【ホンダ N-WGNの狙いと実力】 キュートで便利! 新基準で覇権を握れ!!

 第2世代へとモデルチェンジが進むホンダのNシリーズ。その先陣を切ったのはスーパーハイトのN-BOX(2017年8月31日フルモデルチェンジ)だったが、その第2弾となるのが今回2019年8月に発売が開始されたN-WGNだ。

「子育て世代はスーパーハイトを選ばれる傾向が強い。N-BOXを高く評価していただいているのは嬉しいことだが、一方でハイトワゴンのN-WGNの販売は、N-BOXに引き離されてしまっていた」とN-WGNの開発陣は現状を振り返る。

 実際、N-WGNの属するハイトワゴン軽自動車は、独身者や子育て終了世代のユーザーが多く、ユーザー調査の結果、多くのユーザーがひとりで乗る機会が多いということがわかった。

 そこで開発陣が新型N-WGNに込めた思いは「ベーシックカーの新基準を作る」ということ。

「本当に作りたいのは“良いクルマ”ではなく、“良い生活”」と、開発を担当した古舘茂商品企画室主任研究員は言う。

 これは逆説的な表現だ。つまり、日々の生活を充実させる“良いクルマ”を作ることができれば、それを使うユーザーの生活は豊かなものになる、ということ。新型N-WGNはまさにそんな日々の生活に根ざしたクルマなのである。

■新型N-WGNのここがポイント
・Nシリーズ第2世代としてN-BOXで開発された新プラットフォームを採用
・シンプルで上質さを感じさせるエクステリアデザインを採用
・全グレードで最新バージョンのホンダセンシングを標準装備。夜間歩行者検知能力向上、横断自転車対応ブレーキ採用
・使い勝手に優れた2段ラックモードの荷室

■ホンダセンシングの主な機能
・夜間歩行者検知能力を向上、横断自転車対応の衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能、後方誤発進抑制機能
・歩行者事故軽減ステアリング
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・路外逸脱抑制機能
・渋滞追従機能付きACC
・車線維持アシスト機能
・オートハイビーム

※本稿は2019年7月のものです
文:ベストカー編集部/写真:HONDA、ベストカー編集部/撮影:平野 学
初出:『ベストカー』 2019年8月26日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ