【新基準で覇権を握れ】 キュートで便利!! ホンダ N-WGNの狙いと実力

 第2世代へとモデルチェンジが進むホンダのNシリーズ。その先陣を切ったのはスーパーハイトのN-BOX(2017年8月31日フルモデルチェンジ)だったが、その第2弾となるのが今回2019年8月に発売が開始されたN-WGNだ。

「子育て世代はスーパーハイトを選ばれる傾向が強い。N-BOXを高く評価していただいているのは嬉しいことだが、一方でハイトワゴンのN-WGNの販売は、N-BOXに引き離されてしまっていた」とN-WGNの開発陣は現状を振り返る。

 実際、N-WGNの属するハイトワゴン軽自動車は、独身者や子育て終了世代のユーザーが多く、ユーザー調査の結果、多くのユーザーがひとりで乗る機会が多いということがわかった。

 そこで開発陣が新型N-WGNに込めた思いは「ベーシックカーの新基準を作る」ということ。

「本当に作りたいのは“良いクルマ”ではなく、“良い生活”」と、開発を担当した古舘茂商品企画室主任研究員は言う。

 これは逆説的な表現だ。つまり、日々の生活を充実させる“良いクルマ”を作ることができれば、それを使うユーザーの生活は豊かなものになる、ということ。新型N-WGNはまさにそんな日々の生活に根ざしたクルマなのである。

■新型N-WGNのここがポイント
・Nシリーズ第2世代としてN-BOXで開発された新プラットフォームを採用
・シンプルで上質さを感じさせるエクステリアデザインを採用
・全グレードで最新バージョンのホンダセンシングを標準装備。夜間歩行者検知能力向上、横断自転車対応ブレーキ採用
・使い勝手に優れた2段ラックモードの荷室

■ホンダセンシングの主な機能
・夜間歩行者検知能力を向上、横断自転車対応の衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能
・歩行者事故軽減ステアリング
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付きACC
・車線維持アシスト機能
・オートハイビーム

※本稿は2019年7月のものです
文:ベストカー編集部/写真:HONDA、ベストカー編集部/撮影:平野 学
初出:『ベストカー』 2019年8月26日号


【check 01】 主張しすぎずのエクステリア

 全高1675mm(カスタム:1705mm)のシルエットはまさにハイトワゴン軽自動車のそれだが、キャラクターラインを廃した面で表現されたエクステリアはシンプルだけど洗練されたデザイン。

●ホンダ N-WGN

 丸目の標準タイプに対しカスタムは角目で雰囲気を変えているけれど、いわゆるヤンチャ系カスタムではないのがN-WGN流。主張しすぎないデザインがいい。

●ホンダ N-WGN カスタム

上のブルーが標準タイプで下の紺色がカスタム。全長3395mm、全幅1475mmの軽自動車枠いっぱいのサイズでホイールベースは2520mm。全高は標準タイプが1675mmなのに対し、カスタムは1705mm

 シンプルだけど使い勝手がよく、日々の生活を豊かに彩る。そんな存在が新型N-WGNの目指すところなのだ。

シンプルで上質な雰囲気を感じさせる内外装の新型N-WGN。日々の生活に密着した存在となる

【check 02】 自動ブレーキは横断自転車にも対応

 全グレードに標準装備されるホンダセンシングは最新バージョンに進化。

 夜間歩行者検知機能はよりレベルアップし、新機能として横断自転車検知機能が追加された。

 これは自車30km/h走行時に15km/hで横断する自転車を検知するもの。衝突の危険がある場合には自動ブレーキが作動する

【check 03】 視界を向上させた前席とあえて分割スライドにはしなかった後席

上が標準タイプで下がカスタムのインパネ

 運転席は上下50mmのシートリフターが備わり、ステアリングはチルトに加えホンダ軽自動車としては初のテレスコも装備してドライビングポジションのアジャストには幅広く対応可能となる。

 Aピラーは6mm細幅化されて右左折時の視界を向上させている。また、ワイパーアームはウィンドウ下端より下に収納され視界向上に寄与する。

 フラットなフロアを実現するため、後席スライドはあえて左右分割とはせず一体型としている。

【check 04】 フロアボードで二段ラックになる荷室

 使い勝手の面では、荷室のフロアボードによる「二段ラックモード」がポイント。大きく開口する後部荷室にフロアボードを設置することでフラットな床面を作り出す。

 50kgの耐荷重となるフロアボードにより二段ラックモードに。下段の上下高は240mmあり500mlペットボトルの箱が収納可能。

 また上段にはスーパーの買い物カゴが横置きで2つ載せられる。

【check 05】ホンダの「さらに先」を見た安全技術

 今回、栃木県宇都宮市周辺にあるホンダの「屋内型全方位衝突実験施設」で実際に見ることができたのはインサイトとN-BOXが50km/hで互いに接近し、ラップ率50%で正面衝突するというシーン。

 重量比が1.5倍あるため、軽量なN-BOXはより大きな衝撃を受ける。


 何度見ても衝突シーンはイヤなもの。インサイトはほぼ直進姿勢で停止するのだが、N-BOXは衝突時に後輪が浮き上がり、大きく左に回転して停止した。衝撃の大きさを実感する。

 しかし室内を確認すると生存空間はしっかりと確保されていることがわかる。衝突エネルギーを分散して吸収するボディ構造の効果だ。

 ホンダが特に重視しているのが「コンパティビリティ」。つまり、大きく重たいクルマと小さくて軽いクルマが衝突した際の安全性だ。

 Nシリーズはもちろんコンパティビリティ対応ボディ。さらに事故時の歩行者保護の観点から、よりリアルなデータを取れるテスト用ダミーの開発にも力を入れている。

 特に歩行者ダミーの開発は世界的にもトップクラスの技術をもっている

【check 06】 多彩なボディカラーバリエーション

 豊富なカラーバリエーションが設定されるN-WGN。

 標準タイプのボディカラーはモノトーンが9色、ホワイトルーフの2トーンカラーが4タイプ。

 カスタムではブラックルーフの2トーン、シルバールーフの2トーンがそれぞれ2バリエーションある。

■ホンダN-WGNラインナップと価格
・Gホンダセンシング…127万4400円/140万5080円
・Lホンダセンシング…133万9200円/146万9880円
・Lターボ ホンダセンシング…150万1200円/163万1880円
・助手席回転シート車ホンダセンシング…142万5600円/155万6280円
・カスタムGホンダセンシング/151万2000円/164万2680円
・カスタムL ホンダセンシング…158万7600円/171万8280円
・カスタムLターボ ホンダセンシング…166万3200円/179万3880円
※左側がFF、右側が4WDの価格です。

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ