日産デイズの先進安全機能を体感!! スバルSTIの魅力も味わう ベストカーファンミーティングレポートVol.3

 ベストカーが2019年6月に開催したベストカーファンミーティング。走りのよさを誌面やWebでたくさん魅力をお伝えしてもやっぱり乗らないとわからない、というのがクルマってもの。

 メーカーの垣根を超えてたくさんのクルマに乗ってもらおうというのがイベントのコンセプト。Vol.1ではSUV大試乗会Vol.2ではModulo試乗会をお伝えしたが、今回は日産デイズ & STIの試乗レポートの様子をお届けしよう。

文:ベストカー編集部/写真:池之平昌信
ベストカー2019年8月26日号 


■日産デイズの走りも凄い!! スラロームで体感しちゃおう

 6年ぶりにフルモデルチェンジし注目を集める新型デイズ。先進安全装備の数々を体験できる試乗会を開催した。

 講師はドライビング講習会の経験豊富なジャーナリスト飯田裕子さんと、全日本ラリー選手権で大活躍中の新井大輝(ひろき)選手。

ジャーナリスト飯田裕子氏とラリースト新井大輝選手が今回の特別講師。わかりやすい丁寧な解説で人気の飯田先生と、豪快ながら緻密な走りが特徴の新井選手の組み合わせはベストカーならでは!!

 試乗車はデイズハイウェイスターGターボプロパイロットエディション(164万7000円)とデイズハイウェイスターXプロパイロットエディション(156万7080円)の両グレード。

 早速デイズハイウェイスターGターボプロパイロットエディションで新型エンジンの加速フィールとハンドリングをテストした。

 「プラットフォームもエンジンも一新したデイズはリッターカーに負けないポテンシャルを持っています」と飯田さんが解説し、中間加速とスラロームのお手本を見せる。

軽自動車でもしっかりしたハンドリングで走り抜ける。完成度の高さを実感してもらえたようだ

 参加者が続くと、最初は皆さんとまどっていたが、エンジンのレスポンスのよさを実感すると、スラロームもリズミカルに走っていく。

 「加速が滑らかで、高速道路の合流などでもスムーズに扱えそうです」と走りにこだわりのある40代の男性。「安定感があって運転が楽しいです」とは30代の女性。デイズの走りは想像以上だったよう。

■話題のプロパイロットは実践で便利さを体感

 続いて注目のプロパイロット体験。今回はその一部機能となる渋滞時追随機能を体験した。先行するエクストレイルとジュークが渋滞時のようにダラダラ運転をし、それに付かず離れず追随する。

 「軽自動車に装備されるのがすごい」と新井大輝選手が言うとおり、デイズの一番の売りだ。

 「停止してもRESボタンで再発進するのがいいですね」(厚木市50代・男性)「一度体験したら手放せません」(世田谷区40代・男性)と滑らかな加減速に驚いた様子。

追従性能を体感。写真ではジュークに自動で追従していくところ。軽自動車でも高速道路での渋滞では便利な機能だ

 そしてエマージェンシーブレーキ体験。「ブレーキの精度の高さに驚きました」(御殿場市30代男性)、「ブレーキをかける前にしっかりと警告を出してくれるんですね」(岡崎市40代・男性)と痛ましい交通事故が多発しているだけに注目度は高い。

 ちなみにデイズは踏み間違い衝突防止アシストも全車標準装備する。

 インテリジェントアラウンドビューモニターの体験では「軽自動車の車両感覚は大丈夫」と自信のあった参加者も想像以上に便利と実感。

 「モニターがきれいで近づいた距離で色分けされていてわかりやすい」(浜松市・20代女性)など楽しめた様子。

 また今回は特別に軽自動車初の装備となるSOSコールも体験できた。「事故でパニックになってもこれなら安心かも」(伊勢原市・30代女性)と納得しうなずく。

 デイズの先進安全装備と走りのよさは参加者にとって新鮮な体験になったようだ。

■新井大輝が伝授!! STIの走りのよさはここにあり

 スバルファン待望のSTI試乗会には50組が参加。STIを存分に楽しめるまたとない機会とあって熱気が伝わってくる。

 2017年に完売したS208 NBR CHALLENGE PACKAGEこそ展示のみだったが、2018年に500台が即日完売になったWRX STI TYPE RA-R、WRX S4 STI Sport EyeSight、レヴォーグ1.6 STI Sport EyeSightと3台を試乗。

STIの試乗車3台。めったに乗れないクルマたちだけに来場者のボルテージもマックス!!

 スラロームから大きく弧を描き180度ターンするダイナミックなコースを思い思いのペースで楽しんだ。

 「評判がいいSTI Sportは気になる存在。S4とレヴォーグに乗り比べできるのがいいですね」(横浜市30代・男性)とのこと。

新井選手のデモラン。AWDを完全に知り尽くした彼ならではこその走りだ

 「TYPE RA-Rは凄い剛性感でした」(町田市40代・男性)といった声のほかに、「ダンナがスバル好きなので私も乗ってみたかった」(静岡市40代・女性)など、「STIに乗りたい」という熱い思いが伝わってくる。

 新井大輝選手がドライビングテクニックやWRCへの思いについて気さくに答えるコーナーやTYPE RA-Rによるダイナミックなデモランもあって「オヤジ(敏弘氏)もすごいが大輝もすごい!」と歓声があがった。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ