【ついにEV普及元年到来か】 新登場車全情報! 新時代EVが日本を席捲する!?!?

 2021年に欧州で始まる新たなCO2排出量規制。メーカーごとに厳しい規制値が設けられ、その規制値を超えると罰金が科されるとあって、自動車メーカーは早急な対応を迫られている。

 そういった事情もあり、今後はピュアEVやPHVといった電動化車両がますます重要となるのだが、それはグローバルでクルマを販売する国産メーカーにとっても同じこと。

 現状EVというと日産リーフの独壇場という感じだが、今後は他メーカーからも続々と電動化車両が登場してくる。

※本稿は2019年3月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月26日号


■ホンダeは電動化の急先鋒となるか

 まず注目すべきは、先のジュネーブショーで発表されたホンダの「eプロトタイプ」。

●ホンダ eプロトタイプ(2020年夏登場)

アーバンEVコンセプトは3ドアだったが、eプロトでは実用的な5ドアに
ドアミラーはカメラ式。レクサスESのものよりはるかに小型だが、これもそのまま市販される可能性が高い
大型ディスプレイが並ぶインパネまわりが近未来を感じさせるが、市販型にもこのテイストは活かされる

 2017年のフランクフルトショーで発表された「アーバンEVコンセプト」を、さらに市販に向け煮詰めたものだが、フィットよりもひと回り小さい全長4m未満のボディサイズで航続可能距離=約200kmと、シティコミューターに特化した性能を与えられているのが特徴。

 新たに開発したEV専用プラットフォームを採用した後輪駆動という点もユニークで、これまでの国産EVにはない運転特性は、運転の楽しさが後回しになりがちだったEV界において、強烈な存在感を発揮してくれそうだ。

 日本発売は2020年度ということで2020年4月以降。おそらく2020年夏に発表・発売となるだろう。

■その他のピュアEVを巡る動きでの注目は日産車

 日産のラグジュアリーブランド、「インフィニティ」は2025年度までにグローバルでの販売台数の半分を電動化車両と想定しているため、当然これから出てくるモデルも多くが何らかの形でモーターが関係するものになる。

 今年のデトロイトショーに初出展された「QXインスピレーションコンセプト」は、新開発のEVプラットフォームを採用したインフィニティ初のEVクロスオーバー。前後にモーターを搭載した4WDモデルだ。

●日産 インフィニティ QXインスピレーション(2021年登場)

日産のモーターを使ったパワーユニットには「e-POWER」もあるが、プレミアムブランドであるインフィニティと親和性が高いのはやはりピュアEV。床下に搭載する大容量バッテリーで前後のモーターを駆動する、「e-AWD」と呼ばれるシステムを採用する。ラウンジのような内装に、先進の運転支援システムも搭載する

 インフィニティブランドそのものは日本には関係ないと考えがちだが、現行スカイラインのように、インフィニティバッジを付けたまま日本に上陸する可能性は充分ある。タイミング的には2021年あたりが濃厚だ。

もう一台の注目モデルが「Qインスピレーション」。

●日産 インフィニティ Qインスピレーション(2021年登場)

ショーモデルでは可変圧縮比ターボを積んでいた4ドアセダン

 2018年のデトロイトショーに出展されたコンセプトモデルで、一時期「次期スカイラインのデザインスタディ」と言われた。

 ショー出展時には可変圧縮比エンジンであるVCターボを積むと言われたが、インフィニティの電動化戦略に則り、EVとして開発が進むことになるだろう。

 当然、運転支援機能「プロパイロット」も搭載する。

 日産はまた、その中期計画のなかで2022年までの軽EV投入を明確に謳っている。どのモデルがEVになるかという問題だが、ふさわしいのはやはりデイズだろう。

●日産 軽EV(2021年登場)

パートナーがすでにi-MiEVで実績を積む三菱だというのも心強い(画像はベストカー予想CG )

■日産のパートナー三菱はPHVを展開か? トヨタのEVはどうなる?

 PHVにはなるが、三菱の「e-エボリューション」も魅力的な一台。

●三菱 e-EVOLUTION(2020年登場)

初出は2017年の東京モーターショー。小型・高出力モーターをフロントに1基、リアに2基搭載するトリプルモーター方式のPHVで、バッテリーはリチウムイオン。後輪左右のモータートルクを片輪に集中可能な新開発のデュアルモーターAYCや、車両運動統合制御システム「S-AWC」を採用し、日常生活からスポーツドライビングまで、すべての領域で圧倒的な走りを披露する。三菱らしい力強い外観も魅力だ

 トリプルモーター方式の電動4WDで、三菱自慢の「AYC(アクティブ・ヨー・コントロール)」といった電子デバイスと組み合わされ、異次元の走りを見せる。こちらも2020年登場予定だ。

 EVには出遅れている感のあるトヨタだが、2017年末に2030年に向けた「電動化戦略」を発表し、EVの開発が急ピッチで進んでいる。

●トヨタ クロスオーバーEV(2020年登場)

2020年代前半にはレクサスブランドと合わせ、10モデル以上のEVをラインナップする予定のトヨタ。PHVで実績のあるトヨタにすれば、実はEV製作はさほどハードルの高いことではない。そのEVラインナップのなかの1台がSUVタイプのこの車両。レクサスUXをベースに製作され、1充電あたりの航続可能距離は350km。外観はレクサスUXから大幅に変更される

 そのなかの一台が、レクサスUXをベースとするクロスオーバーEV。フロア下に大型バッテリーを搭載し、航続可能距離は350kmを軽く超えるという。

 レクサス車をベースとするが、トヨタブランドから販売されるため、外観の印象はUXとはだいぶ異なる。このモデルは2020年登場予定だ。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ