中古車「ASK」最近急増の理由と事情 競合値引き対策なのか??


事故車(修復歴車)の判断基準は?

図で示したクルマの骨格にあたる部分の交換または修復したクルマが修復歴車となる。(出典/日本自動車査定協会)

 そのほか、ちょっとわかりにくい中古車用語は「事故車」でしょうか。正確には事故車ではなく「修復歴車」というのが業界用語なのですが、これは要するに「クルマの骨格」にあたる部分を交換または修復(修正・補修)した中古車のことです。

 そして「クルマの骨格にあたる部分」というのは、クルマに詳しくない人にとってはまるで何か呪文のように聞こえるかもしれませんが、サイドメンバーとクロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、そしてトランクフロアです。つまりは骨組みの部分ですね。

 これ以外の部分、例えば「リアフェンダー」をぶつけて交換したけど、その奥にある「リアサイドメンバー」は無事だったという場合は修復歴車(事故車)にはならず、「外板価値車」という扱いになります。……ちょっとややこしいですね。