【クルマのエアコンが効かない! 冷えない!!】カーエアコン不調の原因と修理代金

 外気温が35度を超える酷暑日が続いておりますが、もしこんな時にエアコンが効かない、冷えないとなったら……。

 考えただけでもゾっとしますが、エアコンが壊れたら、ほんとうに危険、熱中症になってしまいます。

 そんなことにならないように、あなたの愛車はエアコンが正常に動いているか点検していますか?

 そこで、1回もエアコンの点検を行ったことのない人のために、エアコンの仕組みから、故障とその原因、さらには修理代金はいくらかかるのか、モータージャーナリストの鈴木伸一氏が解説します。

文/鈴木伸一
写真/ベストカー編集部 DENSO Adobe Stock 


酷暑の夏にもしエアコンが壊れてしまったら……

外気温36度、エアコンをかけない室内の温度は70度にも達する。こんな時にエアコンが壊れたらと思うとゾっとする

 クルマに本格的な空調が装備されだした当初、冷風を作り出すシステムは「カークーラー」が主流であった。

 この「カークーラー」は冷房専用機で、冷風しか吹き出すことができなかったのに対し、現在主流の「カーエアコン」は冷・暖房を総合的に制御する「空気調和システム」として機能している。

 ところが、冷風を作り出している基本原理、そしてシステム構成は今も昔もほとんど同じなのだ。

 まず、基本原理。アルコールで湿らせた脱脂綿で腕を拭くと、直後に「スゥー」と冷たく感じる。

 これはアルコールが蒸発するとき皮膚から熱を奪うことで生じる現象で、このように液体が気体に変化するときに周囲から必要な熱を奪う現象を「気化熱(または蒸発熱)」。そして、熱を奪う物質(媒体)を「冷媒」と呼んでいる。

 「カークーラー」や「カーエアコン」の冷房機能は、基本的にこの原理を応用したものだ。ただし、「気化熱」を連続的に生じさせるために、蒸発した液体を大気中に放出し続けたりしたら「冷媒」を無駄に消費するだけ。効率も悪いし環境にも良くない。

エアコンのシステム構造図(出典/DENSO)

 そこで、密閉された冷却回路内で、一度気体になった「冷媒物」を再度、液体に戻すことで再利用している。つまり、液体→気体→液体という変化を繰返しつつ循環させているわけで、冷却回路内(クーラー機構)に「冷媒」として「フロンガス」が封入されている。

 この冷却回路、「エアコン・コンプレッサー」、「コンデンサー(細かな冷却フィンが設けられたラジエター状の熱交換器)」、「レシーバー&ドライヤー」、「エキスパンションバルブ」、「エバポレーター(これもラジエター状の熱交換器)」といったパーツから構成され、それぞれを金属パイプや高圧対応のゴムホースでつながれており、一定量の「フロンガス」が充填されている。

 その冷風が作られるサイクルを追ってみると、気体状の「フロンガス」は、まず「コンプレッサー」で圧縮され、高温・高圧の状態(約70度:15kg/c㎡G)になる。

 そこから吐き出された冷媒はクルマ正面の走行風に真っ先にさらされる部位に取り付けられた「コンデンサー」に入り、フィンを通過する空気によって熱を奪うことで「液化(約50度)」される。

 液化した「フロンガス」は「レシーバー&ドライヤー」に入って水分やゴミを取り除かれ、「エキスパンションバルブ」で急激に膨張させられることで、低温・低圧の霧状へと変化。

 この霧状の「フロンガス」が車内に設置されたエアコンユニット内に組み込まれている「エバポレーター」に送られ、フィンを通して周囲の空気から熱を奪うことで、周囲の空気が冷気へと変化。それと同時にガス状に戻っていく。この冷気へと変化した空気を、「ブロワファン」で車内に吹き出させているわけだ。

 また、ガス状に戻った「フロンガス」は再び「コンプレッサー」に吸入される。これで1サイクルが終了し、以後同じことを繰り返しつつ循環している。

エアコンが冷えない原因の多くはガス漏れ!

エアコンが正常に作動しているか、1万5000円前後で診断をしている業者もある
エアコンガス、HFC-134aは200g 1本、約500円

 エアコンが冷えないという現象は、これら冷却回路を構成する部位のいずれかに不具合が起こったために起こる現象で、もっとも多いトラブルが「ガス漏れ」だ。

 動かない家の壁に固定されている「家庭用エアコン」とは異なり、「カーエアコン」には様々な振動が加わる。

 特に、システムの要となる「エアコン・コンプレッサー」はエンジンの回転力で動作(ハイブリッド車では電動化されている)するため、エンジン側面に固定されており、走行時にはエンジンの振動の影響をモロに受ける。

 このため、ボディ側に固定されている「コンデンサー」との接続にはゴムホースが利用されている。

 が、走行時その「コンデンサー」などにも路面からの振動が加わるため、配管接続部からの漏れを生じやすい。

 しかも、ゴムのOリングでシールされた断続可能な箇所が9~10。ゴムホースのカシメ部位が2箇所とかなりの数。それだけ故障する確率も高くなる。

 このため、平成モデル以前のクルマは10年10万km前後でトラブルことが多かった。各部の耐久性が格段に向上している平成以降のモデルも使用条件によっては10万km前後でトラブルこともあるが、メンテをキッチリ行っていれば14万~15万kmは走れる。

 さて、「冷媒(フロンガス)」が漏れてしまった場合、とりあえず「フロンガス」を補充すれば冷えるようにはなる。カー用品店やスタンドでも行っており、費用も3000~5000円と比較的手軽だ。

 しかし、冷却経路内には冷媒ガスと共に潤滑用のオイルも封入されている。ガス漏れを起こした場合、程度の差こそあれ、その「コンプレッサーオイル」も漏れ出している可能性があり、「フロンガス」の補充で冷えるようになったとしても潤滑油不足で「エアコン・コンプレッサー」が焼き付く危険がある。

 さらに、どこから漏れたのかという根本的な問題も解決されていないため、1年も経たずに漏れて効かなくなる可能性も高い。

 もしガスを補充してもエアコンが効かない時は亀裂が起きている可能性が高い。その場合、高圧ゴムホースや金属パイプなどから漏れていないか点検し、ガス漏れ修理を行う必要がある。

 このため、新車に乗り換えるために「1シーズン持てば良い」ということでない限り、電装系の整備を専門に行っている「電装整備工場」に点検・修理を依頼したほうがよい。

 冷却回路内に残っている「フロンガス」を回収して修理した上で、既定量の「コンプレッサーオイル」と「フロンガス」を補充となるため、安くとも2万~3万円の費用がかかるが、長く乗るつもりでいるなら結果的には安上がりだからだ。

 例えば「エアコン・コンプレッサー」が焼き付きてしまった場合、「冷媒」と共に削れ落ちた金属カスが冷却回路内の隅々までに回ってしまうため、冷却回路を構成するパーツのほぼ全取っ替えとなり、そうなるとクルマによって大きく異なるが、10万~30万円という高額の修理代がかかる。これが要因となってクルマを乗り換えてしまうケースが多々あるので注意したい。

■エアコンの修理費用(工賃込み)
ガス補充/約3000~5000円
ガス漏れ修理/約2万~3万円
エアコン・コンプレッサー交換/約5万~10万円
ファンモーター/約4万~5万円
エバポレーター交換/約5万~10万円
エキスパンションバルブ交換/約2万円
エアコンフィルター交換/約2000~5000円(年1回交換)
サーモスタット交換/約1万円
※価格は車種によって異なりますので目安としてください

 次に起こりやすいのが、「冷媒」の循環を担っているエアコン・コンプレッサー回りのトラブルだ。

 エアコン・コンプレッサーの駆動力はベルトを介してエンジンから伝達されており、そのベルトの張りが緩んでスリップするといった不良は、即エアコンの作動に影響する。当然、コンプレッサー本体の取り付けが緩んでいてもダメだ。

 また、駆動ベルトがかかっているコンプレッサー側のプーリーには「電磁クラッチ」が装備されていて、駆動力を断続(エアコンシステムによって動作を制御されている)できる構造になっている。

 制御回路の途中には「リレー(電磁スイッチ)」も設けられている。このどちらか一方が故障した場合、駆動力が伝達されなくなるためエアコンは動作しなくなる。

 A/CスイッチをON/OFFすると、作動時には「カチッ」という作動音が聞こえる。この程度は素人でも確認できるので、気になったら確認してみるとよい。

エアコンが臭い、風が弱い場合はエバポレーターを疑え!

エバポレーターは、汚れたり目詰まりが起きると臭くなったり、エアコンの風が弱くなる 。駐車場などでアイドリングさせてエアコン使っているとクルマの下に水滴が落ちるが、その水はエバポレーターで発生する

 エアコンが臭くなったり、エアコンの風が弱くなった場合はエバポレーターが原因だ。

 エキスパンションバルブで低温・低圧にされた霧状冷媒を大量に気化し、ファンにより送られる車室内の暖かい空気がエバポレーターを通過することによって冷却し、室内を冷房化する。

 暖かい空気がエバポレーターフィンに当たり、露点温度以下に冷却されると空気中の水分が凝縮し、エバポレーターフィンに水滴が付着する。この結果 、車室内の湿気をとることができる。

 このエバポレーターが壊れた場合、交換費用は約5万~10万円。洗浄も行ってくれるが1回1万円以上かかる。小さい子供がいて、カビや細菌が気になる人はフィルター交換とともに年に2回のエバポレーターの洗浄をお薦めする。

 いずれにしても外気温が35度以上にも達する酷暑が続く今、古いクルマに乗っている人で、壊れることを気にせずキンキンに、エアコンを入れてる人は要注意。

 暑いさなかに壊れる前に、年に一度はエアコン診断を行ったほうがいいだろう。

エバポレーターを交換する場合、ステアリングやダッシュボードを外すなど作業はこのような大事になる

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ