C-HR vsヴェゼル コンパクトSUV頂上決戦!! どちらがいいクルマ?


 2018年度(2018年4月~2019年3月)に、最も多く売れたSUVはトヨタC-HRであった。2018年度の登録台数は7万2009台に達する、文句なしのSUVナンバー1だ。

 2位は5万9974台で、ホンダヴェゼル。3位は4万6487台でエクストレイル、4位は4万2248台でハリアー、5位は3万9958台でCX-5だった。

 C-HRの強さにも驚くが2位のヴェゼルもしぶとく喰らいついていて、まさにコンパクトSUV2強時代にある、といっていい状況。

 そもそもこの2台、数年前から熾烈な争いを続けているのだった。C-HRが登場する前となるが、ヴェゼルは2013年12月に発売され、2014~2016年、3年連続SUV販売ナンバー1だった。

 C-HRは2016年12月にデビューするやいなや、いきなり2017年4月にSUVとして初めて車名別月販台数ナンバー1を獲得。その勢いはとどまることを知らず、2017年、2018年の年間販売台数でもSUVナンバー1を獲得している。

 さて、このC-HR、ヴェゼルの2強対決。本当の実力はどうなのだろうか? 実際に買おうとしている人は、この2台のどちらにするか、大いに悩んでいるに違いない。

 そこで、細かく各項目ごとにわけて、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が徹底比較。最終結論を下す!

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部


■C‐HRとヴェゼル、どちらが買いか、頂上決戦!

C-HRのボディサイズは全長4360×全幅1795×全高1550mm。ハイブリッドは98㎰/14.5kgmの1.8L、直4+72㎰/16.6kgmのモーター。ガソリンは116㎰/18.9kgmの1.2L、直4ターボ。価格は229万~297万92200円
ヴェゼルのボディサイズは全長4330×全幅1770×1605mm。ハイブリッドは132㎰/15.9kgmの1.5L、直4+29.5㎰/16.3kgmのモーターを組み合わせる。ガソリン車は131㎰/15.8kgmの1.5L、直4。さらに172㎰/22.4kgmの1.5L直4ターボをラインアップ。価格は207万5000~290万3040円

 両車ともに全長が4400mm以下だから、全幅が少しワイドな3ナンバー車でも小回り性能が優れている。

 売れ筋の価格帯も220万~280万円に収まるため、SUVとしては購入しやすい。子育てを終えて、ヴォクシーやステップワゴンのようなミニバンから乗り替えるユーザーの間でも人気が高く、好調な売れ行きに結び付いた。

 はたして、販売1位、2位のC-HRとヴェゼル、細部にわたって徹底比較。その勝負はいかに?

■走行安定性比較

ボディサイズはC-HRがヴェゼルに対し、全長が30mm長く、全幅が25mmワイド、全高が55mm低いが、走行安定性ではどちらに軍配があがるのか?

 大半のSUVは、全高が1500mmを上まわり、前後席の居住空間に余裕がある。ただしミニバンほど背が高くないため、極端な高重心にはならず、走行安定性と居住性を両立させやすい。この走りと快適性のバランスがSUVの機能的な魅力だ。

 特にC-HRとヴェゼルは、SUVのなかでも安定性が優れた部類に入る。ヴェゼルの全高は1600mm前後だが、ホイールベース(前輪と後輪の間隔)を2610mmと長めに設定して、ボディ剛性も相応に高めたから車両の動きが安定している。

 カーブに入る手前でハンドルを内側に切り込んだ時も、背の高いクルマにありがちなボディが唐突に傾く違和感が生じない。

 それでも走行安定性を比べると、C-HRはさらに優れている。操舵に対する車両の動きが正確で、車両を内側に向けやすい。ヴェゼルに比べると軽快感が伴う。

 ドライバーの操作と車両の動きの間に生じる時間差も抑えた。従って運転感覚は、SUVというよりもカローラスポーツのようなミドルサイズハッチバックに近い。

 全高は2WDが立体駐車場を使いやすい1550mm、4WDでも1565mmに抑えている。ヴェゼルに比べると約50mm低い。

 C-HRは現行プリウスから採用が開始された新しいプラットフォームを使ってボディ剛性も高めた。

 ホイールベースはさらに30mm長い2640mmだから、C-HRには安定性を確保する上で有利な条件が多い。
●結論:C-HRの勝ち

次ページは : ■動力性能比較