もうすぐ出る! デミオディーゼル~ハイブリッドを除くJC08燃費No.1へ!~

軽とハイブリッドを除いた

JC08モード燃費ナンバーワン目指す!!

驚異の28.0㎞/ℓを達成!?


もう間もなく、8月中には発表される予定の新型デミオ。スケジュール的には9月から正式に販売がスタートするが、注目のディーゼル車はそこから2~3カ月遅れそうだ。そんな折、6月10日にマツダから次期型デミオに搭載される1・5ℓのクリーンディーゼル、「SKYACTIV-D 1・5」の概要について発表された。

新型デミオで最も注目される1・5ℓのクリーンディーゼルだけに、大きく期待できそうな数値が並んだ。それによると、スペックは最高出力105㎰/4000rpm、最大トルク25・5㎏m/1500~2500rpm。国内モデルとしては初めてとなる小排気量クリーンディーゼルとして登場する。

すでにアクセラやCX-5に採用されている2・2ℓのクリーンディーゼルと同様、2ℓ以下のクリーンディーゼルでは最も低い低圧縮比14・8を採用しながらポスト新長期規制をクリアしているのが特徴で、高価なNOx後処理装置なしに高い環境性能と2・5ℓガソリンエンジン車なみの走りを実現しているという。

マツダお得意のアイドリングストップ、「i-stop」と減速エネルギー回生システム、「i-ELOOP」のほか、トランスミッションの「SKYACTIV-DRIVE」「SKYACTIV-MT」を組み合わせ、軽とハイブリッド車を除く内燃機関搭載車としてナンバーワンのJC08モード燃費をねらっていることを公言している。

現在、軽とハイブリッド車を除いたJC08モードナンバーワンは今年4月にマイチェンを受けたパッソの1・0Xだ。


軽やハイブリッドを除いたJC08モード燃費ナンバーワンは今年4月にマイチェンを受けたパッソの27.6㎞/ℓ。デミオはこれを超えるb
軽やハイブリッドを除いたJC08モード燃費ナンバーワンは今年4月にマイチェンを受けたパッソの27.6㎞/ℓ。デミオはこれを超える!

 圧縮比の向上やフリクションを低減したことにより、27・6㎞/ℓをマークする。マイチェン前が21・2㎞/ℓだったので一気に6・4㎞/ℓも向上させていた。それに続くのがミラージュのAS&G搭載車がマークする27・2㎞/ℓで、さらにスイフト1・2ℓDJEの26・4㎞/ℓ、フィット1・3Gの26・0㎞/ℓ、ノートS DIG-Sの25・2㎞/ℓ、ヴィッツF1・3ℓの25・0㎞/ℓと続く。

このようにメーカー各社から燃費自慢のコンパクトカーがひしめき合っているなか、マツダはこのデミオディーゼルでJC08モード28・0㎞/ℓをねらう。実燃費がいいクリーンディーゼルだけに、JC08モード燃費ではかなわないアクアやフィットハイブリッドと並ぶ22・0~24・0㎞の実燃費をマークすることは充分可能だろう。

また、高分散噴霧のソノレイドインジェクターと段付エッグシェイプピストンを新たにこの1・5ℓクリーンディーゼルに採用し、過度燃焼制御技術で冷却損失を抑制し、火炎の壁面接触を低減している。

このほか、このSKYACTIV-D 1・5では、従来の2・2ℓから次のような新たな追加技術を採用している。

■高圧&低圧EGR(排気ガス循環)システムを採用して均質リーン化領域を拡大し、燃費性能とフィールを向上

■エンジン冷却に冷却水制御バルブ(CCV)やウォータージャケットスペーサーを採用し、燃焼効率改善と機械抵抗低減を実現

■回転センサー付き可変ジオメトリーシングルターボの採用で低速から高速まで充分な過給圧を確保(SKYACTIV-D 2・2は2ステージターボを採用している)

■吸気管一体式の水冷インタークーラーで加速レスポンスと過給効率を向上

そして、組み合わされるミッションは6ATと6MTの両方が設定されるというから、これもマツダらしい。

ボディサイズについてはコンセプトモデルの跳(HAZUMI)は全長4070×全幅1730×全高1450㎜と3ナンバーサイズだったが、市販型の次期デミオでは現実的に全長3950×全幅1695×全高1470㎜に落ち着きそうだ。


demio_back
満を持して登場する新型の4代目デミオは待望のフルSKYACTIV車となってコンパクトカーの勢力図を描き換える!?

車重はコンパクトなデミオゆえに1200㎏程度で、シャシーやボディ、トランスミッションがフルSKYACTIV化されるうえ、ガソリン2・5ℓNA級のトルクを凌駕するディーゼルエンジンが搭載されるのだからそのパフォーマンスの高さは「推して知るべし」だろう。楽しみに待ちたいところだ。

気になる価格だが、ライバルと目されるアクアとフィットハイブリッドの売れ筋グレードが170万円台中盤に設定されている関係上、170万~180万円に設定されそう。ハイブリッド車2台より圧倒的に走りの楽しさを持つと予想されるデミオディーゼルだけに価格訴求力の面でもアピールできそうだ。

ディーゼルのほか、ガソリン車は現行のSKYACTIV-G 1・3ℓの改良版とアクセラに積まれるSKYACTIV-G 1・5ℓの2本立て。発表が今から非常に待ち遠しい一台だ!!


skyactiv
国内では最小排気量のディーゼルエンジンとなるSKYACTIV-D。最大トルク25・5㎏mはガソリン2・5ℓNA車をも凌駕する!!

新型デミオ 予想スペック

全長 3950㎜
全幅 1695㎜
全高 1470㎜
ホイールベース 2510㎜
車両重量 1200㎏
エンジン
直4DOHC1497㏄
最高出力
105㎰/4000rpm
最大トルク
25.5㎏m/1500~2500rpm
ミッション 6AT/6MT
JC08モード燃費 28.0㎞/ℓ
価格 170万~180万円

 

 

最新号

ベストカー最新号

新型ヤリス GRは250馬力|ベストカー 3月10日号

 いつもより1日早い2月9日発売の自動車情報誌「ベストカー」最新号は、注目の話題が目白押し。新車スクープ情報では、トヨタを代表する世界戦略コンパクトカー「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)に関する新情報を入手。  その頂点に位置する4WDターボモ…

カタログ