【これが自動車技術の最先端!??】自動車メーカーがもう使っている最新ハイテク技術に驚愕!!


 自動車のテクノロジーは日進月歩で進化しているが、どれだけ進化しているのか、なかなか目の当たりにする機会は少ない。

 5月中旬に開催された「人とくるまのテクノロジー展」に見て回ったら、目からウロコと言っても過言ではない、驚きのハイテク技術があったという。

 それはいったいどんな技術なのか? 自動車テクノロジーライター、高根氏も驚いたハイテク技術とは?

文&写真/高根英幸 (自動車テクノロジーライター)


目からウロコの自動車新技術!

 「人とくるまのテクノロジー展(以下、人テク展)」は、パーツサプライヤーの団体、自動車技術会が毎年開催しているもので、新旧問わずクルマのメカニズムに興味がある筆者にとってはある意味、東京モーターショーよりも見応えのある自動車系展示会といえる。

 マツダは新型マツダ3と、開発中のエンジン「SKYACTIV-X」を展示していたし、スバルは日本未発売のクロストレックハイブリッドとトヨタのHEV技術THSを応用した縦置きハイブリッドCVT、TH2Aを披露していた。

 今年はじっくりと会場を歩ける時間が取れたので、これまで手薄だった計測や検査技術のブースも見て回れた。そこで気付かされた工程と驚きの技術を紹介しよう。

クルマのデザインはまだアナログの技だった!

原製作所のブースに展示されていた原寸大のマスタングをスキャンしている作業風景のパネル。ボディ後部は測定データを表現したもので、CGで使われるポリゴンのように三角形を貼り合わせたSTLという形式のデータ。ここから3D CAD用に変換される

 クルマの設計は、コンピュータによる3D CADを用いて行なわれているのはご存じだろう。しかしボディ全体の造形はそんなデジタルな世界の前にアナログな技で仕立てられる。

 まず、最初に生み出されるのは、デザイナーが描くイメージスケッチだ。そこから量産車としての細かな修正を加えて、現実的なスタイリングができあがっていく。

 この時にはグラフィックソフトを使うので、ある意味デジタルな世界なのだが、数値としてはアバウトな状態だ。それを具体的に形にしていくのがクレイモデルの存在。

 モデラーが造形用のクレイ(粘土)を盛っては削りを繰り返してアウタースキンを作り上げていくのだ。

 クレイの状態で削り出されたシェイプは、表面にフィルムを貼るとまるで塗装されたボディそのものようになる。

 全長や全幅、全高、ホイールベースといったスペックは商品企画を立てる時に決まっている場合も多いが、それ以外のボディラインはこの状態で決まる。それをデジタルデータに変換するのが3Dスキャナーだ。

 そう、デザイナーの感性と商業面での制限が融合された現実的なフォルムがデジタルデータ化されるのは、まさにこの時なのだ。

 ボディパネルの設計は3D CADを用いて行なわれるが、設計者がゼロから数値や形状を入力していくのではなく、クレイモデルを計測した数値をベースに設計されていくのである。

 この工程、あまり紹介されたことがないので筆者も意識していなかったのだが、今回の人テク展で計測技術に触れて、改めて面白いと思ったのだ。

 クルマのスタイリングは結局いまだに、モデラーという職人の技によって実現しているのだから。

 そのボディパネルを生産できないとスタイリングも実現できないから、最終的には生産技術とのすり合わせになるのだが、それはまた次の機会に譲ろう。

 参考までに992型の新型ポルシェ911のデザイン開発現場の動画も見てほしい。クレイモデルがいまだに使われているのが見てとれる。

次ページは : 3Dスキャナーの高性能ぶりにビックリ!

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ