【パジェロ惜別のFエディションほか!!】 初夏の新型車&特別仕様車一挙紹介!!

「三菱パジェロ、8月をもって国内向け仕様の生産を終了」との報が飛び込んできてから、はや一ヶ月。

 次期型の登場を期待し、その「吉報」を心待ちにしていたクルマファンも多いはずだが、こんなニュースを聞くことになろうとは夢にも思わなかったのではないか。

 そんなパジェロの「ファイナルエディション」が、700台限定で4月24日に発売を開始。

 ほか、ダイハツムーヴキャンバス、メルセデス・ベンツA200dニューモデル、アウディ Up!など、15台の特別仕様車、新型車、一部改良情報をご紹介。

※本稿は2019年3月のものです
文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年4月26日号


■三菱 パジェロファイナルエディション(特別限定車/4月24日発売)

 三菱のパジェロに特別仕様車「ファイナルエディション」が追加された。700台限定での販売。今年8月でパジェロが生産終了することになり、その記念モデルとなる。

初代登場の1982年から実に37年余に渡りクルマファンの心を掴んできたパジェロ

 エクシード(クリーンディーゼル搭載グレード)をベースとし、ルーフレールと電動ロングサンルーフ、本革シートとパワーシートを標準装備するなど、多数の特別装備が搭載されている。

成約時には「FINAL EDITION」ロゴとシリアルナンバーが刻印されたスカッフプレート、オリジナルウォッチ、オリジナルステッカーがプレゼントされる

●価格:453万円600円

■ダイハツ ムーヴキャンパス “ホワイトアクセントリミテッドSA3”(特別仕様車/4月22日発売)

 ダイハツのムーヴキャンパスリミテッドシリーズに、特別仕様車“ホワイトアクセントリミテッドSA3”、“ブラックアクセントリミテッドSA3“が追加設定された。

価格は「リミテッドSA3」から据え置きで、アクセントカラー分お得に

 モノトーン仕様に対して、フロントグリルやフォグランプリング、バンパーモール/サイドモールなどをパールホワイトもしくはブラックのパーツにしてツートーンの雰囲気を演出する。

 本体色は“ホワイトリミテッドSA3”が3色、“ブラックリミテッドSA3”が2色の計5色。

●価格:147万9600円~

■スズキ SX4 S-クロス(一部改良/4月10日発売)

 スズキのSX4 S-クロスが一部改良された。

スズキ SX4 S-クロス

 ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポート2」を搭載したほか、「フロントシートSRSサイドエアバッグ」「SRSカーテンエアバッグ」、助手席がシートベルトを装着していない時に警告する「シートベルトリマインダー」、走行中に急ブレーキをかけた際に後続車に知らせる「エマージェンシーストップシグナル」などを標準装備し、安全性を向上させた。

 また、40km/h以上で作動するACCも新たに搭載し、快適性も向上している。

●価格:214万560円~

■スバル BRZ(一部改良/4月9日発売)

 スバルのBRZが一部改良された。

スバル BRZ

 新色としてマグネタイトグレー・メタリックを採用し、外装色が全7色となった。この新色はオプションカラーではないのも嬉しい。

●価格:243万円~

■レクサス NX(一部改良/5月6日発売)

 レクサスの「NX」が一部改良されて5月6日に発売された。

この一部改良により、ガソリンモデルが約1万4000円のアップ、ハイブリッドモデルが約6000円のアップとなった
内装にブラックにアクセントカラーを組み合わせた新規内装色を設定

 安全装備の「レクサスセーフティーシステム+」が強化され、プリクラッシュセーフティが昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能となったほか、ACC使用時に同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト」、道路標識を読み取ってメーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト」などが追加された。

 また、コーナリング中のアクセルオン時のアンダーステアを抑制する「アクティブコーナリングアシスト」を全車標準装備し、旋回性能と車両安定性が向上した。

 ボディカラーにオレンジ系のブレージングカーネリアンコントラストレイヤリングが新設定された。

●価格:442万5055円~

■ボルボ V40 T5 Rデザイン ファイナルエディション(特別限定車/4月11日発売)

 ボルボV40の特別仕様車T5 Rデザインファイナルエディションが50台限定で発売された。

ボルボ V40 T5 Rデザイン ファイナルエディション

 ベースの「T5 Rデザイン」は、2L直4ターボを搭載しスペックは245ps/35.7kgmとパワフル。これに、11種類以上の先進安全・運転支援機能インテリセーフを搭載する。

 これに、大型なパノラマガラスルーフと遮光のための電動サンシェード、リアシートヒーター(フロント・シートヒーターは標準装備)を特別装備。ボディカラーは赤や白など5色展開。

●価格:469万円

■ボルボ XC60(一部改良/3月27日発売)

 ボルボのXC60が一部改良された。

価格は従来より15万円のアップ

 クロストラフィックアラートに衝突回避・被害軽減ブレーキが追加され、後退発進時に車両や歩行者、自転車を検知して自動でブレーキが作動するようになっている。

●価格:644万円~

■メルセデス・ベンツ A200d(ニューモデル/3月25日受注開始)

 メルセデス・ベンツのAクラスにクリーンディーゼルエンジンモデルが追加された。納車は6月を予定している。メルセデス・ベンツのコンパクトモデル群、初のクリーンディーゼルエンジン搭載モデル。

ガソリンモデルから71万円のアップだが、BMW1シリーズのディーゼルが407万円なので価格競争力はある

 搭載する新開発の2L直列4気筒クリーンディーゼルエンジンは、最高出力/最大トルク=150ps/32.6kgmと、2Lディーゼルとしてはおとなしいがコンパクトカーとしては非常にパワフルだ。

新開発・2L直列4気筒クリーンディーゼルエンジン

 このエンジンはCクラスやEクラスに搭載されているディーゼルエンジンをベースとし、横置きに対応したほか、アドブルー式の従来の排ガス処理に加えてSCR触媒が増設されており、2020年以降のヨーロッパ新排ガス基準に適合する。

 トランスミッションは新開発の8速DCTで、ガソリンモデルより1速多くなった。

●価格:399万円

■メルセデス・ベンツ G350d(ニューモデル/4月4日受注開始)

 メルセデス・ベンツのオフローダーGクラスに直6クリーンディーゼルエンジンを搭載するG350dが追加された。

価格は、旧型G350dが1080万円だったので新型G350dは90万円のアップとなる

 このエンジンは最高出力は286ps、最大トルクは61.2kgmと非常にパワフルで、このボディ形状ながら0-100km/h加速は7.4秒と速い。

 2ステージターボを使用し、小さいタービンには可変タービンを採用しており、1200~3200rpmの幅広い回転域で最大トルクを発生する。

●価格:1170万円

■メルセデス・ベンツ E200アバンギャルド(一部改良/3月25日受注開始)

 メルセデス・ベンツのE200が一部改良された。

メルセデス・ベンツ E200アバンギャルド

 Cクラスと同じベルトドリブン式マイルドハイブリッドを組み合わせた1.5L直4ターボエンジンが新たに搭載された。

 同時に、2Lターボ搭載のE250に替わって出力が向上したE300が追加され、47 ps/2kgm向上し258ps/37.7kgmとなった。価格はE200が6万円、E300がE250より41万円のアップとなる。

●価格:721万円~

■アウディ A3 Sライン ダイナミックリミテッド(特別限定車/4月8日発売)

 アウディA3の特別仕様車「Sライン ダイナミックリミテッド」が発売された。限定625台。

先進安全装備「アシスタンスパッケージ」と「ナビゲーションパッケージ」を標準装備

 30TFSI/セダン30TFSIスポーツをベースに、専用18インチアルミホイール、マトリクスLEDヘッドライト&ウォッシャー、三分割可倒式リアシートなどを装備している。

●価格:460万円~

■プジョー 208GTラインブラックパック(特別仕様車/4月8日発売)

 プジョー208の特別仕様車「GTラインブラックパック」が発売された。

プジョー 208GTラインブラックパック

 フロントグリルやホイールなどにブラックパーツを装備し、バックカメラ&バックソナー、パークアシスト機能などもフル装備。208の最上級モデルだ。

●価格:255万円

■VW スパイスup!(特別限定車/3月26日発売)

 フォルクスワーゲンの「up!」に、特別仕様車の「スパイスup!」が追加された。300台限定となる。

VW スパイスup!

 ツートンカラー仕様となり、青のボディに白のルーフのティールブルー、白のボディに黒のルーフのキャンディホワイトの2色展開。

●価格:199万9000円

■シトロエン C3オリジンズ(特別仕様車/3月28日発売)

 シトロエン創業100周年を記念した特別仕様車「C3オリジンズ」が発売された。

シトロエン C3オリジンズ

 白のボディに黒のルーフを装備、ブロンズカラーを内外装にあしらっている。

●価格:258万円

■シトロエン グランドC4 スペースツアラー(一部改良/3月28日発表)

 グランドC4スペースツアラーが一部改良され、近日中の発売を発表した(2019年3月28日)。

シトロエン グランドC4 スペースツアラー

 ガソリンが10‌ps、ディーゼルが15‌ps出力が向上した。C3同様、グランドC4にも特別仕様車「オリジンズ」も追加されている。

●価格:258万円

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ