日産GT-R こだわりぬいた究極の「3%」極上の正統進化したモデルへ!!

 日産がそうアナウンスしているわけではないが、R35GT-Rの最終モデルになると言われている「2020年モデル」。

 そのGT-R 2020年モデルの持つポテンシャルを、歴代のGT-R4台(R32、33、34、35NISMO)を所有するレーシングドライバー飯田章氏がすべて引き出しインプレッション。

 あいにくのウェット路面という条件のなか、プロドライバー、そして同時に大のGT-R好きでもある氏は最新のGT-Rをどう見るのだろうか?

〈GT-R2020年モデル価格〉
GT-Rブラックエディション…1253万9880円
GT-Rプレミアムエディション…1210万5720円
GT-Rピュアエディション…1063万1520円
※すべて税込み

※本稿は2019年7月のものです
試乗・文:飯田 章/撮影:平野学
初出:『ベストカー』 2019年8月10日号


■実は不安だった? 2020年モデル

 実は、2018年モデル(2017年11月登場)があまりよくなくて、GT-Rはどうなっちゃうんだろう? と心配していたんです。

 でも、今回2020年モデルに乗って安心しました。凄くよくなっています。

GT-R 2020年モデルの持つポテンシャルを、レーシングドライバー飯田章氏がすべて引き出しインプレッション。あいにくのウェット路面となったが、飯田氏はそれでも「安心して走れる」と評価した

 2017年モデル(2016年7月登場)で乗り心地をよくしたんですが、2018年モデルではその反動なのか、極端にスポーティな足になっていたんです。

  この2020年モデルではそのズレを修正して、中間地点のベストなところに仕上げているという感じですね。

飯田 章…1969年生まれ。1989年の富士フレッシュマンレースにてレーサーとしてデビュー。以後、日産、ホンダ、トヨタ、レクサスを渡り歩き、2002年にはチーム・ルマンにて脇阪寿一氏とともに全日本GT選手権ドライバーズチャンピオンに。日本を代表するプロドライバー

 足がしなやかに動くし、6速DCTもスムーズになって、騒音や振動がほとんど感じられないくらいになっています。まさに正常進化。

 2018年モデルの尖った感じが好きな人もいるでしょうが、普段の足として使いたい人にとっては2020年モデルのほうが絶対にいい。

 幅広い層が楽しめるGT-Rになったように思います。

タービンにNISMOの技術を採り入れ、レスポンスが向上したVR38DETTエンジン。570ps/65.0kgmのスペックに変更はないが、明確な進化が感じられたという

■最後を飾るのにふさわしい仕上がり

 誤解しないでほしいのは、単に足が柔らかくなったわけではないこと。

 今日はウェット路面だったんですが、走り出した瞬間から荒れた路面でのボディの収まりのよさを感じ、「これなら雨でもコントロールできる」と自信を持つことができました。

2007年のデビューから12年を経て、熟成極まった感のあるR35GT-R。恐るべき速さに加え、高級クーペのような上質感も手に入れた

 実際、攻めた走りをしても、怖さを感じることなく思いどおりに動かせましたね。

 エンジン(V6、3.8Lツインターボ)は570ps/65.0kgmのスペックには変更なしですが、タービンにNISMOの技術を入れたことでレスポンスが明らかに向上していて、欲しい時に欲しいトルクが得られるようになっています。

 だから運転がしやすい。また、サスペンションはヨーの発生を3%向上させたと説明されていますが、その効果も確実に伝わってきますね。

 3%の違いなんてわかるの? と思われるかもしれませんが、もともと高いレベルからの3%の性能向上はけっこう効いてくるもの。

 GT-Rの以前のモデルに乗り慣れている人なら、その違いはハッキリわかるのではないでしょうか。

R35史上最軽量の新デザインホイールを採用。2007年の初期型に比べて1本あたり1.3kgも軽くなっているのだ

 路面からのインフォメーションとエンジン、サスペンションのレスポンスが向上しているのに、乗り心地がよくなり、クルマ全体の上質感もかなり上がっています。

 ちょっとヘンな言い方かもしれませんが、デートカーにも湾岸族にも使えるクルマという感じですね(笑)。

ノーマル/コンフォート/Rの3つの走行モードを選択できるのは初期型から変更なし。Rモードでは獰猛に変化

 R35GT-Rはこの2020年モデルが最後と言われていますが、最後を飾るのにふさわしい仕上がりになったと思います。

 凄く乗りやすく、それでいて限界性能も確実に上がっている。「熟成極まった」という感じですね。

■2020年モデルは今回試乗の「ワンガンブルー」のほか6色で展開

ブリリアントホワイトパール
ダークメタルグレー
アルティメイトシャイニーオレンジ
アルティメイトメタルシルバー
バイブラントレッド
メテオフレークブラックパール

■GT-Rプレミアムエディション SPEC
・全長×全幅×全高:4710×1895×1370mm
・ホイールベース:2780mm
・トレッド(F/R):1590/1600mm
・最低地上高:110mm
・車両重量:1770kg
・エンジン型式:VR38DETT
・エンジン:V6DOHCツインターボ
・総排気量:3799cc
・最高出力:570ps/6800rpm
・最大トルク:65.0kgm/3300-5800rpm
・トランスミッション:GR6型DCT
・WLTCモード(総合):7.8km/L
・WLTCモード(市街地モード):5.2km/L
・WLTCモード(郊外モード):8.4km/L
・WLTCモード(高速道路モード):9.4km/L
・使用燃料/タンク容量:ハイオク/74L
・駆動方式:4WD
・サスペンション(F/R):ダブルウィッシュボーン/マルチリンク
・タイヤサイズ:F)255/40ZR20 R)285/35ZR20
・価格:1210万5720円
※東京都内から一般道~高速道路~自動車専用道で箱根へ向かった約85km走行の実燃費は9.4km/L

2020年モデルのNISMO仕様試乗記はこちら!

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ