アイサイト搭載車の社外サスペンションって、どうやって開発しているの?

 スバルの自動ブレーキのアイサイト、そのアイサイトを搭載したクルマの車高について不思議なことがある。BC編集部のレヴォーグにも搭載されており、毎年行われるJNCAP予防安全性能評価では、デビューからその高い性能が評価されている衝突被害軽減ブレーキシステム「アイサイト」。

 しかし、その取扱説明書には注意書きがズラリと並び、そのなかの1文にはこう書いてある。

 次の状態では、システムが正しく動作しません。プリクラッシュブレーキをOFFにしてください。→サスペンションを改造したとき(スバル純正も含む)。

 ステレオカメラで対象物を認識するアイサイトでは、ちょっとした変化でも画角が変わるので、保証できないという内容だ。とはいえ、市場にはアフターパーツメーカーから車高調も多く販売されているし、アイサイトも欲しいけど、見た目も好みの仕様に変更したいというユーザーの声も多い。

 では実際、アイサイト搭載車の車高事情はどうなっているのか? まずは製造元であるスバルに聞いてみた。


スバル、STIに聞いてみた!

 レヴォーグなどアイサイト搭載車は車高を下げると、どのような支障が出るのだろうか?

 「車高を下げると、各種機能が正常に機能しない恐れがあります」

③ts

 しかし、スバルの特別限定車フォレスターtsでは、純正より15㎜下がって、インチアップもされているが……。

 「フォレスターtsでは、車高を下げた分に合わせて、専用チューニングを行っています。ですから、各自で車高を下げるのはおやめください」

 アイサイト診断などで設定を調整するように、アフターでその車高に合わせて変更はできないのだろうか?

「誤作動を起こさないように、厳しい試験を行っておりますので、個別での調整はできません」

 ん〜、なかなか難しいようだ……。では、話に出たフォレスターtsを共同開発しているワークスチューニングメーカーのSTIならば何か知っているかもしれない! ということで聞いてみた。

 「tsを共同開発していますが、我々はパーツの開発や、ハンドリング面などを担当しているので、アイサイトの調整はしていません」

 とはいえ、現在アイサイトを搭載したレヴォーグのローダウンスプリングを開発しているとのことなので、その辺の情報は持っているのでは?

 「秋頃の発売を目標に、現在開発を進めています。しかし、STIとしても車高を何㎜下げられるという情報は、スバルから提供されていないんです。スバルのディーラーには、アイサイトを調整するために許容範囲の情報があるとは思いますが……」

 たとえ直系であっても、社外には情報を出さないということのようだ。では、現状はどのように開発を進めているのだろうか?

「まさに今その問題を、STIとしてどのように保証するかというテストを繰り返している状況です。車高の下げ幅も含めて、手探りと言えます」

 直系のSTIですら困っているこの問題に、その他のアフターパーツメーカーも困っているのではないだろうか? 各メーカーに、その実情を聞いてみた。

アフターパーツメーカーに聞いてみた!

 まずは、クスコブランドでサスペンションを製造販売し、ラリーなどで活躍しているキャロッセに聞いてみた。

⑦CUSCO

 「レヴォーグの推奨車高は、純正からフロントをマイナス25㎜、リアをマイナス35㎜下げた状態ですが、具体的なテストはしていません。ただ、デモカーに装着して、全国のイベント出展のためにかなりの距離を走っていますが、不具合が出たことはありません。車線逸脱防止なども正常です」

 過去に、インプレッサSTIにVDC(横滑り防止装置)が搭載されたとき、機械式LSDが装着できないとの話だったのに、実際は問題がなかったという経験もあるが、アイサイトの詳細がわからないので、誤作動がないとは、公には言えず困っているそうだ。

 「ただ細かくいえば、純正でもタイヤの空気圧や、乗車人数による前後バランスでも変わるし、段差を越えたときのピッチングの仕方でも変わるんですが……」

とも付け加えていた。

 次は、スーパー耐久などのマシンにもサスペンションを供給している、サスペンションメーカーのテインに聞いてみた。

サスペンションメーカーのテインに聞いてみた!

⑨TEIN

 「どの部品であれ、純正から変更すればバランスが崩れることがあるので、当社ではトラコンやABSと同様の扱いをしています。推奨車高はフロントがマイナス40㎜、リアがマイナス35㎜ですが、具体的なテストはしておらず、反応がどう変わるかわかりませんが、現状では誤作動の情報は入っていません」

 ただ、アイサイトに関して、何も情報がないので、苦労しているとのことだった。

 さて、最後はチューニングパーツで有名なHKSだ。基本的には、テインと同様に、トラコンやABSと同じ扱いだというが。

 「当社では、社内テストということで、簡易ですが段ボールでダミーを作成して作動確認を行っています。推奨車高のフロントをマイナス26㎜、リアをマイナス29㎜した状態では問題がないとしていますが、あくまで社内テストですし、個体差もあるので、すべてのクルマには言えません」

⑪HKS

 とアフターメーカーの苦労をにじませていた。また、取扱説明書が細かく禁止事項を書いているのは、PL法(製造物責任法)の絡みだろうとの見解だった。

 そして、フルノーマルでもタイヤが摩耗すれば外径も変わるし、新品タイヤでもタイヤの銘柄を変えたら、タイヤ外径が変わるので、厳密にはダメということになるとも語っていた。

★    ★    ★

 話を聞いたメーカーすべてが、あまりにも情報がなく、対応に苦慮しているのが伝わってきた。ただスバルとしても、設計するうえで、普段の使用を考えれば数㎝という幅で、カメラ画角が変動するのがわかっているので、それに合わせてマージンを取っているだろうが、

 その数値を公表すれば、その幅いっぱいで使おうとするユーザーがいると考え、安全に使用してもらうために公表を控えているのだろう。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ