中古車「ASK」最近急増の理由と事情 競合値引き対策なのか??

 中古車を購入したい場合、昔は電話帳ほどもある中古車情報誌を購入し、探していましたが、今ではネットで探すことが多くなりました。

 最近、ASKという価格表示が多いことに気が付きませんか?

 この「ASK」は価格応談という意味で、お店に連絡して価格を聞いてくださいという意味なのはわかるのですが、やたら多すぎて「いちいち連絡しなければいけないのか?」と疑問に思っている人も多いハズ。

 また、連絡してみると、お店から聞いた価格は異常に高騰していて、これだったら最初から価格を掲示していれば、連絡することはなかった、なんて思っている人もいるでしょう。

 そのほか、「検2年付き」、「修復歴あり」の表示もわかりにくいですよね。そんな中古車購入にまつわるギモンに答えてもらいました。

文/伊達軍曹
写真/ベストカーWEB 自動車公正取引協議会 日本自動車査定協会 Adobe Stock

ASKってなんのこと?

中古車メディアサイトのプライスボードに掲げられたASK表示
歴代GT-Rの中古車価格が高騰しているが、なかでも希少価値が高いモデルや走行距離が少ないもの、ノーマルのものがASK表示になっている

 中古車の世界は独特の用語や風習なども多いため、不慣れな人からすると「微妙にわからん」ということも多いかもしれません。

 そこで、代表的と思われるいくつかの「微妙にわからん中古車用語」について、なるべくわかりやすく解説したいと思います。

 まずは価格表記における「ASK」または「応談」というもの。要するにこれは「価格応談」ということで、「ここに価格は明示しませんが、お問い合わせいただければお教えしますよ」という意味です。

 なんでこんなややこしい書き方をするのかといえば、理由は主に3つあります。

 ひとつは、「その価格の背景(理由)を説明しないでただプライスだけを書くとドン引きされるから」というケースです。

つい7~8年ほど前までは930ボディの911ターボは年式にもよるが高くても900万円前後だったが今では軽く1300万円オーバー

 古い世代の希少名車で最近増えているパターンですが、仮に1980年代のポルシェ911ターボの想定売価が1280万円だったとします。……かなり高いですが、お店側としては、その値付けにも一応「理由」はあるわけです。

 しかしその理由を説明するだけのスペースがないまま、ただ「1280万円」と書いてしまうと「た、高すぎる……」みたいな感じでドン引きされ、問い合わせ数は限りなくゼロに近づきます。

 そういった事態を避けるために、まずは「ASK」と表示し、興味を持って連絡をしてきた人に対してだけプライスを開示して、その背景というか理由を説明するのです。

 もうひとつのケースは「価格を同業他社に真似されないため」です。例えばあなたが希少輸入車専門店の社長で、とある希少車に「800万円」というプライスを付けたとしましょう。そしてその800万円は決してボッタクリ価格ではなく、わりと良心的な値付けだったとします。

 しかしその800万円を広告などで明記すると、流通量が極端に少ない車種なのでそれがひとつの「相場」になってしまい、他の業者がそのプライスを真似するんですね。

 真似するだけなら別にいいのですが、よくあるのが、同じような車種に「800万円よりちょっとだけ安い値付け」をしてぶつけてくるパターンです。例えば730万円とか。

 そうなると、仮に年式や走行距離などがおおむね似たような水準だったとすると、消費者の目はどうしたって730万円のほうに目がいきがちなので、苦労して値付けをした自分が馬鹿を見ることになります。

 これを避ける意味で、相場がいまひとつ明確ではない希少車では「ASK」となる場合も多いのです。

964カレラRSや964RS3.8、993カレラRS、993GT2などの”役付き”の911の場合、ASK表示が多い。ちなみに写真の1992年式964カレラRSの場合、10年ほど前は700万~1000万円だったが、今では3000万円は下らない。数年のうちにこれだけ価格が高騰し続けると、相場がわからないのでASK表示もしかたないのかもしれない

 もうひとつの理由は「冷やかし客を遠ざけるため」です。中古車屋さんも忙しいので、「本気ではない客にいちいち対応するのは面倒」と内心では思っています。

 そのためまずは「ASK」と表示し、それでも食いついてくるお客(=買うかどうかはさておき、決して冷やかしではないお客)だけを相手に、マジメに対応するというパターンです。

 ほかにも理由はあるでしょうが、主にはこんなところです。そして前述の3つの理由が複雑にからみあった結果として、中古車の世界に「ASK」はしばしば発生するのです。

 気になった中古車の価格が「ASK」だった場合はどうすればいいかというと、いちばんは電話で軽くアポを取った後、直接販売店まで行くことです。そうすればほとんどの社長さんやスタッフさんは、快く想定価格を教えてくれ、いろいろ話してくれるでしょう。

 しかし「販売店まで行くのは正直めんどくさい」というのもあるでしょう。わかります。その場合は電話で問い合わせれば、たいていは普通に教えてくれます。

 カーセンサーやグーネットなどの中古車情報メディアサイトでは、中古車販売店へ向けてメールでの問い合わせフォームがあり、その中古車の「在庫確認・見積依頼」をメールで送ると、たいていは1日程度で、価格やクルマの状態を教えてくれるサービスを実施しています。

 この問い合わせフォームで中古車販売店にメールしても、中古車販売店への冷やかしが多いのか、下記のような返事をするところもあります。

「ご要望車両のお問い合せは電話およびメールでのご返答は受け付けておりません。具体的なコンディション、契約納車までの詳しいお話をご希望されるお客様につきましては、誠に恐れ入りますが、ご来店予約後をしていただいてから、商談を進めさせていただく流れとなります」。きっと冷やかし客にうんざりしているのでしょう。

 では、ASKと書かれているクルマはどういうクルマが多いのか? 台数の少ない限定車や希少価値の高い旧車、走行距離の少ないワンオーナー車、程度が極上、レストア済み、といったクルマです。

 昨今の旧車人気を受けて、ひと頃に比べるとありえない価格に高騰しているので、問い合わせをしてみると、ビックリするケースが多くなっています。

 消費者からの立場から見れば、ASK表示をしている中古車の購入は、いちいち問い合わせしなければならないため、面倒くさいものは選択肢から外してしまうということにもつながります。買う側のことをもうちょっと考えてほしいものですね。

車検2年付きは車検費用込み?

出典/自動車公正取引協議会

 「ASK」の説明だけでかなり紙幅を使ってしまいましたが、お次に「検2年付」という中古車用語についてご説明します。

 「検2年付」というのは、もう少し丁寧な日本語で書くと「車検2年付き」ということですから、ごく普通に読めば「ああ、この中古車は車検が丸々2年残っているんだな」という解釈になります。

 ですが、その解釈は不正解です。「検2年付」という用語の正しい意味は、「2年車検を合格するために必要な整備費用が、車両本体価格に含まれている」というだけのことなんです。

 そのため「検2年付って書いてあるから、車検に関する費用はいっさいかからないんでしょ?」と思ったら大間違い。実際は車検代行費用や重量税、自賠責保険料などのモロモロが別途必要です。

 「なんだかわかりにくい!」と思いますか? 確かにそうですよね、このあたりの用語は非常にわかりにくく、不親切です。

 そのため中古車情報メディアサイトのカーセンサーやグーネットでは数年前に「検2年付」という表現を完全に廃止しました。

 そして代わりに「車検整備付」「車検整備別」「車検整備無」などの用語を採用しています。これならば中古車に不慣れな人でも、なんとなく内容をパッとイメージできるのではないでしょうか。

 自動車公正取引協議会においても、消費者トラブル未然防止の観点から、車検証の有効期限の表示に代えて上記のような表示を行う場合は、「検2年付」という表示ではなく、販売価格に法定24カ月点検整備費用を含めたうえで「車検整備付」と表示するように指導しています。

事故車(修復歴車)の判断基準は?

図で示したクルマの骨格にあたる部分の交換または修復したクルマが修復歴車となる。(出典/日本自動車査定協会)

 そのほか、ちょっとわかりにくい中古車用語は「事故車」でしょうか。正確には事故車ではなく「修復歴車」というのが業界用語なのですが、これは要するに「クルマの骨格」にあたる部分を交換または修復(修正・補修)した中古車のことです。

 そして「クルマの骨格にあたる部分」というのは、クルマに詳しくない人にとってはまるで何か呪文のように聞こえるかもしれませんが、サイドメンバーとクロスメンバー、インサイドパネル、ピラー、ダッシュパネル、ルーフパネル、フロア、そしてトランクフロアです。つまりは骨組みの部分ですね。

 これ以外の部分、例えば「リアフェンダー」をぶつけて交換したけど、その奥にある「リアサイドメンバー」は無事だったという場合は修復歴車(事故車)にはならず、「外板価値車」という扱いになります。……ちょっとややこしいですね。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ