小は大を兼ねる?! 軽だけど侮れない一芸を持つクルマたち

 軽自動車の躍進が続いている。今や日本市場の登録車、軽自動車を合わせた新車販売台数全体に占める軽自動車の割合は36.5%に達する。

 これでまだ驚いてはいけない。2019年1~6月の登録車、軽自動車を合わせた新車販売台数を見てほしい。

 実に登録車1位プリウスの7万277台の約1.8倍の13万1233台で、ダントツ1位でN-BOXがランクイン。しかも登録車1位のプリウスは5位に入るのがやっとだ。

 上位10台の内、なんと軽自動車が6台も入っているのだ。

■2019年1~6月 新車販売台数トップ10(登録車+軽自動車)
1位/N-BOX 13万1233台(102.9%)
2位/スペーシア 8万9750台(112.6%)
3位/タント 8万1828台(114.0%)
4位/デイズ 7万9789台(111.2%)
5位/プリウス 7万277台(109.8%)
6位/ムーヴ 6万8833台(92.9%)
7位/ノート 6万8543台(93.4%)
8位/アクア 6万349台(91.2%)
9位/ミラ 5万5439台(110.6%)
10位/セレナ 5万3662台(95.7%)
※カッコ内は対前年同月比

 まさに軽自動車、恐るべしである。そこで、登録車を青ざめさせる、侮れない実力を持った軽自動車をモータージャーナリストの清水草一氏が紹介する。

文/清水草一
写真/ベストカー編集部 


 日本の軽自動車は本当に凄い。凄いからこそ、国内シェア36.5%(2018年)にまで到達したわけです。

 一番凄いのはスペース効率だ。全長3.4m以下、全幅1.48m以下、全高2m以下、排気量660㏄以下の軽規格という限られたサイズの中で、恐ろしいほどの広さを実現している。

 まさに小は大を兼ねる……というより、大より小のほうが広いのだから恐れ入ります。

 そのほかにも、小は大を兼ねた登録車超えの性能を持つ軽はいろいろある。今回はその代表選手をご紹介しましょう。

アルファードよりスライドドア開口部が断然広いタント

2013年登場の現行型タント。助手席側をセンターピラーレスとした「ミラクルオープンドア」を採用。スライドドアの開口部は1490mmもあり、現行アルファードの810mmに比べるとケタ違いの広さだ
新型タントは2019年7月9日発表。販売台数はN-BOXを抜くことができるか? 左がタント、右がタントカスタム

 新型タントは2019年7月9日に発表されますが、発表前にすでにプロトタイプを先行公開していますので、その情報からひも解いていきましょう。

 ダイハツが新型タントから採用を始めた新しい開発手法「DNGA」は、文字通り「小は大を兼ねる」を謳い文句に、登録車のA、Bセグメントにも展開できるようになっている。

 それはともかく、タント最大のウリは、左側のセンターピラーを廃してとんでもない開口部を実現した「ミラクルオープンドア」でござります。

 左側の前後ドアを開くと、ドアの開口部は、先代タントで1490mmもあり、アルファードの810mmを大幅に上回る。ほとんど2倍近いのだから、上回るというよりケタ違いと言ったほうがいいだろう。新型タントの開口幅はまだ発表されていないが、おそらく現行と同等かそれ以上だろう。

 しかも新型タントは、ミラクルウォークスルーパッケージと称して、運転席のスライド量を世界初(ダイハツ発表)の540mmにすることで、この左側のミラクルオープンドアから、ラクラクと運転席へもアクセスできるようになっている!

運転席が540mmもロングスライドするのは世界最長(ダイハツ調べ)という。ちなみにN-BOXには570mmのロングスライド機構を備えた助手席スーパースライドシート仕様車が設定されている

 さらにさらに、パワースライドドアには軽自動車初となる「ウェルカムオープン機構」も装備できる。降車時に予約をしておけば、両手がふさがっていても、クルマに近づくだけでドアが自動で開くのだ!「開けゴマ」と言う必要すらない! 

軽自動車初となるパワースライドドアウェルカムオープン機能を搭載。降車時に予約をしておくことで、両手がふさがっていてもクルマに近づくだけでドアが自動オープン

 凄すぎる! ロールスロイスにだってこんな機構はない。まぁロールスロイスは運転手さんが開けてくれるのでしょうが、その人件費がいらないタントはスゲエ。

レクサスLSより後席の居住性がいいN-BOXなど

いまやダントツの売れゆきをみせるN-BOX

 いまや国民車となったN-BOXをはじめとして、タント、スペーシア、デイズルークス、ekスペースなど、すべての軽スーパーハイトワゴンは、軽なのにリアシートの頭上空間、足元スペースがレクサスLSよりも広い! マジすか! この広さを見たら、LSやセンチュリーを買うのがアホらしくなる!

N-BOXのリアシートは左右独立でリクライニング&スライドできる。後席のスライド量は190mm

 ただですね、さすがにシートの座り心地は、LSに大幅に劣りまする。なにせ軽スーパーハトワゴンのリアシートは、前後スライドさせなきゃならないし、折りたたんでラゲージをガバッと広くしたり、フルフラットにする必要がございますので、クッションを厚くするのは無理なんです。

 また、座面を斜め後ろに傾かせて、ラクチンにふんぞり返れるようにするのも難しゅうございます。そこんところは維持費の安さに免じてお許しくださいませ。

アルファードより室内高が高いウェイク

ウエイクは全長3395×全幅1475×全高1835mm。特に全高1850mmはアルファードに迫る!

 軽スーパーハイトワゴンの全高を、さらに一段高くした軽、それがウェイクだ!

 N-BOXなどのスーパーハイトワゴンの全高は、1750~1800 mmといったところ。ところがウェイクは1850 mm! これは、アルファードの1880~1935 mmにも迫る背の高さなのだ! 

 この全高を生かし、室内高は1455 mmもある。アルファードでも1400 mmなのに! 1455 mmということは、子供が立ったまま歩けるということだ。スゲエ! 

 ミニモニの矢口真〇も身長1448 mmなので、立ったまま車内を歩ける計算になる。アルファードやステップワゴンじゃ、矢口でも少し背をかがめないと歩けませんヨ!

ウエイクの室内高は1455mmでアルファードの室内高1400mmを上回る!

 この室内高のおかげで、ウェイクのラゲッジ容量はフィットよりも広い。なぜならウェイクには、90Lもの容量を持つアンダートランクがあるからだ! ゴルフバッグをここに突っ込むと2本並んで立つ! というシロモノである。深すぎて、一度モノを入れたら取り出すのが大変というくらい深い。

荷室にはラゲージアンダートランクを設け、特に2WD車は高さ320mm、容量約90Lの大容量となっており、デッキボードを開けることで荷室とアンダートランク全体の高さが1485mm(2WD車の場合)となり、ゴルフバッグなどの長尺物もリアシートを畳まずに立てて積載することが可能

 ただこのウェイク、あまり売れてない。その要因はいろいろですが、あまりにも背が高いため、横転防止のためにサスペンションがメチャ固く、乗り心地がよくないのが一因でしょうか? 個人的には、これが原因でまったくほしくありません。軽は広いだけじゃダメなんだね……。

S660はワインディングの下りではフェラーリより速い!

何より公道でもエンジンを全開にできる上、ターボだからそれなりに勢いもあり、満足感が高い

 厳密に計測したわけでありませんが、体感高にはそれくらいS660のコーナリング速度は速い! 実際、F355と箱根のワインディング下り坂で戦ってみたことがありますが、コーナーでは若干引き離せる感触でした。

 いったいなぜなのか?

 まず、S660は、スポーツカーとして猛烈に軽い。車両重量830kg。これは、軽としてはそんなに軽いほうじゃないけれど、スポーツカーとしては世界最軽量レベル。

 軽いことで有名だったランチアストラトスでも980kgだから! つーかストラトス、意外と重いな……。ロータスエリーゼも900kgくらいある。S660の軽さはそれらより上手なのだ!

 そして、旋回性能に有利なミドシップレイアウトを持ち、タイヤは超ハイグリップタイプ。これらの要因により、左右駆動力配分などの超ハイテクの助けなしに、想像を絶するコーナリング速度を実現しているのだ!

 ただ、パワーはフツーの軽同様64馬力しかないので、トータルではあんまり速くない。ただし、加速力があまりいらないワインディングの下りならフェラーリにも勝てる! ということになるのです。下り勾配がキツければキツいほどS660に有利ね。

アクティトラックはミドシップで最小回転半径わずか3.6m、農道のNSXだ!

2018年11月に発売された T360をイメージした「ベイブルー×ホワイト」の特別仕様車

 正直、トラックなのにミドシップというだけでかなり仰天する。ホンダアクティの下回りをのぞき込むと、リアアクスルのすぐ前、つまりスーパーカーと同じ位置にエンジンが搭載されているじゃないですか! 

 もうこれだけでアクティトラックに対する尊敬のココロが沸いてくる。アクティトラックは軽トラ界のNSXだったんだね!

 このレイアウトを生かして、アクティトラックはホイールベースわずか1900mm! しかも左右前輪の間にエンジンがないので、タイヤを思いっきり深く切ることができる。

 これらの能力が総合して、アクティトラックの最小回転半径は、わずか3.6mを達成しておるのです! 

 フツーの軽がだいたい4.3mくらいなので、この小回り性はフィーリング的にはケタはずれ。その場でクルッと回る戦車の超信地旋回にも近い感覚だ。戦車はもっとデカいので戦車よりぜんぜん小回り利くけど。

 小回りが利く軽といえば、2シーターのスズキツインが有名だが、アレでも最小回転半径3.6mだった。

 ツインのホイールベースは、アクティトラックより100 mm短い1800 mmだったが、前輪の切れ角などの差によって、小回り性は同じに。そしてツインは販売不振により2005年に生産中止となったため、アクティトラックが小回り王の座に輝いたのであります。

 が、上には上がいた。スマートフォーツーはホイールベース1875 mmで、最小回転半径3.3m! 負けた! コイツのステアリングをロックまで切って曲がると、真剣に超信地旋回(スピンターン)かと思います。

 でも、スマートフォーツーには荷台がない。つまり農作業には使えない! それを考えると、アクティトラックの勝ちですね。まさに農道のNSX!

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ