日産に切り捨てられた車たち 今こそ復刻すべき!!

 歴史にもしもはない……。 ただ、かつて切り捨てられたこんな日産車が今あったらいいな、と思う人も多いはずだ。

 バブル期に登場して、カルロス・ゴーンが日産復活を期して打ち出した「日産リバイバルプラン」による車種整理と、これに伴うディーラー再編などによるコストカットによって、さまざまなモデルが儚く消えていった。

 これが現在の日本市場軽視につながっていることは見逃せない。日産ファンの選択肢を減らすことは、日産にとって本当によかったのか、悪かったのか? 

 時代を彩った多くの個性的な車種を振り返って、もしも復活すれば日産の日本市場での“チカラ”になりそうなモデルを挙げてみた。

文/岩尾信哉
写真/NISSAN


最新号

ベストカー最新号

次期シビックタイプRはハイブリッド化へ! 特集・ホンダ新車戦略|ベストカー11月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、ホンダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MX-30、エクリプスクロスPHEV、新型レヴォーグ、新型ルーテシアなど注目車種の情報から、「予算別&目的別ベストカー選び」「新型BRZ一部…

カタログ