【クルマのエアコンが効かない! 冷えない!!】カーエアコン不調の原因と修理代金


エアコンが臭い、風が弱い場合はエバポレーターを疑え!

エバポレーターは、汚れたり目詰まりが起きると臭くなったり、エアコンの風が弱くなる 。駐車場などでアイドリングさせてエアコン使っているとクルマの下に水滴が落ちるが、その水はエバポレーターで発生する

 エアコンが臭くなったり、エアコンの風が弱くなった場合はエバポレーターが原因だ。

 エキスパンションバルブで低温・低圧にされた霧状冷媒を大量に気化し、ファンにより送られる車室内の暖かい空気がエバポレーターを通過することによって冷却し、室内を冷房化する。

 暖かい空気がエバポレーターフィンに当たり、露点温度以下に冷却されると空気中の水分が凝縮し、エバポレーターフィンに水滴が付着する。この結果 、車室内の湿気をとることができる。

 このエバポレーターが壊れた場合、交換費用は約5万~10万円。洗浄も行ってくれるが1回1万円以上かかる。小さい子供がいて、カビや細菌が気になる人はフィルター交換とともに年に2回のエバポレーターの洗浄をお薦めする。

 いずれにしても外気温が35度以上にも達する酷暑が続く今、古いクルマに乗っている人で、壊れることを気にせずキンキンに、エアコンを入れてる人は要注意。

 暑いさなかに壊れる前に、年に一度はエアコン診断を行ったほうがいいだろう。