【契約時? 納車時??】買うなら超急げ!! 消費税10%アップ前に間に合わない新車


 2019年10月1日、いよいよ消費税が2%引き上げられ10%になる。

 新車を買おうと思っている人のなかには、まだ3カ月以上はあるとタカをくくっている人も多いハズだ。

 しかし、新車ディーラーのなかには、消費税10%アップ前に納車するために、購入を急がせているところもあるという。

 そこで、いつまでに新車を注文すれば消費税10%アップ前に間に合うのか? 

 また、消費税アップ前に買ったほうがいいのか? それとも消費税アップ後に買ったほうがいいのか?  人気の車種は納期はどうなっているのか?

 さらに、10月1日の消費税10%アップと同時に廃止される自動車取得税に代わる「環境性能割」や期限付き減税、自動車税減税などのクルマにかかる税金を含めて、新車販売の現場に詳しい遠藤徹氏が解説する。

文/遠藤徹
写真/ベストカーWEB編集部 Adobe Stock


消費税10%アップする10月1日に間に合わないクルマは?

消費税10%にアップする10月1日まであと3カ月あまりしかない

 現在、自動車販売店各社は「今、新車を買えば消費税引き上げ前に買えますよ。2019年7月以降の注文だと10%の課税になってしまいますよ」と言って、ユーザーに新車の購入をせかせているところが増えてきている。

 そのため、消費税10%アップ前の駆け込み需要が次第に加速している状況だ。2019年6月中旬現在では、まだ新車の大部分が現行の消費税8%で買えるが、10月1日の消費税アップに間に合わないクルマも出てきている。

 間に合わないと予想されるクルマは、RAV4ハイブリッド、スープラ、86、レクサスはUX、シビックタイプR、ジムニー/ジムニーシエラなど。

 間に合うかどうか微妙な人気のクルマとしては、RAV4のハイブリッド以外のグレード、アルファード/ヴェルファイア、シエンタ、プリウスなどだ。

 そのほか、リーフe+、新型N-WGN、マツダ3、新型タント、BRZなどが挙げられる。

■10月1日の消費税10%アップまでに間に合わないクルマ
・スープラSZ-R、SZ:納期5カ月、RZ:2020年春以降
・86:納期6カ月
・RAV4ハイブリッド:納期4カ月
・レクサスUX:5カ月
・ジムニー/ジムニーシエラ:納期10カ月

■間に合うかどうか微妙な人気のクルマ
・RAV4ハイブリッド以外:納期3カ月/6月末まで契約必須
・プリウス:納期3カ月/7月上旬まで契約必須
・アルファード&ヴェルファイア:納期3カ月/7月上旬まで契約必須
・シエンタ:納期3カ月/7月上旬まで契約必須
・リーフe+:納期3カ月/6月末まで契約必須
・新型N-WGN:納期2.5カ月/7月中旬まで契約必須
・新型タント:納期2.5カ月/7月中旬まで契約必須

※いずれも遠藤徹氏予想

 納期はいつになるのか、といった販売店向け伝達処理は1週間程度ごとに更新されるので変動がある。

 特に間に合うかどうか微妙なモデルはグレードによって差があったり、地域によっても違うため、一概に言えないが、このリストに上がったクルマが欲しい場合、なるべく早くディーラーに相談したほうがいいだろう。

ディーラーの駆け込み需要対策

  販売店各社は駆け込み需要を存分に活用するために、お買い得なキャンペーン企画を展開している。

 6~7月は夏期のボーナスセールとも重なるので、サービス企画は余計に大型化。車両本体、オプション&付属品の値引き拡大、下取り車の高額買取り、ナビの割り引きセール、販売店のオプションサービス、低金利残価設定クレジットなどである。

 例年であれば夏期ボーナスセールは7~8月に限定されるが、今回は消費税絡みとなるので、2019年9月の中間決算セールのキャンペーンまで継続されるケースが多い。

 新車の値引き幅は量販の小型車クラスだと通常の20万円引きが5万円以上も上乗せして25万円、下取り車はポンコツでも10万円以上で買い取るケースもあり、こちらも従来キャンペーンより5万円程度の上乗せとなっている。

 またオプション&付属品は総額50万円から10%、ナビの割引きやディーラーオプションサービスは車種によって差があるのだが、これまで10万円程度が最高だった値引きは、今回15万円くらいまで拡大している。

 残価設定クレジットはホンダ、日産を中心に実質年率1.9%を設定する車種が目立つ。通常より2ポイント以上の引き下げである。

(※値引き額については、地域、時期によって異なるので参考程度にお考え下さい)。

次ページは : 消費税の課税はナンバー取得時

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ