新型ロードスターのすべて 乗って触って確かめた!!

 9月4日に衝撃的な世界同時発表を果たした新型ロードスター。

 その姿はコンパクトでシャープで、カッコよく、想像以上の仕上がりに誰もが驚き喜んだ。

 と、その興奮冷めやらぬ9月6日、筑波サーキットで新型ロードスターが走ったのだ! 

 その走りはもはや市販車と言ってもいい状態。

 新型ロードスターの走りも含めた詳細をさらに解剖する!


  筑波サーキットで突如走行シーンが公開された新型ロードスター。

 運転するのは開発主査の山本修弘氏。

 エンジン音は”シュルルルル”と軽快で、けっして大排気量ではないことを伝えていた。また、フットワークは軽やかでクルマの動きはもの凄くスムーズであった。後を走るNC型ロードスターと比べれば、車体のコンパクトさがわかるだろう。搭載されるエンジンは、おそらく直噴の直列4気筒1.5ℓ。チューニングはもちろんロードスター専用だ!

 さて、ここからは新型ロードスターの詳細を、実際に現車を見て、触って、音を聞いたスタッフが、パートごとにより深く解き明かしていきたいと思う。

5
ドライバーの着座位置は、ホイールベースのほぼ中央。 頭の位置がクルマのほぼ真ん中に位置することになる。 クルマの動きが身体にリニアに伝わる。  

最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ