193cm小川直也も大満足!! S660 ModuloXで昂れ ベストカーファンミーティングレポートVol.2

 ベストカーが2019年6月1日~2日にかけて開催したベストカーファンミーティング2019。メーカーの垣根を超えて多くのクルマに試乗していただき、とことん最新のクルマを味わってもらうイベント。

 Vol.1ではSUV15台による比較試乗会の模様をお伝えしましたが、今回はS660 Modulo大試乗会、そしてテリー伊藤さんの「お笑い自動車研究所LIVE」の模様をお伝えします。【PR】
文:ベストカー編集部/写真:池之平昌信
ベストカー2019年8月10日号


■オレ(小川直也)も楽しめるコンパクトなS660 ModuloX

(TEXT:小川直也)

 俺にとってS660は強敵だ。193㎝、115㎏の俺の悩みといえばコックピットに体が入るクルマが限られることだから。

 現行のマツダ・ロードスターが発表になった時に勇んで試乗に出かけたらシートとコックピットに足が挟まって身動き取れなくなった思い出がある。

193cmの小川さんもギリギリ乗れるS660 ModuloX。かなり無理くり押し込んでいたがまあ乗れたことに間違いない

 それは膝十字固めを食らった時のような強烈な痛みだった。今回はS660モデューロXの試乗だ。十中八九乗ることはできまい。

 しかし、乗り込めない姿を見せることもプロとしての仕事だと割り切った。目にしたS660モデューロXは想像以上に小さいが、ミドシップらしい塊感がある。

 左足からゆっくり入れてみる。どうやら膝に当たることもない。そのまま尻を入れる。ボディが一瞬悲鳴を上げたように思えたが、気のせいだろう。

 シートに背筋を押しつけ右足をするりとアクセルペダルに置いてみた。すると、膝が一瞬ステアリングに当たるものの、チルトを調整すれば支障なし。これには正直驚いた。ルーフに頭が付いてしまうが、アゴを引けば問題ない。

 往年のスポーツカーのコックピットは戦闘機のように機能最優先でタイトそのものだったというが、タイトというなら俺が乗ったS660モデューロXほどタイトなものはないだろう。

 6速マニュアルのタッチはいい。1速に入れ、2速で引っ張ってみた。ウォォォォオ、7000回転まで軽く回り、さらに伸びる。

 スポーツカーは高回転まで回してなんぼ。2速、3速を使ってのスラロームは、レスポンスがよくてめちゃくちゃ気持ちいい。

コーナリングも超絶楽しいModuloX。頭がはみ出しているがあまり細かいことは気にしない

 180度ターンも俺の体重がミドシップの重量バランスにいい影響を与えているのだろう!? 狙ったラインをズバリ入っていけるじゃないか!

 5段階出減衰量調整ができるというサスペンションがいい仕事をしているし、ドリルドタイプになったディスクローターとスポーツブレーキパッドはジワリと効き、コントローラブル。すべては俺に合わせてチューニングされたのかと錯覚するくらいの楽しさ。

 あとからファンのひとりが、スマホで撮った動画を見せてくれたが、ほんとうに額がルーフのラインより飛び出ているじゃないか? 「小川直也が走っています!」と宣伝しながら走っているみたいだが、この痛快さを味わえるなら甘んじてやろう。

■テリー伊藤も大絶賛!! ショーン・コネリーになれるBMW Z4

(TEXT:テリー伊藤)

 多くのSUVが集まった今回のイベントだが、スポーツカー代表として新型BMWZ4も用意されていた。

 もちろん、乗るのは初めて。スープラの兄弟車だとか、直6エンジンがいいだの悪いだのと編集部の人たちは騒いでいたが、そんなことよりクルマはオープンカーであることだけで正義なのだ。

ボンドカーのような気分になれるというZ4。スープラではこの世界観は生み出せないようだ

 走らせてみるといかにもBMWの乗り味で、思いどおりに動かせる。ボンドカーのような佇まいで、気分はショーン・コネリー。

 スープラではこんな妄想は楽しめない。4気筒の最も安いグレードは586万円というから、お買い得なのではないだろうか。

 今回もう1台気になるクルマに試乗した。それは国沢光宏氏のラリー車であるMIRAI。が燃料電池車のMIRAIをいじり倒しているのは知っていた。ラリーやEVレースに出場しているというが、彼の”道楽ぶり”にはいつも感心させられる。

国沢MIRAIを満喫したテリー伊藤さん。人の手が入った燃料電池自動車への可能性を感じた

 その”道楽”に私もはまってしまった。とにかく国沢MIRAIはスムーズで速い、そして乗り心地がしなやか。

 しかも、競技に出場するために、人の手が入ったことでぬくもりが感じられた。燃料電池車が今後主役になるかはわからないが、可能性を感じた。

【まとめ】
 クルマを徹底的に楽しむことがこのベストカーファンミーティングの醍醐味。小川直也氏やテリー伊藤氏などの著名人のみならず、もちろん参加者の皆さんも満足していただけたようだ。

 もう1回レポートがあるのでお楽しみに!!

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ