歴代最高MINIはどれだ??愛される理由と積み重ねた工夫 愛され続けて60周年

 アレック・イシゴニスによるADO15の初代ミニ(クラシックミニ)が誕生してから、今年で生産60周年を迎え、BMWブランドのニューミニが誕生してから18年が経つ。

 初代以来、日本でも根強い人気で、2018年のモデル別輸入車販売台数においてナンバー1を獲得している。

 今回は、クラシックミニ以外、2001年~2006年の第一世代、2006年~2013年の第二世代、そして2013年以降の現行第三世代における、歴代最高のニューミニは何か、考察していこう。

文/御堀直嗣、小沢コージ
写真/ベストカー編集部、BMW
初出/ベストカー2019年3月26日号


■初代クラシックミニは歴史的名車

1959年に誕生したミニはイギリスでオースチンセブン、モーリス・ミニ・マイナーの車名で販売

TEXT/御堀直嗣

 1959年に、英国で誕生したBMC(ブリティッシュ・モーター・コーポレーション)のミニは、その姿から新時代を切り拓く存在に見えた。そして、オスマン帝国(現在のトルコ)生まれのアレック・イシゴニスによって、斬新な案が散りばめられている。

 イシゴニスに与えられた命題は、第二次世界大戦後の英国でガソリン配給制が復活しても堪え、かつ、すぐ生産開始できる小型車開発だった。

 イシゴニスがまず思い描いたのは、全長3m、全幅と全高が1.2mの箱だ。その中に、大人4人が乗れる空間を確保する。もちろん、荷室とエンジンルームもいる。この寸法は、現在の軽自動車規格より小さい。

 エンジンは、BMCにあった850㏄の直列4気筒を使いながら、横置きとし、変速機をエンジン下に配置することで、駆動系の寸法を切り詰めた。後輪駆動用だったエンジンと変速機を上下に配置し、横置きの前輪駆動とすることにより、駆動系の寸法をほぼ半分に縮めている。

 サスペンションは、イシゴニスが永年こだわった4輪独立式とし、ゴム製のバネを使って空間の制約を守った。これにより、乗車人数によって車高が変化するのを抑え、なおかつ乗り心地を満たした。

 しかし発売してみると、一般消費者の反応は鈍く、逆に、富裕層が絶賛したことで勢いを得た。

 また、レースを得意とした町工場を率いるジョン・クーパーが、友人であるイシゴニスの開発したミニを愛用し、強化したミニ・クーパーが、1961年に誕生した。

 F1王座を獲得する実力のクーパーが手を加えたミニ・クーパーは、ガソリン配給にも堪え得る小型車として開発されたミニに、大きな箔をつけた。

 合理的でありつつ、しかも本物志向の開発が、ミニを世界に知らしめ、多くの愛好家を増やしていった。歴代最高のミニと評されるのも当然といえるだろう。

■ニューMINIを中古で買うならベストはどれ?

TEXT/小沢コージ

 歴代最高のミニとなると歴史的名車の一台と評される初代クラシックミニとなるわけだが、その後に誕生したBMW製ニューミニ、3世代のベストモデルはどれか? モータージャーナリストの小沢コージ氏が解説する。

 小沢の独断と偏見で言っちゃうとズバリ2002年日本上陸の初代でしょう。全長3.6m台と最も短く、幅も5ナンバー内でホントにミニなのはもちろん走りにローバー時代のダイレクト感が残ってます。

 顔も問答無用で一番可愛い。目つきが自然でグリルも小ぶり。小沢自身初代コンバチオーナーで、多少手前ミソ気味ですけど一番顔が整ってます。なにより中古なら100万円以下で購入可!

 実はその後はBMW化の歴史で、英国ミニ味とBMW味を比にすると初代が60対40とすると2代目は40対60ぐらい。

 ステアリングを切ったとたん、生々しい手応えとともにグイっと内向くゴーカートフィーリングは初代がダントツ濃厚。

 前にメーカーテストドライバーに聞いたが、BMWが世に出す初のFFってことで特に気合入れたようでFRテイストも入ってて出来は上々。

 特にクーパーSの乗り心地は若干ザラザラ感残るが、そこはクーパーやワンをチョイスする手もあり。

 初代はボディタイプも少なく3ドアハッチとコンバーチブルのみ。エンジンも1.6L直4ターボで90psのワンと116psのクーパー、スーパーチャージャー付きで163psのクーパーSのみ。

 唯一エンジンが初代の欠点でクライスラーと共同開発だけに若干、エンジンの回りが眠い。パワー的には小沢も持ってるクーパーが手頃で、クーパーSは速いが足回りがちと固すぎ。

 ミッションは専門店ライトニング市川氏によると「ワンとクーパーのCVTは100台に1台くらい滑ったり」で、小沢と同じMTがお薦め。 

■2007年上陸の2代目ミニは?

 一方、2007年上陸の2代目はBMW化が確実に進んで乗り心地がよくなった分、ボディがひとまわり大きくなってキビキビ感は減った。

 ボディ数も劇的に増えて王道3ドアハッチにコンバチに片側2ドアのクラブマンに、なにより2010年追加の初の全長4mオーバー&5ドア車のクロスオーバーがミニの体質を劇的に変えた。

 それまでミニファンのみ買ってたのがゴルフユーザーまで入ってきて一般化。

 お薦めはそれでもミニっぽさ濃厚の3ドアハッチバック、それも1.4Lに排気量ダウンしたワンはトルクが薄いので1.6Lのクーパー。一方、小沢的にはクラブマンもなかなか。

 クロスオーバーと違いボディが5ナンバー枠内に収まるうえに全長が3ドアより30㎝伸びてリア席やラゲッジが絶妙に拡大。BMW度が増した恩恵をウケつつ、ミニっぽさもそれなり。リアドアが右側なのは愛嬌で(笑)。

 奥の手は末期に追加された2人乗りのクーペ&ロードスター。不人気でタマは少ないけどコイツを安くMTで乗れたら楽しいっしょ。

先代型からハイパフォーマンスモデルの"ジョンクーパーワークス"をラインナップ。現行型では231psの2L、直4ターボエンジン搭載

■3代目の現行型はどれがベストか?

 2014年上陸の現行3代目ミニ。ぶっちゃけコイツはミニの皮を被ったBMWです。王道の3ドアが全長×全幅×全高が3855×1725×1430㎜。

 先代より95㎜長く40㎜広くなり、ついに3ナンバー入り。乗っても触れてもリアルBMWで、こうなったら今までにない上質感を楽しむっきゃない。

 お薦めは便利な5ドアハッチバック。3代目で初登場したボディタイプで全長はついに4m。かたやシリーズ中最もナローなボディでありながら、左右のリアドアで後席は乗りやすく、大人が5人普通に乗れます。ラゲッジも3ドアより67L増えて278L。

 走りもBMW風ながらそれなりにキビキビ感あって、ディーゼル車も登場。1.5L、直3ターボのクーパーDと2L直4ターボのクーパーSDが選べてそれぞれ116psと170ps。

 しかしクーパーでも最大トルク270Nmもあるから充分。ギアボックスもディーゼルはすべて6ATでクセなくスムーズ。BMWと同じ先進安全のドライビングアシストも装着可。

 この世代から一般化はいよいよ進み、モデルタイプでマニアックなのは唯一2ドアのコンバチのみ。

 コイツはコイツで走りのしっとり感がたまらないですが、前述3ドア&5ドアハッチのほかは5ドアのクラブマン、クロスオーバーだけとなり、要はガチでVWゴルフと比べるミニになったといえる。

 よって次のお薦めはクラブマン。全長×全幅×全高は4270×1800×1470㎜で5ドアプラス270㎜。完全にゴルフのライバルでリアは広いわ、ラゲッジも360L。

 それでいてウナギ犬マスクもそれなりにミニっぽいといえる。正直全長4.3m級のクロスオーバーに関してはミニっていうよりジープでしょ?(笑)

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ