。FRスポーツの新型スープラでトヨタが”黄金比”という1.6だったことを考えれば、セダンとしては異例のレベルだという。

 もちろん、とことん走りにこだわる3シリーズだけに前後重量配分は理想の50:50をキープ。

 また、先代と比較して55kgの軽量化を果たしており(※欧州仕様での値)、320iに関しては8速ATがレシオをワイド化してブラッシュアップされている。

 また、3眼カメラと高性能プロセッサー、レーダーを組み合わせた最先端運転支援システムに加え、8シリーズから導入されたリバース・アシスト機能を採用。

大きくなった3シリーズ。しかしその乗り味のレベルはきっと高い位置で安定しているはずだ。ボディサイズの拡大がどのような影響を及ぼすか、今後の試乗記に期待してほしい

 これは直前に前進したルートの最大50mまでを記憶し、その同じルートで正確に35km/h以下でバックするシステム。狭い道でのすれ違いの際に便利だ。

 このほか、BMW初となるAI採用のBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを導入。

 従来の音声入力よりも自然な会話に近い言葉での車両操作や情報へのアクセスが可能になる。新型もやはり3シリーズは”駆け抜ける歓び”にあふれているのか、注目したい。

■新型3シリーズのライバルはいかに?

 いよいよ日本導入が始まる新型BMW3シリーズ。欧州Dセグメントといえば、この3シリーズが歴代でも絶えずベンチマークとしてターゲットとされてきたワケだが、欧州を中心にライバル車たちも実力派ぞろい。

 そこで、新型3シリーズはこの並みいるライバルを相手にどうアドバンテージを築くのか。鈴木直也氏に聞いてみた。

★★★

 歴代モデルもそうだけど、3シリーズってやはり実際に試乗してみないことにはすべてわからない。でも、乗ると不思議にさまざまな部分でライバルを超えているのが3シリーズたる所以だ。

 まず、国産勢から見ていくと、明らかに旗色が悪い。レクサスIS、そしてスカイラインがカテゴリーとしては重なるけど、いずれも登場してからかなり経っていて、新型3シリーズのライバルにはなり得ないと思う。

 そうなると、国産勢ではカテゴリーがやや上のクラスながらクラウンが唯一対抗できるモデルになる。

プラットホームから煮詰めたクラウン。ハイブリッドがメインとなるがBMW3シリーズの対抗馬としては少し分が悪い?

 もちろん、ねらっているターゲットや価格帯などは微妙にズレているからガチではないにせよ、現行型はTNGAになってかなりよくできてます。

 とはいえ、クラウンはあくまでハイブリッド主体のドメスティックカー。2Lターボもあるけど、正面から受け止める存在ではないよね。

 やはり、真の相手は欧州勢。メルセデスベンツCクラスは昨年直4の1.5Lターボに48Vのマイルドハイブリッドを組み合わせたC200を出すなど、精力的に改良しているし、アウディA4も今年発表されるビッグマイチェンモデルでマイルドハイブリッドを追加するらしい。

 ただ、新型3シリーズはADAS系の進化にますます「5」に近づくであろう乗り味。圧倒的な上級感が味わえるはずで、今から試乗できる日が非常に楽しみ。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ エスティマの大進化|ベストカー4月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、エスティマが2021年にミニバン市場に参戦決定の情報を入手した。エスティマの開発は中断という情報が出たが、次世代の新たなモビリティとして絶賛開発中ということだった!!  今月開催されたジュネーブ…

カタログ