ヴェゼル XV ジムニー…日本最激戦区コンパクトSUV トップはどれだ!?!?


 現在一番の激戦区といってよいコンパクトSUV。活況の中にあってニューモデルやフルモデルチェンジで顔ぶれも一新。当然「どれを選ぶか?」の評価も変わってくる。

 そこで今回は評論家5人による国産コンパクトSUVのランキングを敢行。

 人気の売れ筋はC-HRやヴェゼルなどだが、ここにレクサスUXが加わったことで評価はどのようになるのか? また新型に切り替わったスバルXVはスポーツワゴンベースのライトSUVということで、こちらの評価もランキングの結果に大きく影響してくることになろう。このあたり、気になるところだ。

 また、あえてジムニーをこのカテゴリーに分類したが、現実問題、ユーザー目線でもジムニーを軽自動車というくくりで評価するわけではなく、“小さいクロカンSUV”という視点で見ているはず。ジムニーシエラとの評価の違いにも注目していただきたい。キャストアクティバも軽自動車だが、“小さいライトSUV”ということでここにカテゴライズしている。

 ランキングの決定は、鈴木直也、国沢光宏、渡辺陽一郎、片岡英明、岡本幸一郎の5氏がカテゴリーごとのランキングを決定。それぞれの順位をそのまま「順位点」として合計点が少ないものから上位とするという方法をとっている。

 さて、どのクルマが上位にランクインするのか!?

●販売台数TOP12
1位 C-HR 5563台
2位 ヴェゼル 4453台 
3位 クロスビー 2076台
4位 ジムニー 1965台
5位 XV 1859台
6位 CX-3 1415台
7位 キャストアクティバ キャスト全体で3219台 うちアクティバは約40%
8位 UX 1005台
9位 ジムニーシエラ 727台
10位 ジューク 306台
11位 エスクード 138台
12位 RVR 83台
※2018年8月〜2019年1月の半年間の月販台数の平均値で順位付け

※本稿は2019年3月のものです
文:鈴木直也、国沢光宏、渡辺陽一郎、片岡英明、岡本幸一郎/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月10日号


■ランキング1位はスバル XV

 まずは総合ランキングを見て、個々のポイントについて各評価者に話を聞いてゆこう。

●1位 スバル XV(価格帯:213万8400~282万9600円)

 売れ筋のコンパクトSUV部門で堂々の1位。“クルマの出来”が高く評価された。

●2位 ホンダ ヴェゼル(価格帯:207万5000~292万6000円)

 僅差で2位となった。1.5Lターボ追加で販売面は上げ潮に!? 

●3位 トヨタ C-HR(価格帯:261万4000~279万9600円)

 時代の先ゆくデザインのC-HR。今回は3位にランクインという結果に。

●4位 レクサス UX(価格帯:390万~535万円)

 エントリーの12車種で最も新しく誕生したモデル。販売は絶好調だ。

●5位 マツダ CX-3(価格帯:212万7600~306万2080円)

 僅差で5位。ディーゼルモデルの実用性は相変わらずの高評価だ。

■XV、堂々の1位。勝因は?

(TEXT/国沢光宏)

 軽自動車ですら軽く200万円を超える時代。フル装備のSUVで250万円はお買い得だと考えます。それに加え、長い距離を乗るならハイブリッド車というチョイスもある。それがXVの魅力。

5人中1人が1位に、その他の3人中2人も2位と評価したスバル XV(写真はアドバンス)

 クルマそのものの仕上がりもいい。スバルの新世代グローバルプラットフォーム、ハンドリングの奥行き(厳しい状況になってもしっかり走ってくれる、という意味)がドイツ車と比べたって負けていないです。

 個人的には現時点で日本車No.1の総合バランスだと評価している。こう言いきっていいです。

 最後に注文をつけたい、と思う。文頭に戻るが、つまらないパワーユニットしか選べないという現状は残念でならない。燃費よくパワフルな水平対向ディーゼルや、ヨーロッパ車のように熱効率高い1600cc直噴ターボなどを搭載してくれれば、と思う。

次ページは : ■ジムニーもジムニーシエラもランキングずいぶん低いのはなぜ!?

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ