ハイエース、スカイライン等の「周年記念車」は中古でいくらで買える?


■ハイラックス誕生50周年記念車(2018年)

●残価率/100.5%

ハイラックスの誕生50周年を記念した特別仕様車、Zブラックラリーエディション。上級グレードの「Z」をベースに、ブラック塗装で統一した専用デザインのアルミホイールやフロントグリル、バンパーのほか、オーバーフェンダーなどを装備。18インチにインチアップしたタイヤは、文字を白色で記したホワイトレタータイヤだ。内装もステアリングホイールの一部やダッシュボードなどにブラックメタリック加飾を施したほか、専用オプティトロンメーターも装備

 2017年9月に13年ぶりに日本市場に復活したハイラックスには2018年11月に誕生50周年を記念したZブラックラリーエディションを設定し、394万7400円で発売開始した。

 現在中古車の流通台数は26台で、価格帯は約384.7万円~475万円。ドレスアップ車も含まれるものの、平均価格は397万円で、新車時価格を100.5%と上回る結果となっている。

 やはりランドクルーザーやハイエース、ハイラックスと多少ドレスアップ車の影響はあるものの、こういった個性的なクルマが高価格をキープするようだ。

■スカイライン60周年記念車(2016年)

●残価率/56.9%

スカイライン60thリミテッドは350GT ハイブリッド タイプSP、350GT FOUR ハイブリッド タイプSP、200GT-t タイプSPをベースとし、セミアニリン加工を施した高級本革シートや前席スポーツシート、 内装のトリムに木目の風合いをそのまま生かしたオープンポアウッドを採用するなど上質な室内空間を実現するアイテムを標準装備。2016年11月7日から2017年9月末日受注分までの期間限定販売

 続いては日産だが、トヨタと比べると車種数は正直寂しい。まずはスカイライン。2016年11月に60周年記念車を3グレード設定。

 最も中古車の流通台数が多いのが350GT ハイブリッド60th リミテッドの4台。価格帯は約360万~約399万円で、平均価格は331万円。新車時価格は581万400円なので、残価率は56.9%だ。

次ページは : ■リーフ、キューブの日産創立80周年記念車(2014年)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ