【アル/ヴェルは8割も!?】 HVよりも純ガソリン車が売れている車と事情 4選

 今や新車市場はハイブリッド車(HV)全盛。

 各メーカーの登録車に占める2019年上半期のHV比率を見ると、トヨタは46.6%、日産は61.3%、ホンダは54.3%とHVを得意とするメーカーではおよそ半数を占めている。

 その一方で、トレンドに逆行するかの如くHVがあるのに純ガソリンエンジン車が好調に売れる車種もある。人気車では例えば、アルファード/ヴェルファイアもそのひとつ。

 なぜ、純ガソリン車の方が売れているのか? その理由を考えたい。ハイブリッドの欠点も浮き彫りにできるだろう。

文:渡辺陽一郎
写真:TOYOTA、編集部


フィットもガソリン車が過半数!

ホンダ フィット/ガソリン車:4万6614台、HV:4万4105台

 まず、フィットはガソリンエンジン比率が高い。コンパクトカーでは価格の安さに選ぶメリットがあるからだ。

 1.3Lエンジン搭載の「13G・Lホンダセンシング」は165万3480円だが、これに相当する「ハイブリッド Lホンダセンシング」は207万9000円だ。装備に多少の違いがあるものの、ハイブリッドは40万円以上高い。

 また、コンパクトカーはガソリンエンジン車でも燃費が良い。

 フィット「13G・Lホンダセンシング」のJC08モード燃費は24.6km/Lで、「ハイブリッド Lホンダセンシング」は34km/Lだ。従って燃料代にもあまり差が付かない。

 ミドルサイズ以上の車種は、全般的に燃料消費量が多く、なおかつハイブリッドとガソリンエンジン車で燃費数値に2倍の開きが生じることもある。これに比べると、コンパクトカーではHVが不利になりやすい。

 HVとガソリンエンジン車の価格差が縮まれば話は変わるが、40万円も差があると、燃料代の差額で価格差を取り戻しにくい。

 HVにはモーター、駆動用電池、制御機能などが加わるから、簡易型のマイルドHVを除くと価格差を縮めるのは難しい。

 そしてコンパクトカーは、主に買い物など日常的な移動に使われ、営業車など一部用途を除くと走行距離が短い。1年間の走行距離が3000~5000kmに収まる車両も多く、HVによる燃料代の節約が進みにくい。

 これらの事情を考えると、コンパクトカーではガソリンエンジンが有利だ。

 しかも今は安全装備が充実して環境性能も向上したから、以前に比べて車の価格が全般的に高まった。

 例えば2001年に発売された初代フィットの価格は、最上級グレード「1.3W」が税抜で126万円だった。現行「13G・Lホンダセンシング」は税抜で153万1000円だから、価格が1.2倍に増えている。

 安全装備の充実などを考えると、現行型の方が断然割安だが、単純に額面だけを見れば現行型が高い。

アル/ヴェルは8割弱がガソリン車!!

アルファード&ヴェルファイア/ガソリン車:8万410台、HV:2万1520台(※両車の合算値)

 アルファード&ヴェルファイアは、Lサイズのミニバンだから、ボディが重くなって空気抵抗も大きい。燃費も悪化しやすく、HVを選ぶメリットが多そうだが、売れ行きはガソリンエンジン車が上まわる。

 HVの販売が伸び悩む理由は価格差だ。

 アルファード&ヴェルファイアのHVは、後輪をモーターで駆動する4WDになる。前輪駆動の2WDは選べない。そのためにHVは、特に4WDが不要なユーザーにとって、価格が割高と受け取られやすい。

 直列4気筒2.5Lエンジンを搭載するアルファード2WD「S」(7人乗り)の価格は375万7320円だが、4WDのハイブリッド「S」(7人乗り)は463万2120円に達するから、約88万円も高まってしまう。

 ガソリンエンジン車の4WDは、2WDよりも約25万円高いので、この金額を差し引き、さらに装備の違いも補正すると、HVとガソリンエンジンの実質差額は約50万円だ。

 それでも価格差は大きく、なおかつ中級グレードで463万2120円というハイブリッド「S」の価格自体も高い。カーナビなどのオプション価格も含めれば、500万円に達する。

 このような事情から、アルファード&ヴェルファイアの売れ筋はガソリンエンジン車になった。仮に2WDのHVをガソリンエンジンの50万円程度の価格アップで設定すれば、ユーザーが増える可能性もある。

シエンタも6割弱がガソリン車

トヨタ シエンタ/ガソリン車:5万5210台、HV:3万8840台

 3列シートのミニバンだから、フィットに比べると燃費は悪いが、ガソリンエンジンとの差は付きにくい。

 「G」の7人乗り同士で価格を比べると、ガソリンエンジン車が202万680円、ハイブリッドは238万320円だ。ハイブリッドが約36万円高い。

 そしてJC08モード燃費は、ハイブリッドが28.8km/L、ノーマルエンジンは20.2km/Lだ。ハイブリッドの数値は、ノーマルエンジンの約1.4倍に収まる。

 こうなると実用燃費をJC08モードの85%、レギュラーガソリン価格を1L当たり145円で計算した場合、36万円の価格差を燃料代の差額で取り戻すには20万kmの走行を要する。

 HVは走りが滑らかで、3年後くらいに売却する時は高値になるメリットもあるが、単純な損得勘定では割高だ。

 そしてシエンタハイブリッドの価格は、ガソリンエンジンを搭載するヴォクシー「X」(250万9920円)並みに高いから、コンパクトミニバンでは割高感が生じてしまう。そうなると多くのユーザーは、ガソリンエンジン車を選ぶ。

エクストレイルは7割以上がガソリン車

日産 エクストレイル/ガソリン車:3万7377台、HV:1万2857台

 エクストレイルのハイブリッドがあまり売れないのは、幅広い機能にわたって魅力が乏しいからだ。

 まず燃費が挙げられる。JC08モード燃費はガソリンエンジンを搭載する4WD「20Xi」が15.6km/Lで、HVの同グレードは20km/Lだ。HVはガソリンエンジンの1.3倍程度にとどまる。実用燃費もあまり良くない。

 価格はマイナーチェンジを受けた時に、HVの不人気を改善すべく少し割安に抑えたが、それでも「20Xi」同士の比較で約27万円の価格差がある。

 そしてアルミホイールのサイズは、ガソリンエンジン車は18インチだが、ハイブリッドは小さくなって17インチだ。この違いも含めると、価格差が実質29万円に拡大する。

 29万円の価格差を燃料代の差額で取り戻せるのは、シエンタと同じ計算方法で、8万kmを走った頃だ。以前の価格が割高だった頃に比べると短いが、それでもエクストレイルハイブリッドの人気は回復しない。

 また、エクストレイルは防水加工された荷室が魅力だが、この機能がHVには用意されない。ハイブリッドの荷室は、一般的なカーペット敷きだ。

 この理由を開発者に尋ねると「荷室の床下にはHVの駆動用リチウムイオン電池電池が収まるから、濡れたものは置けないようにカーペット敷きにした」という。

 この返答には驚き「ならばHVの荷室に大量の水をこぼしたら、リチウムイオン電池に漏電などの問題が生じるのか」と尋ねると「その心配はまったくないが、電池を収めているのは事実だから」とコメントした。

 要は考え方とか一種の作法として「電池の上は濡らすべきではない」ということらしい。それは分かるが、防水シート生地と防水フロア(これはハイブリッドにも備わる)に加えて、防水ラゲッジボードが装着されることはエクストレイルの特徴だ。

 アウトドアのツールとして使えるエクストレイルのコンセプトを示すアイコンでもある。これを省くあたりに、エクストレイルハイブリッドの曖昧さがあり、売れない理由にもなっているだろう。

(※各車の販売台数は2018年の年間販売台数/データ:自動車販売協会連合会、トヨタ、ホンダ、日産)

最新号

ベストカー最新号

【GT-Rに動きあり!? 新型ジューク日本導入は?】期待と不安の日産大特集|ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、カラーとモノクロ全35ページにもおよぶ日産大特集をお届け。ベストカースクープ班が独占入手したR35GT-Rファイナルモデルを含めた新車情報を詳しく紹介する。  そのほか、新型スカイライン初試乗や、…

カタログ