アキュラ初のBEV「ZDX」はマジでカッコいいぞ! クーペ系高級SUVは超絶パワー500psのタイプSも設定!!

アキュラ初のBEV「ZDX」はマジでカッコいいぞ! クーペ系高級SUVは超絶パワー500psのタイプSも設定!!

 ホンダは米国現地時間2023年8月17日、北米で2024年初頭に発売を予定している新型電気自動車のアキュラ「ZDX」、「ZDXタイプS」をワールドプレミアした。詳細についてお伝えしよう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/ホンダ

■アキュラ初のEVがZDX!

今回発表されたアキュラブランド初のBEV、ZDX。流麗なボディラインが特徴的だ
今回発表されたアキュラブランド初のBEV、ZDX。流麗なボディラインが特徴的だ

 ホンダは2040年までにEVとFCEVの販売比率をグローバルで100%とする目標を掲げ、各地域の市場特性に合わせてEVの投入を進めているが、今回米国カリフォルニア州のモントレー半島で開催されている「Monterey Car Week」(モントレー・カー・ウィーク)で公開されたZDXは、アキュラブランド初のEV。

 また、同じく2024年に発売を予定しているホンダ「PROLOGUE」(プロローグ)とともに、カーボンニュートラル実現に向けた北米のホンダ電動化戦略を力強く加速させるモデルとなるのだという。

2022年に発表した今後の電動化時代におけるアキュラデザインの方向性を示したデザインコンセプト「Acura Precision EV Concept」
2022年に発表した今後の電動化時代におけるアキュラデザインの方向性を示したデザインコンセプト「Acura Precision EV Concept」

 ZDXは、GMの「Ultium」(アルティウム)バッテリーを搭載した共同開発モデルであり、2022年に発表した今後の電動化時代におけるアキュラデザインの方向性を示したデザインコンセプト「Acura Precision EV Concept」(アキュラ・プレシジョン・イーブイ・コンセプト)を具現化する最初のモデルだ。

 アキュラナショナルセールスのアシスタントバイスプレジデントであるエミール・コルコー氏は「新しいZDXの登場は、アキュラブランドにとってエキサイティングな瞬間です」と述べ、「これはゼロエミッションの未来への移行を示し、電動化時代における精密に作られたパフォーマンスへのコミットメントを示しています」という。

■ツインモーター500psのタイプSも設定

ZDXのリアビュー。そのボディサイズはガソリン車のSUV、MDXとほぼ同じ全長ながらホイールベースはMDXよりも上となる
ZDXのリアビュー。そのボディサイズはガソリン車のSUV、MDXとほぼ同じ全長ながらホイールベースはMDXよりも上となる

 ZDXのボディサイズは全長5020×全幅1955×全高1635mm、ホイールベース3095mmと同じアキュラのSUVであるRDXよりひと回り以上大きく、その上のMDXとほぼ同じ全長となっている。

 ZDXは102kWhのバッテリーを搭載し、航続距離はEPA(米国環境保護庁)が定める基準で300マイル(約482km)以上を目指すという。さらに、高出力仕様のタイプSは最高出力約500psを生み出す高出力モーターを搭載するなど、アキュラのSUV史上最も速くパワフルな走行性能を提供する。

ベントレーなどにも採用されている高級オーディオシステムのBang & OlufsenをZDXにもアキュラとして初採用している
ベントレーなどにも採用されている高級オーディオシステムのBang & OlufsenをZDXにもアキュラとして初採用している

 また、車載向けコネクテッドサービスの「Google built-in(グーグル・ビルトイン)」をアキュラ車として初めて標準搭載したほか、ベントレーなどに採用され、パワフルで没入感のあるオーディオ体験を提供する「Bang & Olufsen」(バング・アンド・オルフセン)サウンドシステムを初採用している。

次ページは : ■4万ドルのAスペックと5万ドルのタイプS

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します