【ドヤ顔新型セレナ価格判明!!】8月1日発売前のマル秘値上げ情報キャッチ!!

 日産ディーラーでは、2019年8月1日にビッグマイナーチェンジするセレナの事前予約受注を開始している。すでに2019年7月16日にティザーサイトをオープンしているが、まだ価格やグレード体系、細かい装備内容は明らかにしていない。

 そこで、新車販売現場に精通する流通ジャーナリストの遠藤徹氏が首都圏の日産ディーラーを回り、徹底取材。ついに価格とグレード体系、装備などの詳細情報を入手した! いまわかっているセレナのすべてをお届けしよう!

文/遠藤徹
写真/ベストカーWEB編集部


オラオラ顔に変身したハイウェイスター

右がセレナハイウェイスター、左がシンプルなマスクの標準タイプ
ビッグマイナーチェンジ前のセレナ。右がハイウェイスター、左が標準タイプ

 今回の改良はセレナの売れ筋車種となるハイウェイスターを中心にフロントマスクの大幅なデザイン変更、安全対策強化、自動運転支援ユニットのプロパイロットの改良、新色追加などが主な内容。

 これらによるコストアップによって車両本体価格は2.5万~15万円程度の値上げとなるが一部は値下げもある。

 フロントマスクは従来、標準とハイウェイスターが同じようなデザインであったのを、明確に違いを持たせた外観とした。特にハイウェイスターはガラリと変える。

写真はブルーのラインが入る、ハイウェイスターのe-POWER
標準タイプのグリルには2本のバーが装着されている。ハイウェイスターに比べると実にシンプルな顔だ
ビッグマイナーチェンジ後のハイウェイスターのグリルと似ているセレナ・オーテック。ビッグマイナーチェンジ後のセレナ・オーテックはまだ発表されていない

 これまでは太いVモーショングリルを3段階に配置していたのを細い1本のVモーションメッキをヘッドランプ中央まで走らせた独特のデザインを採用。そのなかに逆台形の点線大型グリルをはめ込んでいる。

 グリルデザインは従来のオーテック仕様に似たマスクといえる。標準タイプは大きく変えていない印象だが、よく比べて見るとVモーションメッキを細くし、横線は従来の3本から2本にすっきりとした印象に変えている。シンプルでおとなしい顔の標準タイプ、オラオラ顔のハイウェイスターとはっきりわかる顔つきとなった。

 インテリアは3色から4色にバリエーションを拡大。ダークブラウンを廃止しグレイ&ブラック、プレミアム、ブラック、グレイジをシート、ダッシュボード、ドアの内張などに採用、すっきりと統一感を持たせた仕立てだ。

グレー/ブラックのインテリア。質感の高さが特徴
インテリアカラーはグレー/ブラックインテリア、プレミアムインテリア、グレイジインテリア、ブラックインテリア

安全装備がさらに充実!

セレナには先進の安全装備が満載

 安全装備はインテリジェントエマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、アダクティブLEDヘッドライトシステムまたはハイビームアシスト、RCTA(後退時車両検知警報)などの装備が加えられている。

 インテリジェントエマージェンシーブレーキはカメラとレーダーで昼間に加えて夜間も安心で安全なドライブをサポート。

インテリジェントエマージェンシーブレーキは、カメラとレーダーで昼間に加えて夜間も作動。約10~80㎞/hの範囲で作動し、歩行者に対しては約60㎞/h以上では作動しない

 踏み間違い衝突防止アシストは駐車場での急加速を抑制し、壁や歩行者との衝突回避を支援。

 LEDヘッドライトは前走車や対向車に迷惑をかけずに遠くまで照らす、先進のハイビーム。RCTAは目視では確認の難しい視界の悪い場所での後退時にも、近づいてくるクルマを検知するシステムだ。

 プロパイロットはこれまで雨天時にワイパーをスピードアップして作動させると検知しにくかったのを、正常に効果が出せるように改善している。

グレードは7タイプ増え、価格は2.5万~15万円程度の値上げ!

 グレード構成はこれまでの特別仕様車「XVセレクションII」が廃止となるが、今回この特別仕様車がXVとして正規グレードに組み込まれた。タイプ数は2WDが15、4WDが6の合計21タイプ。

 従来は特別仕様車を含めると2WDが10タイプ、4WDが4の14タイプだから7タイプ増えたことになる。各グレードの消費税込み車両本体価格と従来グレードとの比較および値上げ幅は以下の通り。

■2WDモデル ※カッコ内は従来の価格、値上げ幅
●B=239万9760円(新設定)
●S=250万8840円(※244万800円、6万8040円のアップ)
●X=252万9360円(※250万4520円、2万4840円のアップ)
●XV=268万7040円(※XVセレクションⅡ266万2200円、2万4840円のアップ)
●G=300万5640円(※285万3360円、15万2280円のアップ)
●ハイウェイスター=270万8640円(※268万3800円、2万4840円アップ)
●ハイウェイスターV=293万2200円(※VセレクションⅡ287万4960円、5万7240円アップ)
●ハイウェイスターG=316万8720円(※301万6440円、15万2280円アップ)
●e-POWER ハイウェイスターX=294万3000円(※296万8920円、2万5920円値下げ)
●e-POWERハイウェイスターXV=316万7640円(※312万8780円、3万8860円のアップ)
●e-POWER G=341万6040円(新設定)
●ハイウェイスター=323万3520円(※317万8440円、5万5080円のアップ)
●ハイウェイスターV=343万5480円(※340万4160円、3万1320円のアップ)
●ハイウェイスターG=365万7960円(新設定)
●ハイウェイスターXV=340万4400円(新設定)

■4WDモデル  ※カッコ内は従来の価格、値上げ幅
●B(新設定)=268万7040円
●X=277万3440円(※274万8600円、2万4840円アップ)
●XV=293万1120円(※VセレクションⅡ290万6280円、2万4840円アップ)
●G=329万2920円(※314万640円、15万2280円アップ)
●ハイウェイスター=299万5920円(※297万1080円、2万4840円アップ)
●ハイウェイスターV=319万2480円(※VセレクションⅡは313万5240円、5万7240円アップ)

■ボディカラーは4つの新色含め合計13色

 ボディカラーはサンライズオレンジ、ダークメタルグレーのモノトーンと2トーン合わせて4色を加えて合計13種類に拡大。

 具体的にはモノトーンがサンライズオレンジ、ダークメタルグレー、カシミヤグレージュ、マルーンレッド、インペリアルアンバー、ブリリアントシルバー、アスライトブルー、ダイヤモンドブラック、ブリリアントホワイトパール。

 2トーンはルーフがダイヤモンドブラックでボディはサンライズオレンジ、ダークメタルグレー、マルーンレッド、ブリリアントホワイトパールなどより豊富なラインアップとしている。

■首都圏日産店営業マンのコメント「大ヒット間違いなし」

 最後にセレナを取り扱う首都圏日産店の営業マンに、セレナの販売状況を聞いてみた。

「今回のマイナーチェンジはフロントマスクの大幅なデザイン変更と安全対策強化が中心になっています。フロントマスクは特にハイウェイスターがニスモバージョンのような大型逆台形グリルを採用し、標準タイプと明確に分けているので、この顔がひとつのウリになると思います。

 もともとセレナはうちのドル箱ですが、トヨタのアルファードやエスクァイアなど、いわゆるコワモテ顔で大ヒットしているので、セレナもハイウェイスターがコワモテ顔になったので、もう大ヒット間違いなしだなと、同僚と話しています。

 また、安全対策はさらに強化したデバイスを採用しており、これもお客さんには自信をもってアピールできるので売りやすくてありがたいですね。ただ価格のアップと値引きの引き締めで実質30万円くらいのアップになる車種もあるので、これを客さんがどう見るかちょっと心配な部分ですね。

 2019年7月16日のティザーサイトがオープンしてから問い合わせが殺到しています。やはりハイウェイスターの人気が凄いですね。事前の予約受注を十数台いただきました。消費税10%アップ前に納車できるのでしょうか、という問い合わせも多いですね。次の週末には相当数の事前予約をいただけると確信しています」

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ