【装備界の革命!? まだ使えない!??】世界初の実力判明!! デジタルミラーの長所と短所

 量産車で世界初! “鏡じゃないミラー”を実現したレクサス ESが発売されたのは2018年10月のことだった。

 カメラが映した映像を車内のモニターに表示する「デジタルアウターミラー」は、車そのもの以上に話題なり、さまざまなメリット・デメリットが予想されたが、ここまで実際にデジタルミラーを試したうえでの長所・短所を伝える情報は思いのほか少ない。

 そこで、当記事では自動車ライターの永田恵一氏が、デジタルドアミラー付のESに2日間じっくり乗ってわかった7つの長所と4つの短所を解説。雨天時など予想以上に高い実力がわかった反面、まだ残された課題も多い。

文:永田恵一
写真:編集部


エンジンオフでも使える? 最も気になる部分の実力は??

デジタルミラーを装着したレクサスES。同ミラーは21万6000円のオプションとして設定されている

 実際に使ってみてわかった長所と短所を解説するまえに、まずはデジタルミラーで最も気になる2つの要素が問題なく使えるのかどうか。これは以下のとおり概ね問題ない印象だった。

【1】走行中の距離感の掴みやすさは?

 この点はしばらく乗っていれば慣れる。

 具体的な目安としては、流れている道路であれば鏡とカメラの映像を切り替えられるルームミラーを「鏡」にして適切な距離があり、後方を監視するブラインドスポットモニタリングの警戒表示が映らなければ進路変更できるくらいの距離がある。

 また、ブラインドスポットモニタリングが作動しない渋滞中であれば、目視とモニターの映り方を組み合わせて基準となる距離感を掴んでいけば、いずれ慣れるだろう。

【2】パーキングメーターで路上駐車から降りる際の後方確認は大丈夫?

 この点は、起動ボタンをオフにしてもしばらくモニターが映っているのに加え、車内外のドアハンドルを引くとモニターが映るので心配ない。

実際に使ってわかったデジタルミラー 7つの長所

トンネル内でのデジタルミラーの様子。このように、暗いなかでも予想以上に良好な視界を確保している

 では、実際に使ってみてデジタルミラーは鏡に対して何が優れているのか? 筆者が感じたメリットは以下の7つだ。

【1】走行中は標準モード、広角モード(ウインカーを出した際に切り替わる)ともにアナログドアミラーよりも後方の視野が広く、多くの情報が得られる

【2】暗い中でも明るさのあるシーン(トンネル・街灯や後続車がいる夜間など)であれば映像はモニターにきれいに映る

【3】モニターが車内にあるぶん従来のドアミラーより視線の移動は少なく、慣れれば楽

【4】外部ユニットが上下方向に薄い分、斜め前方の死角は減っている

【5】モニターが車内にあるだけに、雨天でも見にくくなることはなく、クリアな後方視界を確保

(※この点がデジタルアウターミラー最大の長所と感じた。また試せていないが、豪雨や雪に対してはカメラ付近に強力なヒーターを配置し、カメラが濡れて後方が映らないことがないよう万全の対策を敷いているという)

【6】左右のミラーまで含めた全幅は、従来のESより85mm狭く、路上での通り抜けなど若干ではあるがしやすい

【7】車庫入れやパーキングメーターにバック入れる際にはモニターに映る映像を下方向にすると、後輪が従来以上によく見えて駐車しやすい

鏡に比べて何が不便? デジタルミラー最大の短所は?

雨天時の対策は万全で、カメラ形状も雨粒が入り込みにくくなっている。ただ、場合によってはモニターに雨が映ってしまうケースも

 一方で、筆者が実際に使った印象では、以下の4つの課題も感じられた。

【1】昼間はカメラとモニターの解像度の問題なのか、モニターに映る映像が従来のミラーのように鮮明に映らない

【2】雨天時に雨がモニターに映ってしまうことがある

【3】後ろにLEDポジションランプの車が来ると、LEDの信号を映した映像のようにモニターにランプが点滅しているように映る

【4】車内に置かれるモニターの後付け感に加え、車両の後方から見ると、カメラが魚の目のように見え、全体的に外観は決してよくない

 また、筆者自身が体験したことではないものの、以下のような欠点を指摘する声も筆者の耳に入っている。

・後ろから強い日差しが当たると、逆光を受けたカメラのようにモニターに映像がうまく映らなくなることがある

・老眼の人にとっては、スマートフォンが見にくいようにデジタルミラーも目のピントを合わせにくいことが多々ある

 筆者は気にならなかったが、この点がデジタルアウターミラー最大のネックだろう。

デジタルミラーは後から「鏡」に替えられない点にも注意

 デジタルアウターミラーには現時点でもそれなりのメリットはあるが、「それが21万6000円の価格相応か?」と言われると疑問を感じるのは否めない。

 また、それ以上に老眼の人だと目のピントが合わせにくいことは、安全に直結する決定的な課題なので、勧めにくいというのが率直な結論だ。

 もし、デジタルミラー装着のESを考えているなら、後から従来のドアミラーにすることは困難なのもあり、ディーラーの試乗車で極力さまざまなシーンを試して選ぶべきだと思う。

 それでも、ドアミラーの新しい形としてデジタルアウターミラーが市販化されたことは高く評価すべきことは事実。

 市販化によるデータ収集などが進み、いずれは発展性や拡張性といった大きな可能性を持つデジタルアウターミラーが、当たり前の存在となる日を心待ちにしたい。

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rファイナル登場か!?】ガソリンエンジンの逆襲!!|ベストカー 2020年1月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!    最新号では、 巻頭スクープで『ガソリンエンジンの逆襲』と題し、GT-Rファイナルエディション、レクサスLC Fなど注目車の存在をキャッチ。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。  そ…

カタログ