最近の車は小回りが利かない!? なぜそう感じる?? 扱いやすさ変わりゆく事情

 最近、「車を買い換えたら、小回りが利かなくなったように感じる」という声をよく聞くようになった。

 それもそのはずで、小回り性能の指標としてカタログに記載される「最小回転半径」は、同じ車種同士で比較してもモデルチェンジ毎に拡大傾向にある。

 背景には、単に車のボディサイズが大型化しているだけでなく、実は別の要素が変化したことも絡んでいる。なぜ、小回りが利きにくくなったと感じるのか? 過去と現在のデータからその原因を探る。

文:永田恵一
写真:HONDA、DAIHATSU、TOYOTA

小回り性能を左右する3大要素とは?

ダイハツ タントの最小回転半径を示したイメージ。外側のタイヤが描く軌跡を基準とし、カタログには理論値が記載されている

 最小回転半径とは「ハンドルを一杯に切って低速で走行した際に、外側タイヤの接地部中心が描く軌跡の最大半径」である。

 測定は意外にも路面の傾斜や滑りやすさ、タイヤの減り具合などのコンディションに左右されるため、実測ではなく国土交通省の定める保安基準の中にある難しい計算式によって弾き出される“理論値”だという。

 最小回転半径を左右する大きな要素としては、以下の3つがあげられる。

【1】ホイールベース(前後輪の軸間)を含むボディサイズ

 特にホイールベースに関しては、全長と全幅は同じでもホイールベースが短い軽トラックと長い軽バンで全く違うのが分かりやすい。

 例えば、軽トラックのスズキ キャリイ(ホイールベース:1905mm)は最小回転半径3.6m、軽バンのスズキ エブリイ(ホイールベース:2430mm)は同4.1mと大きく異なる。

【2】ハンドルを一杯に切った際のタイヤの切れ角の大きさ

 切れ角の大きさは、前輪が駆動しない後輪駆動車が有利。

 そのため、ボディサイズが大きくてもタイヤの切れ角も大きい車種(FRのベンツやBMWなど)では、「ビッグセダンなのに小回りが利く」と感じることもある。

【3】幅や外径も含むタイヤの大きさ

 小回りに関してはタイヤの幅、外径が小さい方が有利だ。

「最近の車は小回りが利かない」と感じる理由としては、タイヤサイズが大きいSUVやクロスオーバーが増えていることも挙げられる。

 実際、インプレッサスポーツとそのクロスオーバーとなるXVの最小回転半径を見ると、インプレッサスポーツが全グレードで5.3mなのにに対し、幅と外径が大きいタイヤを履くXVは全グレードで同5.4mと大きい。

同じ車種で小回り性能が異なる場合も!

それぞれ17インチ(上)と15インチタイヤ(下)を履く現行型プリウス。近年より大径のタイヤが一般化したことも「小回りが利きづらい」と感じる要素のひとつだ

 また、最小回転半径は同じ車種でもタイヤサイズによって大きく違うこともある。

 例としてはトヨタ プリウス(後述)、トヨタ ヴィッツ(14・15インチ車/4.5~4.8m、16インチ車/5.6m)、マツダ デミオ(15インチ車/4.7m、16インチ車/4.9m)などがある。

 特にヴィッツのように全幅が小さい車ほどタイヤによる最小回転半径の拡大は大きい傾向にある。大径タイヤを履くグレードを買う際には注意が必要だ。

 最小回転半径に関しては軽自動車を除くと、5m以下だと「小回りが利く」、5.5mまでが「普通」、5.5m以上だと「小回りが利かないと感じ始める」というのが大まかな感覚といえるだろう。

過去と比較して最小回転半径は拡大している?

【図表】歴代プリウスとレガシィの最小回転半径の推移(両車のカタログ記載値をもとに作成)

 では、現在の車は最小回転半径が大きくなっているのか? 歴代のトヨタ プリウスとスバル レガシィで比較した【図表】を見てほしい。

 2台とも前述したボディとタイヤのサイズが拡大していることもあり、最小回転半径もやはり拡大傾向にある。

 しかし、ボディとタイヤサイズが拡大しているにも関わらず、プリウスは3代目から現行4代目で、レガシィも3代目から4代目で最小回転半径が小さくなっていることにも注目。

 これは特にレガシィで顕著なのだが、タイヤサイズが同等で全幅が広がるとタイヤハウスのスペースに余裕ができて、タイヤの切れ角も大きく取れるようになり、最小回転半径も小さくなることがあるという例だ。

 筆者は同じサイズのタイヤ(215/45R17)を履く2代目と4代目レガシィによく乗っていた時期がある。

 当時、4代目レガシィは明確に小回りが利き、ボディサイズの拡大は僅かだったこともあり、小回りを含めた取り回しは4代目の方がずっとしやすかった。

サイズ一定の軽はどう? 小回りの“体感”は数値以外の要素も絡む

歴代ワゴンRと現行型スペーシアの最小回転半径。全長・全幅が一定の軽自動車でも、売れ筋モデルのホイールベースやタイヤサイズとともに、最小回転半径も拡大傾向にある

 では、1998年に現行の規格となってから20年以上が経ち、全長と全幅が事実上変わっていない軽自動車の最小回転半径はどうだろうか?

 スズキのワゴンRとスペーシアという、過去と現在の売れ筋モデル同士で比べてみた。

 やはり、軽自動車も室内の拡大や走行安定性の向上に寄与するホイールベースとタイヤサイズの拡大により、最小回転半径も拡大傾向にあるといえる。

◆  ◆  ◆

 最小回転半径は小回り性能のため、小さい方がいいのは分かってもらえただろう。

 しかし、実際の“扱いやすさ”には、前後の視界や見切り、前後オーバーハングの長さや車に座った時のフィット感、パーキングスピードでのハンドルの重さ、カメラ類の充実度といった要素も関係し、スペックだけでは分からない総合的なものとなる。

 例えば、プリウスとプリウスPHVは最小回転半径こそ同じでも、全長は70mmも違う。

 そのため車を買う時は、駐車や狭い道などでの試乗も行い、納得できる取り回し性能を持つ車を選んでほしい。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|ベストカー 6月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ