ハイエース、スカイライン等の「周年記念車」は中古でいくらで買える?


■リーフ、キューブの日産創立80周年記念車(2014年)

●リーフ:残価率29.8%

リーフ80th Special Color Limitedは日産を代表するGT-RやフェアレディZの歴代の名車で採用したヘリテージカラーを受け継いだ車体色を特別に設定したモデル。さらに専用ブロンズカラーのホイールカバーやドアミラーなど魅力的な装備を標準装備

 次に2014年5月にリーフとキューブに設定された日産の創立80周年を記念したスペシャルカラーリミテッド。

 リーフのX80周年スペシャルカラーリミテッドの中古車は13台流通しており、平均相場は103万円で、残価率29.8%とかなり厳しい数字となっている。

■フィット10thアニバーサリー(2011年)

●残価率/40%

専用のブラック内装やメーカーオプション装備として人気の高いHondaスマートキーシステム、ETCなどを標準装備したフィット10周年特別仕様車、13G 10th アニバーサリー

 ホンダは旧型フィットに専用のブラック内装や、メーカーオプション装備として人気の高いHondaスマートキーシステム、ETCなどを標準装備したフィット誕生10周年の記念した10thアニバーサリーを設定。

 主力グレードの13G 10thアニバーサリーは161台と流通台数が多く、平均価格は53万円と残価率は40%だ。

次ページは : ■ロードスター20周年記念車(2009年)

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ